続続・よいこの1日  -

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

10

22:31
Sat
2007

No.0144

市内観光

!

春までなんて待てるもんか。
お昼過ぎに思い立ち、かのんと車に乗り込んだ。
遅い出発でも行ける所、チェーンもスタットレスも必要ない所。それはbabar市内。

途中、通過した多家良(たから)町は、babar市内からはなかなか行くことができない。
「babar市多家良町」なのにbabar市を一旦出ねばその姿を現さないのである。
この町はタカラだけに、こうやって昔からお宝を守っているのかもしれない。

コブつき。
 八田町の端に着き、
 5つのヲーターフォールがあるという
 遊歩道を歩き始めた。
 5つなのだ。ヲーターフォールは。
 それも5つ横に並んでいるわけではない。

遊歩道は川沿いに伸びており、ヲーターフォールを目指して上流へと登っていく。
しばらく歩くと一つ目が現れた。
♀
雌鴨の滝。

この所、雨が降ってないせいか
水量が少なく
イマイチ迫力に欠ける。
どこかのHPの
写真では4~5列くらいの
広い滝だったのに。
後の4つはどんなだろうか。

babar2人分くらいの幅しかない道を歩いていくと次なるヲーターフォールが見えた。
ここの滝はそれぞれがドンツキにあるのではなく(自称)遊歩道の通り道にあるので、
小川をまたいで滝の前を通り、次の滝へと進むのである。

♂
雄鴨の滝。

やはり水量が少ない。
これではガッカリである。
しかし写真では白くなって見え難いが
後ろに次の滝が顔を覗かせており、
連続する滝に心が逸る。

次の滝は見えているが
この滝まで岩場を越えていかねばならない。
なにが遊歩道だ。
これはガケっぷちと言うのだ。

上流に行くにつれ、石は岩となる。
もはや私は歩いていない。岩を登っている。
そして岩と岩の間には落ち葉がびっしり埋まっており、古典的な落とし穴となっている。
要するに、見えている岩の上を渡っていかねば、
落ち葉の上に足など置こうものならガボンと足が埋まってしまうのである。

光の滝

 朝訪れると後光が射して見えるという御来迎の滝。

 高さ15mくらいののっぽな滝である。
 水量が多い時はもっと滝らしく見えるようだが
 今日は滝の筋の1本1本がとっても細くなっている。
 何だか私も心細くなってきた。

 遊歩道はこの後、険しい石の階段がしばらく続き、
 かのんがぶーたれだした。
 かわいそうだとは思ったが、
 自分で歩くかここで1匹で待つかどっちかになさい、
 と言うと尻尾を振ってついてきた。


ガケっぷちはまだまだ続く。
室内犬かのんはひょいひょいと見事な足裁きでもって岩を登っている。
さすがである。野生の心は一応持っているらしい。

布引の滝

岩を伝う滝の水が、
まるで布が垂れているように
見えるという布引の滝。

上に行くほど水が少なくなってきて
やれやれこれではボロ雑巾だ。
猫娘に引き裂かれた一反木綿といった所か。

それでもゆっくりと落ちてくる水が
とても心を落ち着かせてくれ、
岩の上に座ってしばし休憩を取る。

気を取り直して出発。
岩が大きすぎて落ち葉も多すぎて、これってほんとに道は合ってるのだろうか。
という不安とお疲れかのんを抱えた手がプルプルするのを堪えながら
最後のヲーターフォールへと向かう。

やっと着いた最後の滝は20mもの高さから落ちてくる多分いつもは立派な滝。
市内でこれほどの滝があるとは全くもって驚きである。
相変わらずのチョロチョロぶりではあるが、やったーとカメラを構え、
シャッターを押すと、他の観光客が入ってしまった。
ちょっとおじさん、ブログ載せるんだからのいてくれませんか。

かのん


 ・・・と思ったらかのんだった。
 後ろの方にかすかに見えるのが最後の滝、
 象の滝である。


ここから更に登ると山越えしてしまいそうなので来た道を戻ることにする。
日暮れ前にはこのガケっぷちコースから離れなければ
急流下りをしながら家に帰るハメになるであろう。

ところで。
こんなに長文でこんなに大変な思いをしたにも拘らず、
実のところ、遊歩道の入り口から最後の滝までは
わずか500mである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
02

11

edit
まゆび [No.1190 - 19:01 2007]
お♪滝だ♪d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ
こぶ付きの木、可愛いですね~♪(*'ー'*)ふふっ♪
滝は確かに水量が少なくて迫力が足りないですねー。
「どどどどっーーー」という音が聞こえるくらいの
迫力が欲しいです♪(笑)
02

