続続・よいこの1日  -

04« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

23

23:21
Fri
2007

No.0158

追憶

ばばる県には、とても素晴らしい音楽家がいる。
その昔、私が合唱をしていた頃の先生であり、
そのもっと昔はおかーしゃんの、小学校の音楽の先生である。
ばばる県の誇りであるあの先生を、最近あまり表立った場面でお見かけしないのは
彼が歳をとったからか私が音楽から離れているからか。

ここ何日か、その先生が私の職場へお客様として訪れている。
久しぶりに会った先生は一回りくらい小さくなっていた。
しかしベートーベンのような髪型は健在。
かなり歳をとっているはずだが相変わらずお洒落ないでたちだった。
燕尾服を着た先生が頭の中で蘇った。

しかしあまりにも歳をとった先生を見て、私はまず驚いた。
そして、機械の使い方を教わりに来た先生にこやってこうやってー・・・と教えた私は
もはや自分がかつての教え子だとは言えなかった。

「年取るとわからないことが多くなって・・・また教えてね。」
と気弱になっているこの方は先生ではない。
お客様である。

私の先生はプライドの高い、自信たっぷりの方である。
私の先生は私に歌を教えてくれる先生であり、私が教えるお客様ではない。

私の先生とはきっといつか、ここ以外のどこかでお会いできるだろう。
そんなことを考えながら、ありがとうと帰っていく
先生にそっくりなお客様の後姿を見送った。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
02

24

edit
まゆび [No.1305 - 18:14 2007]
ばばるさん、こんばんは♪
おお!!ばばるさんも合唱を♪実は私もしておりました!!
ナカマ♪((o(*^∇^)X(^∇^*)o)) ナカマ♪

それにしてもすごいところで出会ったものですね!!
こうしてお客様という形で出会うと変な感じがするのも分かります。
また先生と生徒として出会える機会があるといいですね♪
02

24

edit
ぽぽろんろん [No.1306 - 19:06 2007]
子供だった自分が大きくなった分、その頃既に大人だった先生も年を取りますもんね。

小さい頃に「凄い!」って思っていた人が、そうやって逆に小さく見えてしまうっていうのはありますよね。
ちょっと寂しさも感じますが、それだけの時間が経ってしまっているんだなぁというのも感じます。

でも、年を取ってもオシャレだというのはいいですね。先生もまだまだ若い証拠だと思います。
きっと、指揮台に立てばまだまだ若い人に負けてないのではと思いますよ。
02

24

edit
mixbabar [No.1307 - 20:31 2007]
>まゆび殿
こんばんはー。
わぁまゆび殿も合唱を!
私はソルフェージュとか基礎くらいなんですが
今思えばずっと続けていたら・・・とか思ってます(笑)

>>こうしてお客様という形で出会うと変な感じがする
そうなんですよねー。
名前で先生だとは解かってたんですが
先生を見た瞬間、かなりの時間の経過を感じましたよ。。。

今年は定期演奏会でも見に行ってみようかと思ってます。
02

24

edit
kinaruf [No.1308 - 20:31 2007]
こんばんは。
う~ん、色んなこと考えさせられますね。
年をとることの悲しさ、寂しさ…。
僕にもそういう先生がいます。
ものすごく厳しくて恐ろしかったですが、
年をとって丸く、小さく,優しくなられた。
でもやっぱり先生なのですね。
角が取れて丸くなった感じ…。
ばばるさんの先生もとってもよい感じに年を取られているように思います。
人は衰えるだけではないかもしれません。見かけを超えたところで成長しているところがあるのかも。
今度お会いになられた時は、そのままの小さく弱気になられた先生を「先生」と呼んでみてください。その時、きっと何かが起こる気が僕にはします。
02

24

edit
mixbabar [No.1309 - 20:39 2007]
>ぽぽろんろん殿
こんばんはー。

>>子供だった自分が大きくなった分、その頃既に大人だった先生も年を取りますもんね。
まったくその通りですねぇ。
改めて実感しましたよ。。
TVや新聞なんかで見てるとそんなに感じなかったんですが
やっぱりいざ間近に話してたら
思った以上に長い年月の経過を感じました。

でも指揮台の上に立つと、
その年月の分だけ以前よりもっと
奥深い音楽を創るのかもしれませんね。
02

24

edit
mixbabar [No.1310 - 21:24 2007]
>kinaruf殿
こんばんはー。

>>でもやっぱり先生なのですね。

この言葉にはっとしました。
今度お会いしたら迷わず「先生」と言うと思います。
とても温かいお言葉をありがとうございました。
02

24

edit
yozo [No.1311 - 21:36 2007]
ばばるさん、こんばんはー♪
 先生も生徒も歳をとりますが、それでも、どれだけ見た目が変わろうとも、先生は先生だし、生徒は生徒なんだろうって思いますよ。
生徒の思い出の中の先生は、いつまでたっても変わらないし、先生の思い出の中の生徒もいつまでたっても変わらないものでしょう。
「あの時のあなたは~」とか「あのときの先生は~」って、いいんじゃないかなって思いまっす。(*^-^)
 先生によく似たお客様、これからも助けてあげなきゃいけませんね。(^○^)
02

24

edit
mixbabar [No.1312 - 22:51 2007]
>yozo殿
こんばんはー。
忙しい方だからあまり店に出向いてくることはないんですが
次に会ったら色々とお話をしたいと思います。
先生に限らず最近色々なお客様と世間話に華を咲かせて
店頭に出るのが楽しいもので(笑)

>>先生によく似たお客様、これからも助けてあげなきゃいけませんね。(^○^)
そうですねー。
昔、お世話になった先生にご恩返しができるでしょうか(笑)
02

24

edit
シン@偽哲学者 [No.1313 - 23:54 2007]
こんばんは。
私は先生でこういう思いをしたことはありませんが
父親で同じような思いを味わっておりまする。

kinarufさんがおっしゃられてるように
今度は声をかけてみてはいかがでしょうか。
そういう方はきっと「先生」に戻ってくれるような気がします(^-^)
02

25

edit
mixbabar [No.1314 - 00:58 2007]
>シン殿
こんばんはー。
>>父親で同じような思いを味わっておりまする。
あ、私もそれあります(笑)
毎日見るおかーしゃんでも時々思うので
父親なんかは特に思いますねぇ。

次回、もし店に来ることがあれば
ちょっと声をかけてみようかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。