続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

03

22:23
Sun
2006

No.013

チェンマイ

揺られ揺られてバスの中。
学生風の女の子3人組がこっちへおいでと
おっさんの隣に座る私を呼んでくれた。
バスの中では痴漢が多いので、
なるべく女の人の隣に座るようにとのこと。
10時間の長距離バスなのにトイレはなく、
度々停まりながらの長旅である。
女の子3人組はご飯をおごってくれた上に
お土産品のお菓子を買って持たせてくれた。
昼間のおばさんといいこの少女達といい、
この土地の人間はなんていい人達なんだと衝撃を受ける。

早朝3:40、チェンマイ到着。
「Pトレッキングツアー会社に連れてって」
とトゥクトゥクのおっさんに頼むも、
着いた所は別の場所。えーとここどこ・・・?
おっさん曰く、まだ早くてツアー会社は開いてないので
お金はいらないから友達がやってるホテルで休んでいきなさいと。
私を降ろしてホテルの人を呼び出した瞬間、おっさん逃げた。
かなり怪しいが仕方ないのでホテルの人と話をする。
ホテルの人曰く、

「ここのツアーに参加しないなら貸す部屋はないので出てってくれ」

・・・え。まぢですか。夜中の4時ですけど。
腹が立って来たので連れてきたおっさんを呼べとまくしたてる。
「うるせーなー電話番号教えたるゎ。。」
とメモを渡され、バイクに乗ってそいつも逃げる。
こんな早朝にどこ行くんだぉぃ。

大通りで別のトゥクトゥクを拾い、P社へたどり着く。
コーヒーをもらい、お風呂を借りて時間を潰し、
腹立ちも幾分収まったところでトレッキングへ。

出発前に食べ物の好き嫌いを聞かれる。
何でもだいじょぶと軽く言った私は
同行の豪人カップルに全て合わせた食事を3日間とることになる。
彼等はベジタリアンな上にコーヒーを飲まないので
お茶にしてくれと頼んでいた。

象ライディング 車で移動すること1時間。
 まずは象ライディングである。
 自分でつけた足跡にはまって
 ヨロヨロする象の背中で
 たっぷり1時間ほど象乗りを楽しむ。
 乗ってるものでこの1枚しか写真がない。
 撮影者は象使いの兄ちゃん。
 象は使えてもカメラは使えないらしい。
 苦戦の末、成功した唯一の写真がコレ。


トレッキング中
そこから崖っぷちの山道を歩くこと3時間。
川で水浴びをしつつカレン族の村へ到着。
豚もニワトリもウシも放し飼いである。
鳥フルエンザのことも忘れて
ニワトリを追い回す。


カフェイン中毒な私はそろそろコーヒーが飲みたい。
別のグループが焚き火をしているという情報を入手し、
夜中にこっそりコーヒーをもらいに行く。
男性ばかりのグループだったため、大歓迎され、
イスラエル人にコーヒーをもらう。
彼は日本円の高さに驚き、眠る友人を起こして怒られていた。

現地民の作ったバナナの葉っぱで巻いたタバコに挑戦したり
イスラエル人の頭を悩ませたりしながら
焚き火を囲んでトレッキング初日の夜は更けていく。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
09

12

edit
enu [No.68 - 15:35 2006]
こんにちはー。ばばるさん。
わーーー。ばばるさん・・・。象に乗ってる。しかもかなり野趣溢れる場所・・・。
しかもハプニングやらトラブルやら・・・。わーーー。どきどきしながら全部読みましたよー♪
おおーーーー。どうなってしまうの???わーーばばるさん大丈夫なの???タイの人って親切なの??なんなの???
とか言いつつ楽しく読ませてもらいました☆
だって・・・。まず・・・。コレが書かれてるって事は・・・。ばばるさんが数々のアクシデントを乗り越えて帰ってきてるって事だし♪
次も楽しみにしてます♪
おかえりなさーい♪ばばるさん♪
09

12

edit
babar [No.70 - 20:57 2006]
こんばんはー。
山道の象乗り、楽しかったです!
落ちるかと思いましたが・・・(汗)
スリランカの時はちょっと触って写真撮るだけだったから
こんなにふれあいの多い旅は感動モノです☆

アクシデントはまだまだ続きます。。
終わってみたら全部楽しい思い出ですけどねー。
09

13

edit
まゆび [No.72 - 00:48 2006]
ばばるさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
それにしてもいろいろトラブル発生してますね。
きちっと対応されているばばるさん、素晴らしいです!!

