続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

18

21:48
Sun
2007

No.0180

七転八起

いやいや相棒なんぞ探さなくとも沢登りくらい一人でだって立派にやってのけるさ。

ということで、昨日に引き続きンマさんの村で遊ぶ。
ハッタリ町もそうだが、家から近い場所は何度でも行けるのがいい。
というか、おかーしゃんが朝から
「今日は行かんの?今日は。滝見たいんちゃうの?」
と、下心見え見えの優しい言葉をかけてきたからでもあるが。
「フキノトウとツクシ採ってきてね。いってらっさい。」
サンドウィッチを持たせてくれて見送るおかーしゃんに手を振って出発。

菜の花畑


ヒヨコ谷以外も周ろうとヒヨコ谷とは反対側にあるゴロネ川の上流を訪れる。
道が狭くなり、不安になったのでその辺にいるおじさんに声をかけた。
おじさんは車でも十分行けるよと親切に道を教えてくれた。

ぷすぷすとばばる車は林の中を行く。
舗装された道路はガードレールも何もない絶壁に沿っている。
下がぬかるんだ土の道路は木がガードレール代わりになっているが轍が深すぎて非常に怖い。
完璧なものというのはなかなかないものだなと思う。
この道、2tトラックまでならギリギリ通れそうだがなにぶん運転がへたくそなもんで
「ムリムリムリム・・・」
と呪文を唱えながら両側とも谷になっている道を徒歩級の早さで進んだ。

結局滝は見つからなかった。
ンマさんの村の滝は沢登りが必須らしく、遊歩道はあれどもそれは滝への道ではない。

女郎蜘蛛の淵
所変わってここはヒヨコ谷。
私が行きたかったのはこの淵の奥にある滝。
女郎蜘蛛が住んでおり、人を引き込むという
伝説を持つ、10mくらいの大きな淵である。
下の方から岩を伝ってこの淵を目指し、
これ以上は行けないという所まで行ったのに
帰ってから写真を見てたら全く別の淵だった。
女郎蜘蛛の淵はもう一段上と思われる。

苔で滑り、グラグラの岩でひぃっとなり
女郎蜘蛛でも蛇女でもいいから
溺れたら誰か助けてよと祈りながら
必死で岩をよじ登ったのに
一体どうすればここへ行けるんだ。


再び遊歩道へ這い上がって山の上の滝を探しに行く。
頂上周辺でやっと顔を出したばかりのフキノトウを無情にも5つ6つ採ってから
畑の斜面を滑り降り、枯れ草の林を掻き分け、竹林に入り・・・

いきなり胸に衝撃が走った。
胸元に竹が刺さっている。というか当たっている。
尖ってなかったのが幸いである。
ここで竹に殺されても発見してくれるのはイノシシくらいか。
異国の地で言葉も通じず心細い思いをするのはよくある話だが、
言葉以前に誰もいないことこそ心細い。携帯も圏外だし。
異国人にはジェスチャーという手があるがイノシシにそれをした所で逃げられるか襲われるかだ。

谷には下りられた。しかし滝よりも大分下である。
さすが最上流だけあって、岩もよじ登れるような大きさではない。
きっと別の道があるはずだが、地図を無視して道を無視して探しても
ヲーターフォールまでたどり着くことはできなかった。
これ以上彷徨うと本気で遭難しそうである。
ヒヨコ谷め、次は長靴持って来るからなと下山。
夕暮れが迫っていた。

ンマさんの村と別の村を結ぶかもしれない林道にある湯の滝。
せめてこれくらいは見ておこうと川を変えてまた谷へと下りた。

湯の滝

この渓谷にはハイアロクラスタイトという海底火山の噴火によってできた
青緑色の岩石があり、とても美しい色をしている。
今日は何も見られなかったなと岩の上に座って最後の滝を眺める。
いやいや、地図にも載らない滝を探すのなんてきっとこんなもんだ、
きっと何度も何度も足を運んで地元の人に聞いてやっとたどり着けるか着けないか。
そんなもんなんだろう。

ところで、実を言うと今日もかのんは来ていた。
沢登りの間中、車で卵ボーロを食べながら大人しく待っていてくれたので
帰りに田んぼの道をかのんと歩いた。
ンマさんの村風景

近所のお散歩をしているらしいおばさんがすれ違い様に軽く会釈をくれた。
明日、会社でンマさんに会ったら
難しいけどいいところに住んでるね。
そう言ってやろうと思った。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
03

19

edit
booyan [No.1510 - 07:06 2007]
ばばるさん こんばんは~。
時差の影響で一番レス率が高い!
なかなか気持ちがいいもんです。

それにしてもこんな自然が近くにあるのですか
ばばる県には。いいなぁ。
それに菜の花がすごく春ですね!
気持ちよさそー。
03

19

edit
まゆび [No.1511 - 16:53 2007]
ばばるさん、こんにちは♪(o・ω・)ノ
オオーw(*゜o゜*)w素敵な写真~♪
かのむちゃんの背景にもなっていますが、
菜の花いいですね~♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
私、あまり見たことないのですよ。(´・ω・`)
写真で楽しませていただけて嬉しかったです!!

