続続・よいこの1日  -

08« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

27

23:21
Wed
2011

No.0572

食事風景

CRW_5665.jpg

我々一行は毎回、ビュッフェレストランで待ち合わせた。
外国人と食事をする時はビュッフェへ行くと大変面白い。
お国柄なのかその人の性格なのか、盛り付け方や食べ方が皆全く違うからである。

以前、ブラジルで一緒になったイギリス人夫妻は
皿に7分目くらいの量をキレイに盛り付け、
皿に残ったソースはパンで拭いて食べるため
食べ終わった後のお皿は未使用のようにキレイだった。
そして口を拭ったナプキンは小さく丸めて皿の下へ隠すので
食前も食後もテーブルの上は様子が変わらなかった。
ドイツ人は自分なりにコースにして、
まず最初に野菜を食べ、終わったらメインディッシュを取りに行き、
最後にデザートを取ってくる。
イタリア人は食べてみて好きなものはおかわりをしていた。
フランス人は皿に少しだけ、美しく盛り付けて
満足するまでこまめにおかわりをする。
パンは皿の端に乗せて持ってくるが、食べる時にはテーブルの上に直に置いた。
そしてデザートはドイツ人同様、食後に皿を改めて持ってくるのである。
で、私の場合は…
皿の上に乗るだけ乗せて山盛りをつつきまわす。
ソースが混ざっても意に介さない。

ところで、ラオスの食事はとてもおいしい。
主食はもち米なのでパラパラのアジア米と違い、
粘り気のある日本米を食べているような気分になれるし
野菜が驚く程元気で、葉っぱは大きくピンピンしているし
モヤシなんかは1週間放置してもびくともしないくらい丈夫なのだそうだ。
元々フランス領だったためか、フランスパンも絶品だし
魚や肉も、不穏な気を発しているようなものを売っている店はなかった。
どうしても食べられなかったのは赤いバッタの佃煮と
何だかわからない真っ黒な木の枝くらいなものである。
フランス料理のフルコースも1000円で食べられるので、
アジア飯が性に合わないと思っている方はぜひラオス飯をお勧めする。

と、思っていたのだけれど、ある時道端でとある女性が、
まるできぬさやのスジを取るようにおたまじゃくしの内臓を取っていたのを見て
ラオスではおたまじゃくしを食べるのかしかも特大をと仰天してしまったことがある。
それを見ていたドイツ人は穏やかに笑っていたのだが、
その翌日、彼はビュッフェでタケノコと野菜の炒め物を見つけると、
“babar、これが何か知っているかい。なんとバンブーなんだよ。
まだ若いやつだけどね。いやぁ、バンブーを食べるなんてラオスくらいのものだから
ぜひ一度試してごらんよ“と言った。

恐らくオタマジャクシの仰天具合をもう一度見たかったのだろうが、
いやいや日本でもバンブーは食べますよ。春だけですけどね、と私は答えた。
がっかりさせてしまったかと心配したが、今度はドイツ人が仰天し、
なんだってそれはぜひともバンブーを食べに日本へ行かなくちゃ…と独り言を言っていた。
スポンサーサイト
07

26

22:54
Tue
2011

No.0571

延泊

CRW_5777.jpg

私を誘ったオーストリア人は、
1日に2~3時間しか電気の使えない不便さが嫌になったのか
やって来て2日目の晩、レストランでご飯を食べている私の席へやってきて
自分は明日、次の場所へ移動することにしたと言った。
ドイツ人、イタリア人に加えてその時にはフランス人の殿方が仲間入りしており
私はこのオーストリア人の事をすっかり忘れてしまっていた。
ちなみにこのフランス人はノーンキャウのインド料理店で隣の席にいた、
おじいさんと一緒にいた男性である。
彼らは親子ではなく、たまたまノーンキャウで出会っただけで
ムアンゴイへは老人は来ていなかった。

