続続・よいこの1日  -

04« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

23

23:31
Sun
2007

No.0293

イグアスの滝~ブラジル編

日本⇔アメリカ、日本⇔ブラジル、アメリカ⇔ブラジルという
時差の変化についていけず、今日は何曜日なのかよくわからないのだが
出発前、事前に数えておいた記憶によると確か月曜日である。

月曜はイグアスの滝がある国立公園が昼から開園になるため、
すぐ手前にあるバードパークに寄ってみることにした。
こんな遠くまで来てわざわざ動物園?とも思ったが
このバードパーク、せかせか歩いてもしっかり2時間はかかってしまうほど広い。
そして今回は旅程に動物が見られる場所が入っていないため
毛?好きの私としてはぜひとも毛の生えた動物を見たいと思ったのである。

オオハシ


 ブラジルと言えばオオハシ。
 ぬいぐるみみたいでかわいいなと思いきや、
 種類によってはあまりかわいくないヤツもいる。

 野生のオオハシに出会うことは叶わなかったが
 網越しじゃないオオハシを至近距離で見れるなんて
 バードパークって素晴らしい。

ここは色んなゾーンに別れていて、アフリカコーナーとか
北米コーナーとか南米コーナーとか世界各国の鳥達が集まっている。

オウム?
これは・・・オウム?
いや、ワシの顔をかぶったインコ?
もしくはワシが体に色を塗ってるか。
とにかくワルイ顔をしながら
何やら赤い実を食べていた。
オウムって手で持って食べるのか。

バードパークからイグアス国立公園までは徒歩で行ける。
入場券を購入しようと窓口へ行くと、どこから来たのかと聞かれた。
ニッポンですと答えると、ふーんと言いながら入場券をくれた。
レシートには"Japones"と印字されていた。
国別料金とかがあるのだろうか。
だとしたらこの公園の料金体系は複雑極まりない。

2階建てのバスに揺られ、3つ目の停留所で降りる。
ここが遊歩道の出発地点なのである。

イグアスの滝

階段を降りていくとすぐに水音というかドドドドという音が聞こえてきた。
草食動物の私は視界は広い方だと思っていたのに
それでもその視野に入りきらないほど大きな滝が現れた。
こんなに水量も多くてでっかい滝なんて初めて見た。
ショックを受けていると、幾分周りが騒がしくなる。

アナグマ
 何だ何だと振り返ると、
 アナグマがトコトコと歩いている。
 これがアナグマか。
 何だかタヌキみたいである。
 しかも人に慣れて過ぎていて
 これではまるで飼いアナグマだ。

アナグマはブラジル側でもアルゼンチン側でも至る所にいるのだが、
ゴミ箱を漁ってパンを食べたり観光客に愛想を振りまいて
エサをねだったりしていて、何となくイヤな気分になった。
旅好きの獣好きな私ではあるが、自然の秩序を乱さぬ観光客になりたいものである。

イグアスの滝
ジリジリと暑い遊歩道を
汗を拭き拭き進んで行くと
今度は虹が見える滝に着いた。

この辺りが来ると
もう長袖なんか着てられない。
しかしピリピリと首が痛いので
上着を脱ぎ、日焼け止めを刷り込んだ。

日本語が聞こえるなと思っていると
ツアーでやって来ているらしい
じーさんやばーさんがたくさんいた。
遊歩道は1本だけなので、この後ずっと
ツアーじゃないのにこの日本人達と
微妙に行動を共にする。
というか、共にはしてないが
傍から見ればきっと同じだと思われている。

「悪魔ののどぶえ」周辺では川の上へと遊歩道が伸びており、
水しぶきを浴びながら滝へと近づくことができる。
風向きによっては霧雨のような水が飛んで来るので涼しいのはいいが、
「この水が口に入ってお腹を壊したりしないだろうか」
という考えが頭をよぎり、慌てて口を閉じた。
こんなにたくさんの人がいるんだから、
同じ事を思って口をつぐむ人達もきっとたくさんいたことだろう。

イグアスの滝

イグアスの滝


この川の対岸はアルゼンチンである。
明日はこの2枚目の写真、上の方にかすかに見える遊歩道を渡って
アルゼンチン側のイグアスへと向かう。
アルゼンチン側イグアスでは、「悪魔ののどぶえ」を
目の前で見下ろすことができるらしい。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
09

25

edit
まゆび [No.2567 - 18:41 2007]
オオーw(*゜o゜*)w 
こんな鳥がいるんですよね!!
写真や映像でしかみたことのない鳥を
生で見られるなんて
本当にうらやましい!!

きゃ!!虹まで写ってる♪
大迫力の滝ですね!!
水の音まで聞こえてきそう!!
きっとすごい音だったのでしょうね!!
09

25

edit
mixbabar [No.2569 - 21:07 2007]
>まゆび殿
こんばんはー。
そうなのです。いるのです・・・多分(汗)
私は今回、動物達のいる場所へはいけなかったので
バードパークで我慢したんですが
それでも檻に入ってない鳥達を間近で見れて大満足です!

この滝、あまりにもすごい音で感動したので
実はデジカメの動画で音を採取してきたんです(笑)
水道の音みたいなのしか採れませんでしたが(涙)
でもほんと、すごい迫力で我を忘れました!
まゆび殿も機会があれば一見の価値ありですよ!!
09

28

edit
クロネコ [No.2578 - 23:27 2007]
本やTVで知っている風景を実際に見たとき、一番衝撃を受けるのはそのスケールだということが私はままあります。『やっぱり自分の眼で見なきゃだめだな』と思うのですが、海外となると言葉の問題で怖気づいてしまうんですよねえ……。
今回の滝の写真、一目見て『おおおぉすごいー!』とうなりました。その一方で『babarさんは〈本当はこんなものじゃないんだ!もっともっと凄いのに!〉と思ってたりするのかな』などと想像もして見たり。


帰国後もなかなかゆっくりできないようですが、旅の続きもゆっくりお待ちいたします。まずはお早い回復を。
09

30

edit
mixbabar [No.2582 - 19:41 2007]
>クロネコ殿
こんばんはー。
イグアスの滝は想像以上にすごい迫力でした!
こうやって素晴らしいものを実際に自分の目で見ることができるなんて
幸せだーと感動してしまいましたよ(笑)
とりあえず写真とか撮ってみたりするんですが
やっぱり実際のあの感動はなかなか目に見える形では残せませんね。。

旅日記、忘れないうちにぼちぼち書いていこうと思いますので
どうぞ気長にお付き合いくださいませ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。