続続・よいこの1日  -

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

03

17:55
Sat
2007

No.0136

夜はさやか

ばばる県にはまともな高速道路がない。
高層ビルのすぐ隣を走るこの道路から見える風景がこの上なく面白いと思う私には、
窓にへばりついて外を見ている小僧の気持ちがよく解かる。

都会の夜景は華やかだ。
ばばる県の夜景も捨てたものではないが都会の夜景はパヴェさながらである。
そしてばばる県のそれはさしづめ、パールと言ったところか。

飛行機の窓からパヴェを眺めるよりもバスの窓からメレダイヤを覗くといい。
メレダイヤの一粒はあまりにちっぽけなものであるが
そのちっぽけなメレダイヤにだって一つぶ一つぶの物語がある。
だからこそ、パヴェの輝きが増すのかもしれない。

ファイルや書類の束が今にも雪崩てきそうなほど両脇に積み重なった谷間で
何とかスペースを作ってデスクに向かう女性がいた。
「〆切が近いのょ!」
と背中が言っている。

ダンボールが所狭しと積み重ねられているオフィスや廊下、
机の上には書類?ファイル?が開かれたままで人っ子ひとりいない部屋。
5秒前まで誰かが座ってたかのように見える。
書類に消しゴムをかけていて、間違えて自分まで消してしまったかのようである。

狭い部屋に茶色い壁。黒い革張り?のゆったりしたチェアに座る男性。
机の上の一輪挿しに生けてある赤い花を手を組んで眺めている。
部屋は狭いが高級感のただようあの部屋はきっとどこかの会社の社長室だろう。
1日の終りに花を眺めて忙しかった今日を振り返っているのかもしれない。
まったく社長も楽じゃない。

広いオフィスにパソコンが並び、人が走り回っている。
「何やってんだ。早くコピー持って来い!」
とか上司が叫んでいるだろうか。
もう夜の9時も過ぎているというのに、まだまだ夜は長そうだ。

その下を覗くと道路沿いにバーやカフェ、居酒屋が並んでいる。
ビルの上では怒声が飛び、ビルの下では笑い声が飛び交う。
同じ場所でも上と下では世界が違う。

らせん階段の踊り場で上を見上げる青年。
何があるのか気になって視線の先を見るも何も見つからず。
あ、ひょっとしてこれが彼の狙いだったのか。

バスの中へと目線を移すと、
これからメレダイヤとなるであろう原石達が
口を開けて寝ていた。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
02

03

edit
enu [No.1125 - 18:24 2007]
こんばんはー。ばばるさん♪
そうそう。
光の一つ一つに、いろんな人の人生があったりするのですよねー♪うんうん。
私も建物をみて、その間取りや、人の想像をするのが好きで、主人の車でじっと物思いにふけっていると、怒っているのかと聞かれることがよくあります。
うーー。今とてもいい人生が見えていたのにぃ・・・。
と、声をかけられたことに怒ったりする。。。
アハハ。
夜のたびはいいものです。
02

04

edit
mixbabar [No.1128 - 00:01 2007]
>enu殿
こんばんはー。
見られてる方は気持ちいいものじゃないかもしれませんが
1コマ1コマで見える建物の中の場面て
その前後の話を想像するだけで楽しいですよね(笑)

>>怒っているのかと聞かれることがよくあります。
すみませんコレ、ちょっと笑ってしまいましたよ。。
02

04

edit
kinaruf [No.1131 - 04:26 2007]
僕も都会の端の小さな光の一つのなかで
 明け方に起きて仕事してます。
 半分昼夜逆転の生活…。
僕が住んでいるあたりの光はちょっと薄いけど。
まだ暗いのですが、窓から見える一つ一つの明かりにそれぞれの生活があるんだと改めて想う朝でした。

02

04

edit
mixbabar [No.1132 - 10:09 2007]
>kinaruf殿
おはようございまーす。
ほんとに早起きさんですね。。。
新聞屋さんもまだ来てない時間です(笑)

遠くから見る明かりの集団てきれいだなーと思いますが
自分の家の明かりもその一つだとふと実感するのは
電気を消した瞬間だったりします(笑)
02

04

edit
yozo [No.1133 - 16:40 2007]
ばばるさん、こんにちはー♪
夜景っていいですよね。yozoはなんとなく郷愁をそそられることが多いのですよ。
遠出をして、大阪に戻るときに、ちょうど、山間の道路から大阪の明かりが見えると、「おお、大阪よ♪」ヾ( ̄o ̄;)オイオイ って思うことがありますよ。いつの間にか街中を走ってたという道もあるのですが、こんなところを走る方が、なんとなくドラマチックかも・・・なんて意味不明なことを思うこともあったりして・・・(^-^;
いろいろな夜の景色があってもいいということで、この無関係(?)コメントをお許しくださいませ。m(_ _)m
02

04

edit
シン@偽哲学者 [No.1134 - 17:39 2007]
こんにちは。
今日はやけに詩人ですね。
素敵です。
今は誰も見向きもしてくれないただの石ころですが
私もいずれはメレダイヤとなって輝いてみたいものですね。
02

04

edit
mixbabar [No.1135 - 18:12 2007]
>yozo殿
こんばんはー。
夜景っていいですよねー。

>>なんとなく郷愁をそそられることが多いのですよ。
あ、私もです!
帰ってきた時に見える夜景をみるとほっとしますよね。
別の土地の夜景を見るとここまでやって来たーという感動を覚えたり(笑)
02

04

edit
mixbabar [No.1136 - 18:15 2007]
>シン殿
こんばんはー。
うーん書いてたらいつの間にかこんなのになってました(笑)

>>私もいずれはメレダイヤとなって輝いてみたいものですね。
いやいやもうすでにシン殿だって輝いてますよー。
02

04

edit
シン@偽哲学者 [No.1138 - 22:35 2007]
いつものbabar節も素敵ですが
こういう詩人babarも素敵ですね(^-^)
ご存知通りただいま鬱モードなので
こういう文章は心に沁みます。
最近はちょっと頑張ってたんで輝いてると思ってたんですが
どうやら気のせいだったみたいでございまして(-_-;)

そうそう、久々にかのむ殿と遊んでたら
「殿方を 眺めるよりも 楽だなり」って言ってましたよ♪
いや~babarさんちの子らしくて笑ってしまいました。
02

05

edit
mixbabar [No.1143 - 01:18 2007]
>シン殿
こんばんはー。
素敵だなんて恐縮です(笑)
>>心に沁みます。
そう言ってくださると私にはとても励みなります!
シン殿の復活を願っております...

>>どうやら気のせいだったみたいでございまして(-_-;)
あぁ、私も時々そう思うことがあります。
でもあまり周りを気にしないでいるとずいぶん楽になります。

>>「殿方を 眺めるよりも 楽だなり」
・・・うちのかのむがそんな事を(笑)
確かに殿方を眺めるのは楽じゃないですね。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。