続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

01

21:45
Mon
2007

No.0300

アマゾンの動物達

船で周辺探検
午前中は船で周辺の川を散策し、
小さな村を訪れて過ごした。
昼食の後はいよいよ
アマゾンのジャングルトレッキングへ
繰り出すのであるが、
このツアー、とても時間配分がゆったりで
ご飯を食べ終わっても
次のアクティビティが始まるまで
お昼寝できるくらいの時間がある。

ロッジに吊るされている
ハンモックに横たわってうとうとしていると
ガイドさんがやって来た。

こんちはと言うと、ガイドさんは通りすがりではなく私を呼びに来たとのこと。
何か用ですかと聞くと、サルが近くまで降りてきていて
とても珍しいので私を呼びに来たのだと言った。
アマゾンでは、哺乳類はいることはいるがなかなか見られないらしいので、
それはぜひとも見たいと急いでゾウリを履いてガイドさんの後ろをついて行った。

ナルホド、サルはいた。
首の周りに白い毛がフサフサと生えたかわいらしいサルが
木の上を飛び回っていた。
早く写真を撮れ撮れとガイドさんに急かされるので
とりあえずカメラを向けたが・・・遠い。
こんなの写らないよーと心の中で思いつつも撮るフリをした。
なぜならガイドさんは英語が苦手だからと私をとてもヒイキにしてくれていて
こうやってサルがいるとわざわざ教えに来てくれたのに
遠すぎて撮れませんなんてとてもじゃないが言えなかったからである。
昨日の晩は晩で、TVでフットボールの試合やってるから
ばばるには特別に見せてあげると誘われるも
フットボール興味ないしポルトガル語わかんないからいいとニベもなく断ったのだ。

ビレッジ散策


 バッチリ撮れたと思って
 嬉しそうなガイドさんに
 わざわざ呼びに来てくれて
 いいものを見せてくれて
 どうもありがとうとお礼を言い、
 再び昼寝をしにロッジへ戻る。

 道中、私の前をタタタッと
 横切るものがあった。

前半分が緑色で後ろ半分が赤い色の20cmほどのきれいなトカゲだった。
ヘビワニトカゲカメは虫と同じくらい苦手な生き物なのだが
あまりにも鮮やかでキレイなので思わず追いかけてしまった。
ガイドさんは全身が真緑のもっとデカイのとかもいるよと教えてくれた。
イグアスの滝では60cmくらいの巨大なトカゲを見かけたが
色が茶色でとてもグロテスクだったので見ないフリをしたのに。
去年行ったタイでも30cmくらいのでっかいトカゲはいたが
やっぱりグロテスクでこんなキレイじゃなかったのに。
いいものを見たとウキウキしながらロッジへ戻る。

ロッジの前にて
動きまわった上に日差しが強く、
暑くなってきたので
シャワーを浴びることにした。
しかしここはお湯が出ない。
ただ、私はお湯が出なくても
水の出が悪くチョロチョロでも
一向に気にならない。
例え下が泥や土でも
水垢でヌルっとしたコンクリートでも
サンダルを履いてればへっちゃらだ。
それは、今まで参加してきた
サファリやトレッキングツアーで
鍛えられている所以である。

お風呂を終えてさっぱりした後、再びハンモックで横になる。
本を読みながらゆらゆらと揺れていると
トントンとドアをノックするような音が聞こえてきた。
しばらく聞いているとトトトトトトトト・・・・と、激しくなったりもする。

キツツキ
 本から顔を上げ、
 ロッジの前の木々を眺めていると
 すぐ傍の木に動くものがあった。
 キキキ・・・キツツキだ!
 とても小さなキツツキが
 目の前の木を叩いていた。

かわいいなあと眺めていると、遠くの木には大きなキツツキが
後から後からやってきて、みんな必死に木を叩いている。
思わず立ち上がり、口を開けて見ているとイギリス人夫妻がやって来た。
"ばばーr、何やってんの。"
"うっどぺっかーがいるのです。ホラ、あそこ。"
しばらく3人で見ているとドイツ人のおっさんも加わった。
4人になり、みんなで見上げていると別のグループの人もやって来た。
どこにいても人は人の視線の先が気になるものらしい。
イギリス人の奥様にどうやって見つけたんだと聞かれたので、
いやまあ、そこにいましたと答える。

とりあえず時間が来たので私は一旦部屋へ入って着替えをした。
みんなで集合場所へとぞろぞろ歩きながら、
"ガイドさんに教えてもらって先ほどサルを見ました。
その後、赤と緑のキレイなトカゲを見ました。"
という話をすると、イギリス人夫妻はわーおと感嘆の声を上げながら
自分達も見たいので、今後ばばーrと行動を共にしたいと言った。
その足元を、灰色の小さなトカゲが横切っていった。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
10

01

edit
toyo [No.2587 - 23:14 2007]
すごいですねぇ。
見る写真見る写真全てが別世界です。
それにしてもトカゲを見て「いいものみた」とは。ばばるさんは肝っ玉座ってますねぇ。
いろんな人と回っても物怖じしないところも素晴らしいです。
10

01

edit
ととろ [No.2588 - 23:17 2007]
お久しぶりです。
実はしばらく巡回をしてなかったので、ばばるさんの腰痛が悪化していたことも、ナントブラジルへ旅行されていたことも知りませんでした。
でも、今遡って旅行記を楽しませて頂いています。
滝の写真が迫力満点でやっぱり外国だなぁってドキドキしちゃいます。
実物をしっかり体験されたばばるさんの感動はさぞかしでしょうね。
それにしても最後の一行、ばばるさんが幸運を呼ぶラッキーガールのようで物語のような展開ですね♪
10

02

edit
まゆび [No.2590 - 18:16 2007]
ばばるさんって!!ラッキーガールなんですね!!
いろんな動物が見られて本当に
うらやましい♪
私も旅行の際にはばばるさんをお借りしたいです。(笑)
10

02

edit
mixbabar [No.2592 - 19:31 2007]
>toyo殿
こんばんはー。
帰って見てたらアマゾンは木とか果物ばっかで
大して珍しい写真がないなーと思ってましたが
そうおっしゃっていただけると嬉しいです☆
トカゲは苦手な部類なんですが
アレを見たらtoyo殿もきっといいものを見たと思われることでしょう(笑)
すっごく鮮やかで花のようなトカゲでしたからー☆
10

02

edit
mixbabar [No.2593 - 19:34 2007]
>ととろ殿
こんばんはー。
私もすっかりご無沙汰で本当に申し訳ないです(汗)
腰は治ったと思ったら悪化して
通おうと観念したら治ってきてと
なかなか厄介なのですが病院では結構リラックスできるので
500円でこんないいリフレッシュができるなら
あながち腰が痛いのも悪くないなと最近思ったり(笑)

ブラジルは滞在期間が短かったせいもあって
あっという間に過ぎてしまいましたが
本当にすばらしい場所でぜひともまた行きたいと思いましたよ!
もうしばらくは旅日記が続きますが
またお時間がありましたら覗いてやってくださいね☆
10

02

edit
mixbabar [No.2594 - 19:37 2007]
>まゆび殿
こんばんはー。
アマゾンでは動物を見ることは稀だと聞いてたので
諦めてたんですがサルや鳥を見ることができて
とっても嬉しかったんですよね☆
一人で、しかも言葉もわからなかったから
木とかを見てる以外することがなかった事が
一番の要因なのかもしれませんが(笑)
とにかくラッキーでした☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。