続続・よいこの1日  -

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

06

23:20
Tue
2008

No.0367

2周目の憂鬱

去年から始めた3年日記が
丁度、今日で2年目を迎えた。
今日からまた1ページ目に戻るのである。

さて、ここ2ヶ月ほどの私は谷崎潤一郎にハマっている。
実は私はこれまで「春琴抄」くらいしか読んだことがなかったのだが
「細雪」を読んでから何となくずっと読んでおり、
G.W.前に「鍵」という話を読み終わった。
これが文章も内容もなかなか曲者で読み難く、大変苦労した。
夫婦の日記が交互に出てくる手法で話が進んでいくのだが、
今日は、この小説について語りたいわけではないので
話の筋は取りあえず置いとくことにして。
とにかく、夫が最終的に病で死んでしまうのだが
この小説と関係のないところで私はとても心配になった。

もし私が不慮の事故とかで死んでしまったら、
いや、どこかで変死体になって見つかったりしたら、
ベッドの上にいつも無防備に置いてある私の3年日記が
人の目に触れることになるだろう。
それは、とても、困る。

こうやって毎日ブログを書いて自分の日記を
他人に読ませている私ではあるがそれとこれとは話が別だ。
汚い字で殴り書いていたり妙な妄想(?)を綴っていたり
とてもじゃないが人様に見せるような代物ではない。
きっとそこには事件に関する手がかりなんてこれっぽっちも入っていないのに
捜査だ何だと赤の他人に回し読まれるなんて、
もしくはおかーしゃんや姉pinguが夭逝した私を偲んで
この子ったら・・・ううぅぅとか何とか涙ぐみながらページを繰るなんて、
そんなことになったら恥ずかしくて死んじゃう私。
いや、死んでしまったから読まれているのだけれども。
要するに2回くらい死んでしまうほど、読まれるのは、困る。
本当に、困る。

鍵をかけようにもこの日記にはそんなものついていないし
隠そうにも天井を剥がして・・・なんてことをやるのは毎日寝る前に忙しい。
人間、いつ死ぬかわからないのに週末だけ隠してみたところで
平日に死んでしまったら意味がない。
仕方がないのでやっぱり今もベッドの上に置いてあるのだ。

どうしたものかと悩ましく日記をペラペラめくっていると、
おや、と思った。

何を書いているのかわからない。

書いた自分でさえも何のことだかわからない部分が多々あり、
何となくでも意味のわかる日記は半分くらいしかなく、
これでは2周目の私が去年の今日を懐かしむなんてできそうにない。
ましてやけーさつの人やおかーしゃんやpinguが読んだ所で
手がかりも掴めなければ涙も誘わないことは間違いなさそうだ。
それで私は少しだけ安心し、
2周目もこのまま意味不明の日記を書き続けようと
決意を新たにしたのである。

が、やっぱり日記は日記、どうも読まれるのはイヤだ。
「ベッドの上にある日記には何もいい事は書いていないので、
これを読んだ人は私の腕時計をあげるから
1ページも開けずに日記を棺桶に入れること。」
と、遺言でも書いておこうか。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
05

07

edit
bacchus [No.2952 - 01:42 2008]
腕時計は取られるし、日記も読まれるんですよね。
ただ日記って昔書いたことあるけど、やはり読まれてこそなんだと思いますよ。死んだ人が誰であろうが、人の日記は読みたいもの。だから読ませないといけないのです。必ず自己主張がそこにはあるはずで、それは単なるマスターベーションではなく、たとえそうであったとしてもそれは見せるべきものなんですね。その人の真実が見えて来るんだと思いますよ。だから、読ませて、死んだら(笑)
05

07

edit
kinaruf [No.2953 - 05:16 2008]
おはようございます。
すごいです。
日記をつけることができる人は尊敬します。
僕はなんども試みていますが、すべて挫折。
10年日記を買ったこともありますが、
三ヶ月で終わり…。

きょうのおちの部分がやっぱりいいですね。
05

07

edit
mixbabar [No.2957 - 22:37 2008]
>bacchus殿
こんばんはー。
>>腕時計は取られるし、日記も読まれるんですよね。
そうそうきっとそうです(笑)
でもそんな事したら化けて出てやる勢いです。
ただ、その人に霊感がないと
気づいてもらえそうにありませんが。。。

日記は・・・
私は例えマスターベーションでも
私の真実が見えてこなくても
この日記だけは絶対見せたくないです(笑)
死んだ後に読まれると
むしろ生き返るかもしれません(笑)

05

07

edit
mixbabar [No.2958 - 22:41 2008]
>kinaruf殿
こんばんはー。
私も以前まではそうでした(笑)
最長1週間・・・
今回のこの日記は某文具卸会社に勤めていた友人にもらったもので
先にその友人が使っているのを聞いて
羨ましかったので自分も欲しいと
買ってもらったんです。
サボる日もありましたが
不思議と今回は続いてますよー。

>>10年日記
そ・・・そんなのもあるんですね!
気の長い話です(汗)

オチは・・・書いてる途中で収拾つかなくなったので
ムリヤリ終わらせたんですが
そうおっしゃっていただけると安心しました(笑)
05

07

edit
bacchus [No.2960 - 23:43 2008]
コメント笑えました。
死んだこと無いのでわかりませんが、仮に意識があったとしても、感情も欲もない世界だと思うので(あくまで仮定)、人に読まれても恥ずかしいという感情はないはずです。
あるとすればまさに成仏できないbabar殿ということになります。現世に強い未練を残したということになります。
以前紹介しました流星ワゴン読んでみてください。成仏しきれない親子のストーリーです。
05

08

edit
mixbabar [No.2961 - 00:09 2008]
>bacchus殿
こんばんはー。
笑っていただけましたかよかった(笑)

>>現世に強い未練を残したということになります。
もちろん、日記をその辺にほったらかしてしまったという
未練が残って成仏などできそうにないでしょう(笑)
流星ワゴン、以前記事で読んで興味を持ったので
必ず近いうちに読んでみたいと思います☆
05

08

edit
クロネコ [No.2962 - 19:23 2008]
日記ではありませんが、私も他人が手にとることを思うと死んでも死にきれないものがあります。だから病気で死ぬならまだしも、事故で突然死なんて絶対嫌です。もしも処分する時間がないなら、部屋ごと火を放ってしまおうと考えたこともあります。

でもbabarさんの3年日記は読んでみたいかな(笑)
05

10

edit
mixbabar [No.2965 - 23:55 2008]
>クロネコ殿
こんばんはー。
私にはクロネコ殿の「他人が手にとることを思うと死んでも死にきれないもの」
が一番気になります(笑)
えーと、
「どちらかが死んだ場合、中身を見ることなく相手のブツを処分する」
という協定でも結びませんか(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。