続続・よいこの1日  -

08« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »10
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

28

01:04
Sun
2014

No.0579

免罪符

217409_260491630631412_5856215_n.jpg

前回の記事に書いた通り、私は妊婦である。
仕事はまだしている。
マタニティライフ6ヶ月目ともなると
ゆったりした服を着てはいるものの、
やはりお腹は目立ってくる。
ヘソだって出始めた。
「よし。子供を作るぞ。オー!」
と、意気込んで意図的に妊娠したのではなく
ある日気付いたら妊婦になっていた私は
体調や体型の変化に未だについていけておらず、
このお腹の出っ張り具合を実はものすごく気にしている。


外国人の友人達、特に年配の友人は皆、
「妊婦は美しいものだ。今の君はとてもキレイだ。」
と、賞賛の言葉を浴びせてくれる。
こんなにお腹が出てしまってパンツはおろか、
シャツやジャケットのボタンも止まらず洋服は片っ端から
着られなくなった上にヘソまで出かかっているのに。
しかし彼らの言葉に裏はない。
だから言われて気分が悪いわけではない。
むしろ、彼らの言葉は多大に私を励ましている。


気になるのはその他の人達の反応である。
「大分お腹が大きくなったわね」
といった類の言葉は百歩譲って許す。
毎回ご挨拶のようにこの話題から始まるのは
あまり気分のいいものではないが事実なのだから。
が、未だかつて私に触れた事のないただの知り合いから
買い物に行った店の店員に至るまで、
老若男女問わず人の出っ張ったお腹を見つけるなり
触りに来るのがなぜなのかは理解に苦しむ所である。


「妊婦の腹は触ってよし」
とはいつから世間のスタンダードになったのだろう。
触られても気にならない近しい間柄の人間は
殆ど触りもしないし話題にもしない。
毎日の事なので珍しくもなんともないからかもしれない。
かく言う私も、姉の妊娠中に彼女のお腹を触った記憶はない。
しかし外で顔を合わせる人達は、
ズカズカと近くにやってきては腹がでかいとはやし立て、
ベタベタと触って満足気に去って行くのである。


もちろん、まだ見ぬ我が子の成長ぶりが楽しみではないと言っているのではない。
ただ、妊婦にだってパーソナルスペースはあるのだと
私は思うのだがいかがなものだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。