続続・よいこの1日  -

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

14

22:42
Mon
2008

No.0352

親の心子知らず

私には子供が3人、いや3匹いる。
彼らの世話をするのは普通に結構大変である。
世のうら若き20代女性よりも私が所帯じみているなと思う人がいれば
その辺のことをどうか考慮して欲しい。

長男のかのんは、私が眠い目をこすりながら
朝の5時に起きて散歩へ行こうと声をかけると眠いからイヤだという。
冬なんかは起こすとキバを剥いて怒り、毛布の下へと帰っていく。
春先~夏はまだいい。5分くらい揺すっているとそのうち目が覚めるから。
ただ、目が覚めたら覚めたでぐずぐずしないで早く外に出せと吠える。
外に出たら出たでしばらくというか10分も歩くとだるいと文句を言う。
それでも励ましながらお散歩を続け、やっと家に着いたかと思うと
最後の50mは突然猛ダッシュ。
お互いトシなんだからさ・・・と、毎朝この瞬間に思う。

次男のうさぎは、几帳面である。
おもちゃでも何でも出しっぱなしにするかのんと違い、
ご飯を食べるのも上品だし暇があったら毛づくろいするか水を飲むかだ。
もちろん、トイレだって大概はちゃんと決まった場所でできる。
私も実はキレイ好きなのでうさぎの家は毎日洗ってあげる。
トイレもちゃんとトイレ用洗剤で毎日洗ってピカピカ・・・なはずなのに。
ある日を境に粗相が多くなる。
粗相が多いと日々の掃除は格段に大変だ。
そんな日が3日ほど続くと私はトイレを買い換える。
すると、彼は新しいトイレの上にかしこく座って用を足すのである。
どうやらトイレが古いとお気に召さないらしい。
汚いトイレはうさぎがイヤだろうと私は毎日彼のトイレを磨いているというのに。
どうも、彼にとっての問題は汚れの有無ではないらしい。

末っ子のハリネズミは・・・
何というか、懐かない。
実はまだ懐かないのである。
ご飯を持って行った時にたまたま起きていても
目が合った瞬間に「やべぇ・・・」とでも言いたげないやーな顔をする。
そして動きが止まる。
しばらく見ていると、じりじりと少しずつ後ずさって
滑車の後ろとか寝袋の中とか牧草ハウスの中とかに逃げていく。
うさぎよりも小さい癖にうさぎよりも大きな豪邸に住み、
飲み水はミネラルウォーター。(うさぎはミネラルウォーターがお嫌いらしく
水道水の置き水しか飲まないだけだけど。)
私の月々の電話代より高い滑車で夜中回りまくり、
わざわざトイレを設置しているにも関わらずその滑車がトイレ代わり。
パイン材はダメとのことでポプラのおが屑をお取り寄せ。
寒さに弱いからと激高灯油のファンヒーターを独り占め、
暑さにも弱いからと夏場は大理石の上で寝そべる生活。
そしてせっかくおやつを買ってあげても気に入らなければ全て吐き出し、
もっといいものないかないかと手によじ登ってくる。
さすがは末っ子、大変な我がまま坊主(娘かも)である。

本日、風邪を引いてすぴすぴ鼻を鳴らしながら
寝ているおかーしゃんは、何を思って日々を過ごしているだろうか。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。