続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

18

22:50
Tue
2007

No.0291

空を飛ぶ

The Magic Red Carpet
 ブラジルの話を始める前に一つ。
 私は飛行機が嫌いである。
 そんな私が今回の旅の4分の1は空の上にいた。
 ・・・翼と共に。
 延べ10回のフライトで
 9回は翼の横である。


伊丹→成田まではJALの飛行機。
若干152cmの私でさえ荷物棚で頭を打つ程の小さな飛行機で
出だしからヨロヨロと飛び立った。

成田→ダラス→サンパウロの国境超えはアメリカン航空(AA)。
このAAが曲者で、最も長時間のフライトであるにも関わらず
何とも言えないサービスと何とも言えない機内食で大変な思いをした。

ドキドキしながら席に着くと、
向こうの通路に立っていたスチュワーデスさんが一人の男性客へ話しかけた。
「ちょっと、このドア閉めてくれない?」
男性は快くバタムと荷棚の蓋を閉めた。
ボロボロのJAL機にたった一人で乗っていたスチュワーデスさんでも
ドアは彼女が自らチェックしながら閉めていたのに
通りがかりの客に頼むとはさすがレディファースト?
・・・まあいい。

さあ、いよいよ離陸だとコブシを握っていると
頭上のやはり荷棚に目が留まった。

荷棚が半分開いている!!

どうするんだろうかと手に汗握りながら見ていたが
半分開いた荷棚には誰も手を触れず、
何度もスチュワーデスさんが通ったにも関わらず素通りされていた。
落ちる落ちる。荷物だけじゃなくて私も落ちる?
結局荷棚は半分開いたままダラスまで飛んだ。
ただでさえ飛行機が怖いのに荷棚が開いてるなんて
私にはどうしても理解ができない。

イグアスへ
さて、私の飛行機嫌いは乗ることだけではない。
チェックイン手続きも荷物検査も
バッグを預けるのも嫌いなのだ。
入出国審査だってもちろん怖い、
つまり空港自体が苦手なのである。

今回はアメリカ経由ということもあり、荷物検査は大変厳しく
靴まで脱いであのトンネルをくぐらせねばならなかったので
ピンポンこそならなかったものの、チェックインには右往左往した。

チェックインでは預け入れ荷物の有無以外に聞かれることはない。はず。
黙ってチケットを出し、荷物はないと言う。
カウンターの人が怖い顔でパソコンを叩くのを眺め、
ゲートとボーディングタイムだけ教えてもらう。
それだけのはずだったのに。

―何語がいいですか。
フォス・ド・イグアスを去る日の空港でメガネの爽やかな青年が
パソコンを叩きながら聞いてきた。
―えとえと、にほんご・・・はダメですよね。じゃあ英語でお願いします。
荷物はないかといつもの質問をされた後、早く立ち去りたいので
うずうずと待っていると青年は続けた。
―電話番号を聞いてもいいですか〇▲※~?
最後がよくわからなかったが、とにかく電話番号らしい。
―08・・・ん?電話・・・番号ですか。
チェックインで電話番号なんて初めて聞かれたのでパニックになった。
滞在先の電話番号か自宅の番号か一体どっちだ。
とにかく最後が聞き取れなかったので
最後まで同じ声の大きさでもう一度ゆっくり言ってくれと頼んだ。
しかし何度聞いても電話番号を教えてくれと言う。
えとえとと慌てていると、
―ポルトガル語で言おうか?スペイン語?ドイツ語?フランス語?何語ならいいのさ!
きーっと青年は早口になった。余計にわからない。
ので、日本語なら・・・と照れ笑うと、苦笑しながらもういいと言われた。
電話番号は不要?
結局、どこの電話番号かわからずじまいでその場を去った。

サンパウロの夜明け
 最終日。
 出発時刻の3時間前に
 チェックインカウンターを覗いてみると
 長蛇の列ができていた。
 これはいけないと慌てて並ぶと、
 1時間ほどで自分の番が来た。

チェックインの前に何やら手続きがあるらしい。
パスポートとチケットを渡すと、お姉さんが色々と質問してきた。

―どこから来ましたか。
―その荷物は誰のものですか。
―誰かにその荷物を預けたり、預かったものはありませんか。
―エジプトへはいつ、何の用向きで行ったんですか。
―その荷物は何時何分にどこで誰が詰めましたか・・・etc

周りが騒がしい上に早口の英語もよくわからないので悲しくなった。
アメリカには絶対行かないぞと心に誓う瞬間だった。

飛行機も空港もアメリカも当分勘弁してくれと途方に暮れて始まり、途方に暮れて終わる旅である。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
09

19

edit
toyo [No.2553 - 19:58 2007]
お帰りなさいませ。
無事に帰ってこれてよかったです。
旅行記楽しみにしています。
空港でも一悶着あったみたいでこれからの記事が楽しみです。
09

19

edit
mixbabar [No.2554 - 22:14 2007]
>toyo殿
こんばんはー。
何とか無事に帰ってこれました(笑)
結構ほのぼの楽しい旅でしたよ!
これからしばらくお付き合いくださいね☆
09

19

edit
クロネコ [No.2555 - 23:52 2007]
お帰りなさいまし。
出立の挨拶が間に合わなかったので、ひたすら無事のご帰還をお祈りしておりました。腰の方は持ちこたえられました?帰国後しばらくは疲労も抜けきれないでしょうから、どうぞご自愛くださいね。
09

20

edit
bacchus [No.2556 - 08:04 2007]
おかえりなさい。
旅のご報告楽しみにしています。
なにはともあれ無事でよかった。
09

22

edit
mixbabar [No.2557 - 03:27 2007]
>クロネコ殿
こんばんはー。
ご心配、ありがとうございました!
無事に何とか帰ってきましたよ☆
腰は悪化、時差ぼけでなかなかしんどい週でしたが(汗)
この週末で何とか生活を戻して
旅日記をしばらく書いていきますので
よろしくお付き合いください!
09

22

edit
mixbabar [No.2558 - 03:29 2007]
>bacchus殿
こんばんはー。
今回は特に大きな事件もなく平和に旅を終えました!
同じ地球上、行ってみればどうにかなるもんですね(笑)
旅日記、時差ぼけを治しながらゆっくり書いていこうと思いますので
よろしくお付き合いくださいね☆
09

23

edit
yozo [No.2560 - 11:35 2007]
babarさん、おはよーございまっす♪ 
はじめて乗るというのに、搭乗前のボディチェックでピンポンが鳴って、離陸した後のあまりの高度にビビって・・・(高所苦手症でっす。・・・謎)・・・なんやかんや・・・以来、飛行機にはいい感情を抱いていないyozoでっす♪
いきなり色々あったようですね。半開きの荷棚もそうですが、何よりも気になるのは電話番号を尋ねられたことですね。(^。^;)
これからの旅日記楽しみにしていまっす♪
09

24

edit
mixbabar [No.2562 - 01:45 2007]
>yozo殿
こんばんはー。
飛行機、最近は墜落のニュースが多いし
私も本当に怖かったです(汗)
実は私も高い所は結構苦手なんですよね。。。

ちょっと色々とありまして更新もなかなか滞りがちですが
がんばって書いていきますので
お時間があるときはまた覗いてくださいねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。