11

edit
mixbabar [No.1191 - 20:59 2007]
>まゆび殿
こんばんはー。
そう、今回は近場に行って参りました!
コブ付きの木、何やら病気っぽいですが
何が入ってるのか気になる膨らみでしょう(笑)

滝は今回、チョロチョロでしたが
ここは割と近いので
台風後にでも再チャレンジしたいと思います!
02

11

edit
シン@偽哲学者 [No.1192 - 23:12 2007]
こんなところまであるとはbabar市恐るべしですね。
素敵な滝ですね。
私も今日田舎の海を見てもったりしてきました^^
寒かったから数秒でしたが(>_<)
にしてもかのむ殿カッコいいですねぇ♪
02

11

edit
yozo [No.1193 - 23:31 2007]
ばばるさん、こんばんはー♪
遊歩道でしたか!山や川、滝がある市なのですね・・・って、大阪府でも普通にありまっす。(^○^)
そーいえば、yozoの高校時代の友人宅は、マジで山奥でしたよ。電車の駅から、バスで30分。市街地を抜ければ、そこは山&川でしたね。遠足気分で遊びに行ったことをよっく覚えていますよ。(*^-^)
 ここ数週間は、雨がほとんどないので、滝も水がすくなかったのでしょうね。残念でしたね。それにしても、ばばるさんは、山やら滝やらが大好きなのですね。そして、途中でブーたれそーだった、かのんちゃんも最後は誇らしげに滝をバックに決めてるじゃん!(^○^)
素敵なコンビの滝レポートでしたね。(*^-゚)vィェィ♪
02

12

edit
mixbabar [No.1194 - 00:27 2007]
>シン殿
こんばんはー。
遠出しないとないのかと思いきや、
しっかり立派な場所が近場でありました(笑)
30分ほどで登り口に着くので通ってしまいそうです。
筋肉痛に苦しんでますが(汗)

かのん、偶然入っちゃいました見たいな顔してるでしょう(笑)
偶然入って来たのです。。
かわいそうなので次回は連れて行きません。。
02

12

edit
mixbabar [No.1195 - 00:29 2007]
>yozo殿
こんばんはー。
あ、そうですねぇ。
私は大学生時代、能勢の山でキャンプリーダーやってました。
大阪も素晴らしい自然がたくさんある場所ですよね。

>>山やら滝
うーんあまり考えたことなかったんですが
多分すっごく好きです(笑)
小学生の頃はバードウォッチングとかしてました。
また始めたいなぁと思う今日この頃です。。
02

12

edit
ぽぽろんろん [No.1196 - 09:24 2007]
おはよーございます。

>「ばばる市お宝の町」なのにばばる市を一旦出ねばその姿を現さない
のだめの実家を思い出してしまいました。
福岡県なのに、行くためにはいったん佐賀に出るという…(笑)

確かに水の量が少ないのが残念ですね~。
ちょっと打たせ湯っぽいものも(^^;)

最後のかのんくんがめっちゃりりしいです!
見とれてしまいましたー♪
02

12

edit
mixbabar [No.1197 - 10:23 2007]
>ぽぽろんろん殿
おあようございまーす。
のだめの実家もそんなんでしたっけ(笑)
ばばる市を出ずにお宝の町へ行く方法を色々考えたのですが
一般的な道はやはり一度出ねばならないようです。
地図を調べると山越えしたら入れるようですが・・・。

>>打たせ湯
(笑)。
打たれてきたらよかった。。

かのむ、この写真ほんとにおっさんみたいで
かのん的にはイマイチな写りらしいです(笑)
02

12

edit
mio [No.1201 - 22:47 2007]
こちらにもおじゃまします♪
ばばるさんは本当に散策がお好きなのですねー
いつも、なかなか険しい道の散策をされているのがすごいです・・・
そしてそして。
かのむちゃんの写真がー♪
きりりと、とっても賢そうな表情がラヴリー(*ノノ)
ばばるさんと一緒の散策、きっとかのむちゃんも充実感たっぷりだったことでしょう☆
02

12

edit
mixbabar [No.1205 - 23:15 2007]
>mio殿
こんばんはー。
自分では好きと思って行ってなかったのですが
最近、ほんと楽しくてしょうがないんですよね。
行かないとうずうずするというか・・・
新たな自分の発見です(笑)
でも、小さい頃から好んで山に行ってた記憶があるので
多分本当は大好きなんだと思います。

>>かのん
おっさん顔でしょ(笑)
ふいに入ってきたからかのん的には
「入っちゃいました」みたいな感じらしいです。。
次回はデジカメの設定をちゃんと元に戻して
滝も一緒にバッチリ撮りたいと思います(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。