続続・よいこの1日  -

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

03

22:25
Sat
2007

No.0166

かのんの怒り

がちゃがちゃとおかーしゃんが洗い物をしている隙を狙って
テーブルの上に置いてあったカツオブシをかすめ取ったかのんは
久々に成功したつまみ食いに喜び勇んでカツオブシに夢中だった。

やっと気づいたおかーしゃんが取り上げようとすると
ドルルルルル・・・と怒りのエンジンがかかった。
「お・・・おかーしゃんに何てことを。。」
おかーしゃんは怒った。いや、おかーしゃんも怒った。

私なら、たとえかのんの牙によって手に穴が空き、
流血したとしても素手で立ち向かう所だが、
生憎おかーしゃんはそんな勇気と情熱は持っていなかったため
武器を持ってカツオブシの取り合いに臨んだ。

おかーしゃんが考えた武器。
それは主婦の友、掃除機である。

かのんは掃除機と仲が悪い。
いつも掃除機の周りでぎゃーぎゃーと騒いでケンカを挑んでいるのだが、
掃除機は大分オトナらしく、一向に相手にせずすましている。
かのんにはそれが余計に腹立つらしい。

おかーしゃんは掃除機のスイッチを入れてかのんにけしかける。
かのんはカツオブシを守りたい一心で口元にシワが寄るくらい唸った。

決着はあっという間。

かのんがどうしても守りたかったカツオブシは瞬きする間もなく掃除機が食べてしまった。
怒り狂うかのんは掃除機に飛び掛るもまるで歯が立たない。
そう、掃除機は固すぎた。

「ヨシヨシかのんのカツオブシを掃除機が盗っちゃったのねー。」
おかーしゃんは優しくかのんに語りかける。
怒りのあまり、掃除機をけしかけた張本人は
実はおかーしゃんであるということをすっかり忘れたかのんは
おいおいとおかーしゃんに泣きついた。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
03

04

edit
シン@偽哲学者 [No.1383 - 02:15 2007]
こんばんは。
ううむ、今日は実に面白いですねぇ。
ある意味で予想通りの展開とはいえ
読ませる文章にいつもながら惹き込まれてしまいました。
にしても、おかーしゃまとかのん殿の
戦闘後の友情にホロリときましたよ(嘘)。
03

04

edit
まゆび [No.1384 - 16:31 2007]
ばばるさん、こんにちは♪(^ー^)ノ
わんこってカツオブシも好きなんですね~。"φ(・ェ・o)~メモメモ
おかーしゃんVSかのんちゃんが目に浮かぶようです。
きっとすごい戦闘なんでしょうが、微笑ましい光景ですよね♪
これからも仲良くけんかしていただきたいものです♪(笑)
03

04

edit
mixbabar [No.1385 - 22:07 2007]
>シン殿
こんばんはー。
かのむ&おかーしゃんのやり取りは
毎日なかなかおもしろく私も楽しんでます☆

>>戦闘後の友情
結局最後はいつも仲良くやってるようで・・・
かなり強い結束力です(笑)
03

04

edit
mixbabar [No.1386 - 22:15 2007]
>まゆび殿
こんばんはー。
うーん犬は雑食ですからねぇ。。(笑)
ちなみにかのんがいつも食べるおやつはワカサギです☆

当人同士はかなり必死な模様ですが
傍からみるとかなり笑えますよね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。