>青緑色の岩石があり、とても美しい色をしている。
いいですね~♪岩って本当にいろんな色ですよね!!
青緑だなんてきっと綺麗だろうなぁ♪(*^o^*)
またまた滝巡りの旅を楽しませていただき
ありがとうございました!!
03

19

edit
enu [No.1512 - 17:57 2007]
こんにちはー。ばばるさん♪
わぁーー♪菜の花がもう咲いているのですねー☆
そうかぁ・・。つくしとふきのとうを探しに行くのですもんね。
うんうん。コチラの雪とは大違いですねー☆
沢も滝もすごい♪
キレイな写真だわぁ☆最後の夕暮れの写真もとっても素敵です。
でもでも、うら若きばばるさんが、こんなサバイバルなことをしちゃっても大丈夫???
あああーーー。どうか、いのししに襲われませんように。
どうか、沢に転落しませんように。
でもでも、素敵な旅なのでこれからも続けられますように!!!
03

19

edit
mixbabar [No.1516 - 21:06 2007]
>booyan殿
こんばんはー。
>>時差の影響で一番レス率が高い!
(笑)。
いつもありがとうございます☆
更新が1日の終りになるのできっとbooyan殿はアップしたてをいち早く読んでくださってると思われます(笑)
皆様は大概、アップ後半日~1日経ってからになりますからねぇ。

>>それにしてもこんな自然が近くにあるのですか
ばばる県には。いいなぁ。
なんのです。
こういう場所ばかり敢えて行ってるのですよー。
大阪も自然はたくさんありますよね☆
ベルギーの風景も素晴らしいなといつも羨ましく思ってます!

今まで菜の花とかチューリップとか、花が大好き!!ってわけではなかったんですが
たくさんの花が一面に咲いてるのっていいもんですね。
眩しくて気持ちが良かったです☆
03

19

edit
mixbabar [No.1517 - 21:10 2007]
>まゆび殿
こんばんはー。
>>かのむちゃんの背景にもなっていますが、菜の花いいですね~♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
そうなのです☆
菜の花って特別好きな花ではないんですが
こんなにいっぱい一面に咲いてるのは実は私も数えるほどしか見たことなかったです。
で、写真撮ってみたら意外に気に入ったので背景に使ってみました(笑)

>>岩って本当にいろんな色ですよね!!
そうですよね。。
こうやって山を歩いてると今まで興味の対象でもなんでもなかったものが
不思議と魅力的に見えてくるんですよねー。
03

19

edit
mixbabar [No.1518 - 21:14 2007]
>enu殿
こんばんはー。
下の村はもう春がたくさん見つけられましたよ☆
でも、高原の上の方ではまだまだ雪が残ってて登れませんでしたが(汗)
この季節、冬の名残と春の訪れが一緒になって何とも言えない景色です。。

>>サバイバル
・・・と私も思ってましたが、地元のおじさんに道を聞いたとき、
かなり普通に言ってたので彼らにしてみたら日常の一こまでしかないようです(笑)
これからも少しでも多くの場所を訪れて自分の住む土地を知りたいと思います!!
03

19

edit
kinaruf [No.1519 - 22:18 2007]
こんばんは
久しぶりに来ましたが、
ブログがすっかり春の雰囲気になってていいですね。
モヨウガエビョウが感染しそうです。
>イノシシ
僕は山で巨大な野生のいのししに遭遇し、
襲われそうになったことがあります。
幸い大丈夫だったのですが、
予想以上に怖かったです。
足震えました(笑)
いのししも僕の接近に気付かず、僕も気付かず
沢で鉢合わせという感じでした(笑)
03

19

edit
mixbabar [No.1520 - 22:34 2007]
>kinaruf殿
こんばんはー。お久しぶりです!
来て下さって嬉しいです☆
長いお留守で寂しかったですよー。

模様替え、実は昨日したばかりなんです☆
モヨウガエビョウ(笑)
感染してください。ぜひ!!