象乗りも楽しめてよかったですね♪
写真は残念でしたねー。でもこればっかりは仕方ないかぁ。
いろんな人とのふれあいも楽しまれていますし、
すごいなぁ♪
さて次の記事はどんなのだろう?ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク
09

13

edit
ぽぽろんろん [No.77 - 19:16 2006]
( ゚∀゚)o彡゜ゾウだ!ゾウだ!ゾウだ!
…えー、取り乱してすみません(苦笑)

乗ってますねぇ。すごいなぁ。
1時間も乗ったんじゃ、かなり満喫できたのでは?
そして山道3時間だなんて、トレッキングも満喫ですね~


>彼は日本円の高さに驚き、眠る友人を起こして怒られていた。
この一文が大好きです(笑)
やっぱ高いですよね、日本の物価。
09

13

edit
babar [No.81 - 20:33 2006]
こんばんはー。
ヘンな所に連れて行かれてる辺りで
すでにトラブルに対応しきれてない
ふがいない自分が見えますが、
そういっていただけると嬉しいです☆

ゾウ乗りは・・・ほんと楽しみました!
この時ばかりはわーわー騒いで
ゾウとのふれあいを十二分に楽しんだ感じです!!
現地人とのふれあいもいいものでしたけどね☆
09

13

edit
babar [No.82 - 20:38 2006]
こんばんはー。
ゾウです!ゾウです!!ゾウなんです!!!
えー、取り乱してすみません(苦笑)

そう、ゾウ乗りもトレッキングも
かなり満喫しましたよー☆
ふだんはあんまり歩かないし貴重な体験で、
しんどい山道も楽しめましたー。

日本円はほんと高いですよね。。
今はユーロが高いのかな。
イスラエル人はどうしても日本円がいかに高いかを
友人に教えたかったらしいです(笑)
09

13

edit
toyo [No.87 - 21:22 2006]
おかえんなさいまし。
ほんまにタイに行ってたんですね。
ゾウ好きもここまでくれば立派ですね。
それにしてもいろんなことがあるもんですね、ツアーとはいえ。無事に帰ってこれてよかったですね(笑)。
09

13

edit
babar [No.88 - 22:51 2006]
こんばんはー。
私の旅はケニア→スリランカ→タイと、
全てゾウが絡んでます(笑)
ツアーはトレッキング中だけなので
それ以外は言葉もあまり通じないし
予定も立ててないので
ハプニングばかりなんですよー。
しかし無事、帰還しました!!!
09

14

edit
yozo [No.95 - 21:44 2006]
ばばるさん、こんばんはー♪
なんだかトラブル続きですね♪
親切な女の子たちがいたり、あやしいおっさんがいたり、
朝も早いのに、バイクでどこいくんだおっさんよぉ~ってなっちゃうよね。
それにしてもばばるさんはタフだね。
yozoはきっとマジぎれして大暴れかもしれませんよ。
下手をすると、命を落とすかもしれませんね。┐( -"-)┌ヤレヤレ...

おお! ばばるさんが象にのってるんだね♪きまってるじゃん。
1時間もゆられてお尻いたくなかったのかな?
でも楽しそうだね。すっごいところに旅行したもんだ。
つづきへジャンプしちゃうね。v(。・ω・。)ィェィ♪
(読みたくて仕方がなくなっちゃいましたよ。)
09

14

edit
babar [No.100 - 22:45 2006]
こんばんはー。
今回の旅行はほんとにドタバタでした(笑)
いい人も悪い(?)人もいたけど
過ぎてしまえば楽しかったと思えるから不思議ですよね。

ゾウに乗るのは長年の夢だったので
確かにお尻は痛かったけど
痛さも感じないくらいはしゃいでました(笑)
09

15

edit
mio [No.106 - 19:19 2006]
おぉぉ、ついに象さん登場ですねっ
ライディングしてるよ、すごいよ~ これは興奮しちゃいますね。

この写真を見ると、以前インドネシアで起こった大地震のときに
地震が発生する直前に象たちが一斉に高台に向かって走り出した、
というお話をテレビで見たことを思い出しました。
象たちのおかげで助かった人がたくさんいたんですって。

象って、野生動物ってすごいなぁ。って思ったのでした。

象さんの目は、やっぱりやさしい瞳でしたか?
09

15

edit
babar [No.111 - 22:18 2006]
こんばんはー。
そうそう、あの洪水災害の時は
ゾウが大活躍したんですってね!
去年は洪水があった直後にスリランカに行ったんですが
その話はかなり話題に上りましたね☆

ゾウの目は・・・
本当に優しい目をしてました。
伏目がちで穏やかで目を見てると
時が止まりましたね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。