続続・よいこの1日  -

04« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

24

23:28
Thu
2008

No.0360

疑惑 その後

先日の記事に書いた、近所で死体が見つかったという事件。
実はあの事件は本当の話だったらしく今日の新聞に記事が載り、
ばばる社の、とある課のデスクの一角に私は呼び出された。
ここってbabarさんの家の近くじゃないのと。
ああ、おかーしゃんはオレオレ詐欺紛いの被害者じゃなくてよかった。
その記事を見たとたん、私はそう思った。

見つかった女性は最近まで入院していたらしく、
外傷のないところを見ると殺人ではなく、別の場所で亡くなったのを
誰かがアパートの前へ運んで遺棄したのではないかと調べているとのこと。

それ、先週の事件でしょうけーさつが来たとおかーしゃんが言ってました。
噂話好きなオツボネ殿達にそう答えると、
そんな早くに知っていたのならばどうして教えてくれなかったのだと怒られた。
インサイダー情報ですから・・・なんて言うと冗談でもヒンシュクを買いそうな勢いである。
私は確かに彼女達に自分が知っている情報を与えなかった。
が、それはこの事件が事実であることを知らなかっただけで他意はない。
自分の身の潔白を証明するため、私は必死で
「いやね、あれからけーさつの人は何も言ってこなかったし
私はまたおかーしゃんがオレオレ詐欺に引っかかったんだと思ったので・・・」
と、弁解するとオツボネさまは
「babarさん、おかーしゃんがかわいそうじゃないのウソツキ呼ばわりしてっっ」
と、ますます自分の分を悪くしてしまった。

けーさつの人に早朝散歩のことは伏せといたと耳打ちしてきたおかーしゃんだって
私のことを疑っているのだと私は声を大にして主張したが
庇ってくれたおかーしゃんに感謝こそすれ、ウソツキ呼ばわりした挙句に
我々に情報を教えてくれなかったと、ますますますます私の分は悪くなった。

私は、そんなことより誰が遺棄したのかについて話し合いませんかと提案したが
皆、事件に対する興味は既になくなっていたようで
忙しいんだからそんなムダ口叩いてるヒマないのよbabarさんと
柔和な笑みを浮かべながらオツボネ殿達はてんでばらばらに去って行った。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
04

25

edit
kinaruf [No.2912 - 04:51 2008]
おはようございます。
そうですか。そんな事件だったのですね。
めずらしい、あんまり聞いたことがない話ですね。
それにしてもなんか物語のありそうなことです。
だれが遺棄したか、好奇心の固まりのような僕はものすごく気になります。 
 この人の恋人かなんかでしょうか。
 でも遺体はものすごく重くてもてないし???。
 それとも病気のからだで、アパートまでなんとか戻って来て、そこで息絶えたとか…。
 かぎりなく想像しそうなんで
 もうやめます

 このなくなった人の人生どんなものだったのでしょうか。 
04

25

edit
mixbabar [No.2913 - 21:32 2008]
>kinaruf殿
こんばんはー。
む。ミステリ好きですか??(笑)
この女性、歳は54歳で糖尿病を患って入院していたそうです。
しかも倒れていた場所とは違う別のアパートの住人だったらしいですよ。
謎は深まります。。。

当の本人も驚くような最期で
ほんとうにこの人の人生にはどんなドラマがあったのでしょうね。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。