続続・よいこの1日  -

04« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

25

22:46
Sun
2007

No.0327

誘拐

同じ場所へ行くならば経路を変える。
これが最近の私の楽しみ方である。
いつもはばばる県を縁取るように走って向かう県南へ、
今日はやや中側を通り、サルだのシカだのを眺めながら峠を越えて向かった。
行き先は3度目の正直、かばんの中身をぶちまけたあのヲーターフォール。

道の駅でトイレへ行ったり途中で車を停めて紅葉を眺めたり窓を開けて走ってみたり。
思えば車のドア或いは窓をよく開けた。
いや、目的地に大量にいたからあそこの駐車場かもしれない。
とにかく帰りの山道でお客様が乗っていることに気づいた。

今回の峠、県南側は割りとちゃんとした道だった。
しかし県中側は、道自体は悪くないものの細い上にガードレールがない。
紅葉が美しいのは県中側なのによそ見できないという悩ましい道だったのである。
私がお客様に気づいたのはその県中側の山道を半分くらい過ぎた辺りだった。

微妙な季節の県南は市内よりも2度ほど気温が高く20度。
しかし峠道は若干高度があり木々のお陰で日光も当たらず、
上りきって下りに入る時の気温は10度を切っていた。
県南仕様の服を着ていたため、さぶいさぶいと窓を閉めると
左目の端で、窓にホクロのような黒いものが引っ付いているのを発見。
ちらりと目をやると、ハエだった。

窓の外にとまってるのかねと思った1秒後、自分をバカだと思った。
念のためもう一度チラ見すると、やはり車の中にいる。
私、虫はどうも苦手なもんでどうにかして外に出したい。

とりあえず窓を開けてみた。
動じないハエがそこにいる。
ちょっと考えてから窓を全開にした。
足場を失ったハエは窓の溝にはまってじっとしている。
しばらくそのまま走ってみたが動かず、こちらも寒いので諦めて窓を閉めた。
ハエはガラスに戻った。

いやーな気分になったが山道に集中していると、
彼(彼女?)から意識が逸れた一瞬の隙にハエが消えてしまった。
ドキドキしながらハンドルを握り締める。
次の瞬間、ハエは私の右上辺りにいた。驚いた。
わっっと言うと、向こうもわっっと言いながら飛び、
今度は右側の窓に張り付いた。近い近い近いってば。
しかも窓ガラスを歩くもんで怖くなって硬直しつつ峠を下りた。

大分長い間、このハエと仲良しこよしのドライブを続けたと思う。
トンネルだって共にくぐった。小さな橋も一緒に渡った。
だからと言って別に愛着が湧いたわけではないけれども
この県南から連れてきた(と思われる)ハエをここで外に出したら
この後どうやって生きていくのだろうと思った。
もし、かのんやうさぎやハリがある日突然県南で放置されたら
間違いなく自力では帰って来れまい。
私は必死で捜索するだろうが見つけられる自信はない。
もし、私がある日突然県南で放置されたら・・・間違いなく自力で帰って来る。
いやいや、この小さなハエが車で2時間も離れた場所に連れてこられたということは
私にしてみれば日本の端っことかの勢いか地球の裏側・・・まではいかないか。
どっちにしても私ならば自力で帰って来る。
が、このハエは。

ハエにしてみれば他所に連れてこられたという認識もないかもしれない。
県南とこの山道では10度も気温が違うのにそれでも同じだろうか。
・・・同じだろう。食べ物さえあれば。
むしろこのハエは県南産のハエではないかもしれない。
確かにあの場所ではハエが至るところで無数に飛んでいたが
このハエはそもそも誰かが自宅のハエを知らず知らずに車で県南へ連れて行ったハエで、
そのハエをまた私がこの県中へ連れてきたということだってあり得る。
考えれば考えるほど難しくなってきた。

そうこうするうちにハエがまたトコトコと歩き出したので
恐れをなした私は急いで窓を開ける。
ハエは、今度は下がる窓にあわせて上へ上へと登り、立派に外へと飛び立った。

群れていた仲間もおらず、未踏の地であのハエは
これからどうするつもりだろうか。
いや、多分何も考えてないだろうとは思うが。

ハエが去った後、家までの1時間弱を私は
もと来た道を引き返してハエを県南のヲーターフォールがある山まで
送り届けている自分を想像することに費やした。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
11

26

edit
snk [No.2752 - 00:46 2007]
山奥への風景は
かばんをぶちまけた季節とはすっかり変わっていたんじゃない~?
暖かくなったら山奥へいったついでに勝手に植樹してみてはどうですか
訪れる度にゆっくりと成長していく樹をみるのが楽しみになるかもしれません。
11

26

edit
mixbabar [No.2753 - 19:25 2007]
>snk殿
こんばんはー。
お久しぶりです。
植樹・・・そりゃぁいい考えだ!
じゃあ、今度一緒に植樹に行きましょう。
ポプラを植えて大きくなったら
うさぎに齧らせて
ハリの敷材にするのです。
次にsnk殿と会う予定はこれで決まり。
11

26

edit
snk [No.2754 - 23:07 2007]
成長すると楽しいもんですよ。
実はもう身近な所で実現していて、
普段見ることができる場所に、イチョウとゴールドクレセントと八重桜を植えています!
伐採されないかという不安がありますが、いまでは自分の背丈よりも高くなってますよv-255
11

27

edit
enu [No.2755 - 16:22 2007]
こんにちはー。ばばるさん。
うーーん・・・。このハエさんの運命は・・・・。
多分・・・。どうもこうもならないのは十分にわかっているものの・・・。私も考えてしまうことがあります。
このカマキリの・・・。必死にしがみつくカマキリの・・。とか。
知らん知らんとクールぶってもやっぱり気になる・・・。
それにしても、車中に・・・。虫がいるなんて・・・。
これ、マジ怖いです。
後ろに女の人乗ってない??位怖いです・・・。
11

27

edit
toyo [No.2756 - 21:57 2007]
ハエとも仲良し(?)になれるなんてムツゴロウさんを超えましたね。(笑)
どこに放り出されても帰ってくるbabarさんのたくましさもムツゴロウさんを超えているような気がします(笑)。
11

27

edit
mixbabar [No.2757 - 22:06 2007]
>snk殿
まじですか。
そりゃぁ羨ましい話を聞いた。
私もやりたい。。。
でも庭以外の場所がいいなぁ・・・
11

27

edit
mixbabar [No.2758 - 22:09 2007]
>enu殿
こんばんはー。
虫って不思議ですよね。。
一体何を考えてるのか全くわからないし。
不敵な顔をしてますが結構か弱い生き物だし。
でも後ろに女の人って!(笑)
めちゃくちゃ怖いじゃないですか!!
11

27

edit
mixbabar [No.2759 - 22:14 2007]
>toyo殿
こんばんはー。
イヤ、仲良しってわけじゃぁ・・・
うーんやっぱり仲良しかも。。。
ひと時とは言え、同じ空気を吸った仲ですから(笑)
ムツゴロウを超えてますでしょうか(笑)
いやいや、私だけでなくきっと誰でも
その気になれば自力で帰って来られますよ。
きっとtoyo殿だって太平洋を泳いで横断するくらいの
内なる力を秘めてる・・・と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。