取りあえず、寂しくなるわねと私は返答し、
自分はここがとても気に入ったのでまだ滞在するつもりだと言った。

実は、陸路でバンコクまで帰るにはこの日の翌日、
ムアンゴイを発って休まずに夜行バスを乗り継げば
インドへのフライト当日にギリギリ着くぐらいだったのだが、
ドイツ人のおじさんがもう一日もう一日と引きとめ、
終いにルアンパバンから飛行機でバンコクへ行けばいいと提案したのである。
いつもゴキゲンなイタリアおじさんもそうだそうだと囃したて、
飛び入りフランス人男性に至っては、
自分は私のフライトと同じ日にパリへ帰るフライトがあるから
このままバンコクまで一緒に行こうと言う。
しかもドイツ人おじさんは飛行機のタイムスケジュールまで持っており、
英語が不得手なので電話予約は自信がないから嫌だと渋る私に
お安いご用だと言ってレストランの女将さんに携帯電話を借りて予約をしてくれた。

そんなわけで、彼らと遊ぶのが楽しいこともあり、
私はギリギリまでムアンゴイでの滞在を決めたのである。
07

25

00:59
Mon
2011

No.0570

ゲリラ豪雨

CRW_5745.jpg

おじさま達のお誘いで延泊を決めた私は
その翌朝、同じレストランでおじさま2人と一緒に朝食を取り、
3人で洞窟、そして徒歩2時間程の所にある村訪問へ出かける。
おじさんは若かりし頃から何度もラオスを訪れており、
とても頼もしい案内役となってくれた。

訪れた村で数時間過ごした後、
そろそろ帰ろうかということになり
重い腰を上げると空が何となく暗く、低くなっていた。
雨が降りそうですねと話しながら来た道を歩く。

雲はどんどん厚くなり、風も出てきた。
村を出て一時間も経っていないのにもう今にも降りそうである。
そして、大きな岩山のある開けた所に出た瞬間、
強風というか歩くこともままならない程の暴風が吹き荒れた。
そして空を見上げると、数千羽のこうもり・・・ではなくて
数千枚かとも思える大量の木の葉が宙を舞っていた。
私は何だか恐ろしくなって立ちすくんでいたのだが、
ドイツ人は激しく興奮し、こんな景色は見た事がない、
いいラオスの土産話ができたものだと大喜びの様子である。

この暴風は3~4分で治まったのだが、
風が止むや否や今度は大雨が降りだした。
慌てて我々は森の中へ入り、大きな木の陰で雨宿りをする。
並んで座っている3人の前をラオス人の女性が2~3人通り過ぎた。
そのうちの一人が大きな葉っぱを傘代わりにしていたので
イタリア人が真似をして葉っぱを探したが
思わしい葉っぱが見つからず、濡れただけで木の下に帰って来た。

20分程で雨がやんだので再び歩き出す。
川を渡ろうとすると、さっきの大雨で水量が増し、
橋の丸太が水底に沈んでしまっていた。
靴を脱いで川を渡り、田んぼの広がるあぜ道に出ると
ドイツ人が変だなと言いながら振り返った。
どうしたのかと尋ねると、道が濡れていないと言う。
確かに、稲の葉っぱは濡れているのに小道はカラカラに乾いていた。
雨がやんで5分も経っていないのに相当水はけがよいのか水を弾く素材の道なのか。
変ですねそうですねなんでだろうねと話しながら3人は裸足のまま歩き続けた。

そして15分後、再び雨が降り始めた。
今度は田んぼの真ん中なので身を隠す森もなく、
慌てて走って近くにある小屋へと避難した。
今度の雨は先ほどのような激しい雨ではなくさらさらと降っていた。
しかし今度の雨はなかなか止まず、
夕方も近いのにこのままここで夜を明かすハメになりはしないかと
私は内心ドキドキしていたのだが、落ち着かないのは私一人で、
イタリア人は小屋の中にある適当な木を枕にして寛いでいる。
ドイツ人も窓から外を眺めながら風景を楽しんでいるようだった。

1時間後、ようやく雨も小雨になったので
小屋を出て、今までの雨が嘘のような晴天の中を帰って行った。
雨にはほとんど濡れなかったけれども、帰りにドイツ人の提案で
洞窟の中で泳いだため、結局雨に濡れるよりもずぶ濡れになってしまったのだが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。