>>僕は山で巨大な野生のいのししに遭遇し、
襲われそうになったことがあります。
えっっっ!!それはすごい経験ですねぇ!!
足が震えただけですか(笑)
私なら腰抜かしてます。。
しかしお互い気づかずとは・・・何やらのんびりさんですねお二人とも(笑)
想像するとなぜか緊迫感のない絵になってしまって
おかしくて笑いが込み上げてきました。。
当人同士はきっと笑い事じゃなかったんでしょうが(笑)

03

19

edit
yozo [No.1521 - 22:42 2007]
ばばるさん、こんばんはー♪

>沢登りくらい一人でだって立派にやってのけるさ。
えっ?また無茶なことしてるのでは・・・と読み始めましたよ。(;^_^A アセアセ・・・(困った姫だ!と隊長とつぶやきながら・・・)

>「フキノトウとツクシ採ってきてね。いってらっさい。」
( =①ω①=)フフフ やはり背中を押す方がいらっしゃいましたね。(^。^;)
確かに土筆は花粉症にいいみたいですからね。(-ω☆)キラリ

>いきなり胸に衝撃が走った。
ヾ(・o・*)シ オィーーーーーッ!!もー帰ろーよー♪(>▽<;; アセアセ by 隊長&隊員

またまた、リベンジしなきゃいけなくなったようですが、
隊長&隊員はほっと胸をなでおろしていますよ。(^○^)
それでも最後の2枚の写真。いいですねぇ♪とてもきれいな滝の写真、そして、田んぼ道もとっても綺麗ですね。安心するととともに、じっくり素敵な風景を楽しませていただきましたよ。
凸ぽちっとね。(*^-゚)vィェィ♪
03

19

edit
ぽぽろんろん [No.1522 - 23:11 2007]
こんばんはー。

いい風景ですねぇ。
菜の花畑、涼しげ(まだ寒いか?)なヲーターフォール、そして山の向こうへ沈んでいく夕日。
最近仕事で疲れっぱなしなので、癒されました♪

特に夕日の写真はいいなぁ~。
ちょうど山と林の境目に落ちていくのが構図として大好きです。ちょっと泣きそうになった(^^ゞ

そして久しぶりに卵ボーロも食べたくなりました(笑)
03

19

edit
mixbabar [No.1523 - 23:30 2007]
>yozo殿
こんばんはー。
ええ、ええ、、困った姫です(笑)
そして結局失敗に終わりました。。。

>>やはり背中を押す方がいらっしゃいましたね。(^。^;)
おかーしゃん、一人で山へ行っても滝を登っても
まったく心配はしてないかのようです。。
うーんさすが元野生児、自分も若かりし頃に同じようなことをしてたのかもしれません(笑)

>>最後の2枚の写真
写真って難しいですね。。
あの滝の逞しさも田んぼの中で見た夕方の風景もなかなか再現できないものです。。。
この滝、すごく低そうに見えますが高さ8mほどで幅も広いとっても力強い滝だったんですよー。。
ううむ、、写真もちゃんと撮れるようがんばります!

ぽちっもありがとうございます!
ランキングも参加してみたらとっても励みになりますねぇ☆
そして自分が訪れるブログでぽちっをするのも今まで以上に力がこもります(笑)
03

19

edit
mixbabar [No.1524 - 23:38 2007]
>ぽぽろんろん殿
こんばんはー。
いい風景ですか☆
そのお言葉、とっても嬉しいです。。。

>>特に夕日の写真はいいなぁ~。
ありがとうございます!
実はアップしてから、
「何だか朝っぽいな。。。」
と思ってましたので(笑)

>>ちょっと泣きそうになった(^^ゞ
感無量のお言葉です(涙)
私のふるさとの景色で感動していただいたと思うと
本当に嬉しいものですねー。
実は眩しくて涙が出たとか言わないでくださいよ?(笑)

>>卵ボーロ
なつかしのお菓子ですよね(笑)
自発的に買うことってあまりないですが
かのんが食べてるのを見て、実は一粒失敬してしまいました。

ぽぽろんろん殿の癒しのお役に立てたならこの上ない光栄です。
今度ぜひばばる県へ癒しの旅に来てくださいね(笑)
03

20

edit
シン@偽哲学者 [No.1525 - 01:47 2007]
こんばんは。
引き続き素敵な写真ですねぇ^^
菜の花畑に滝と綺麗ですね♪
光の差し込んでる4枚目もいいですし。
文章だけでなく写真もうまいとは嫉妬を覚えますですよ^^
03

20

edit
mixbabar [No.1528 - 23:46 2007]
>シン殿
こんばんはー。
>>引き続き素敵な写真ですねぇ^^
ありがとうございます☆
しかし写真は・・・私の腕がいいというよりも
撮ってる景色がいいだけですよ(笑)
カメラも扱いが悪くてボロボロですし(汗)
でもシン殿にそうおっしゃっていただけると嬉しいです☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。