続続・よいこの1日  -

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

04

22:54
Wed
2007

No.0199

旅の終り

夜が更けてから海を渡り、再度宮島へ上陸。
ライトアップされた宮島をそぞろ歩きしようという魂胆である。
自分だって一観光客として人ごみを形成している一部の癖に、余りの人の多さにくたびれて
もう何も見ずに帰ろうかと思っていたが夜の宮島のパンフレットを見て行きたくなった。

辺りはもう暗くなっていて鹿も殆どが山へ帰り、人もあまりいない。
あんなにたくさんいたのにみんな夜の宮島は見ないのだろうか。
まあいい。最終の船まで何時間もあるしぼちぼち歩いていこう。

ひめあかり
 誰もいない商店街に入ると、
 ぽつぽつと花の灯りがぶら下がっている。
 紫・赤・山吹色と3種類あり、
 名を「ひめあかり」というらしい。
 どこまで歩いても店先にはこの灯りが燈っており
 何にもないただの道が
 とても魅力的なものに見えるのである。

大鳥居では潮がひいて、鳥居の下まで行くことができた。
藻にぬるぬるとすべりながら真下へ行くと、ここには何人かの人がいた。
三脚を立ててカメラを設置する外国人が誰もいなくなるのを待っていた。
また邪魔だよと思われるのかとびくびくしたが、彼は静かにただひたすら待っていた。

きーーーーきーーーー
と、鹿の鳴き声がした。
鹿の鳴き声なんて初めて聞いた。
なんて切なげになく動物なんだろうと耳を傾けているとたぬきがててててっと走った。

大鳥居
 厳島神社を超えると、
 海沿いに石の灯籠が並ぶ。
 夜の散歩なのか、
 お年寄りが一人二人、
 ゆっくりと歩いていた。

大鳥居の方を見ると、先ほどの外国人はやっぱりまだカメラの前で待っている。
水辺なのにきっと寒かろうにとても気の長い青年である。

町家通り
町家通りを通って船乗り場へと戻る。
町家通りの提灯は素敵だ。
この裏側には苗字が書いてあり
表札として使われているのだ。
描かれている絵もそれぞれ違い、
牡丹の花やお釈迦様や下町の様子など
実に様々で一つ一つに味がある。

約1時間ほど人気のない道を歩き回るとぶつくさ言っていた昼間の不機嫌を忘れた。
明日は宮島の山へヲーターフォールを見に行こう。
そう決めた。

しかし、翌日はあいにくの雨が降った上に
ヲーターフォールまでの道は一昨年の台風で土砂崩れが起こり
通行止めとなってしまったため、楽しみにしていた山歩きは叶わなかった。
そうこうするうちに雨が大粒になってきたのでとある茶店に入る。
小降りになるまで新聞でも読もうと思ったがなぜか元旦の新聞しか置いておらず、
やはり昼の宮島とは相性が悪いのかもと昼前に引き上げて帰ってきたのである。

いつか、友人でも誘ってまた来ようとリベンジを決意する。
こんなに素敵な島なのに楽しくないはずはない。
今回は天気と時期が悪かっただけ。
帰りの直角座席でそう日記に書いておいた。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
04

05

edit
まゆび [No.1654 - 16:40 2007]
ばばるさん、こんにちは♪(*'ー')ノ
ふふ。夜の風景は本当に素敵ですね!!
>紫・赤・山吹色と3種類あり、
>名を「ひめあかり」というらしい。
"φ(・ェ・o)~メモメモ
いろんな色があるというのは華やかでいいですよね~♪
ヲーターフォールは本当に残念でしたね~。
私も写真が見られなくて残念です。
うんうん。次回こそリベンジですね!!(*'ー')
04

05

edit
mixbabar [No.1657 - 21:39 2007]
>まゆび殿
こんばんはー。
同じ場所でも昼と夜ってほんと景色が違いますよねー。
「ひめあかり」、まゆび殿もいつか宮島へ行った折には
ぜひ見てみてくださいね☆
本当に素敵な灯りですよー。

ヲーターフォール、ほんと残念。
宮島は水が少ないらしく、土砂崩れで通行止めになってた道で見られるのが
宮島唯一の滝だったそうです。。
うーん次回に期待!
04

11

edit
yozo [No.1722 - 21:29 2007]
ばばるさん、こんばんはー♪
遅まきのコメントになってごめんなさい。(o*。_。)oペコッ
夜の宮古島も良さそうですね♪自分のペースでのんびり心の赴くままに
見物するのが一番かもしれませんね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン
ひめあかりが本当に素敵です。鳥居の下まで行ったとのこと。
いい思い出になったことでしょうね。(*^-゚)vィェィ♪

>「きーーーーきーーーー」
鹿の鳴き声ってよく考えたらyozoも知らなかったでっす。奈良公園の鹿は
よく見たことがあるのですが、鳴き声はチェックしたことないですね。(^。^;)

>なぜか元旦の新聞
(^ー^* )フフ♪どうして元旦なのでしょうね。謎ですね。( ̄ー ̄)ニヤリッ
夜は制覇した姫は昼の宮古島にリベンジを誓う!ってところでしょうか。(^○^)
お疲れ様でした。素敵な旅日記でしたね。凸ぽちっとね♪v(*'-^*)bぶいっ♪
04

11

edit
mixbabar [No.1726 - 23:21 2007]
>yozo殿
こんばんはー。
自分勝手に記事をアップしまくってますが
いつも読んでくださってありがとうございます(涙)

>>ひめあかり
夜の宮島、パンフレットにあったルートどおりに見て廻りましたが
ひめあかりが一番心惹かれました☆
大鳥居を下から見上げるのもなかなかよかったですが
どれもとてもいい思い出になりましたよー。

>>鹿の鳴き声
百人一首にも「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき」ってありますが
ほんとにとても切なげな声で鳴くんですよ。
お昼間も鳴いてるんでしょうが静かな夜にこの声を聞くと
この歌がとても胸に沁みます。。。

>>元旦の新聞
かなりビミョーなんですよね。
何年も前のでもなく今年の元旦ってあたりがなんとも(笑)
次回はかならずお昼間の宮島を存分に満喫したいと思っております!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。