続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

04

20:41
Sun
2008

No.0371

脱・独りよがり

銚子が嶽

今日もダメだった。もう帰ろっと。

山の中腹で2時間程彷徨い歩き、一旦諦めて民家の方まで戻ったものの、
方向的には間違えていないことは確かなのでどうしても諦めきれず
田んぼをしていたおっさんに尋ねて道を聞き、再び登ってきた。
途中、林道がどうしても怖くて上がれずに車をその辺に放置して
歩いてヲーターフォールを目指す。
10歩進むたびに1匹ずつトカゲが尻尾を切っては置いていく。
草むらに逃げ込む音がする度にビクリと肩を震わせる。

峠までは難なく来れた。が、三叉路でどの道をゆけばよいのかわからずに
岩の上にビッシリ咲いているツツジの中に一旦埋もれて考える。
よし右だ、と歩を進めるもいつまで経っても谷が出てこない。引き返す。
三叉路のもう一つの道をゆく。開けた野原に出た。谷はない。引き返す。

今日もダメだった。もう帰ろっと。
そう決心して顔を上げると、正面の山がピンク色だった。
何だあのキレイなのはと眺めていると、さっきの野原の方からおばあさんが二人やって来た。
そっちの方には何か楽しいものがありますかと聞いてみると、
私たちはあなたが見ているあのピンクのところから来たのですよとおばあさん。
えええあそこに行けるのですかと私。
おばあさん達は、野原を過ぎてずっと歩けば30分くらいで着くと教えてくれた。
どうもあのピンクはアケボノツツジという高山の花でこの辺じゃ有名な名所らしい。
で、滝はありますかと念のため。
えっ滝・・・?あなたツツジを見に来たんじゃないのと怪訝な顔をする。
ツツジは初めて知りました。小さな滝があると聞いてやってきたのですと説明すると
変わった人ねと言いながら、あのピンクの真ん中が窪んでる辺りが滝ですよと指差した。

ありがとうとおばあさんにお礼を言い、歩き出した。
野原を超え、凸凹のなだらかな道をひたすら進む。

そうこうしているうちに谷が現れた。
嬉しくなって自然と早歩きになり、小川を渡った辺りで足を止める。
私としたことが、何と鼻水が出てきてしまったのだ。
鼻水垂らすなんて私ってばと、とっさに持っていたタオルで拭うと鼻血だった。
どうやら帽子も被らずに歩いたためらしい。
自分では日陰を選んで歩いていたつもりだったが、
無意識のうちに日向へ日向へと歩いていたことに初めて気づく。。
白いタオルに水玉模様をつけながら、それでもピンクの谷を目指した。

銚子が滝ツツジの見ごろは先週だったらしい。
いざピンクの谷間に着いてみると、
他の木々たちが育ちすぎていて
見上げてもピンクは殆ど見えなかった。
滝も木々の後ろに隠れている。
ツツジが生えている岩に登れば
こんな近くで見れるわよと、
すれ違い様におばさんが顔を近づけてきたが
私にはあの絶壁をよじ登る体力などもうない。

しばらく滝の前に座り込んでいると
次に通りがかった2人組みのおばあさんが
温かいお茶とお菓子をくれた。
また岩登りを勧められたため
今日は滝を見に来たのだと告げると、
ツツジじゃなくてこんな名もない滝を見になんて
変わった人ねと笑った。

お茶やお菓子のお礼を言って立ち上がるとおばあさんも立ち上がり、
次回は別のルートからも来てぜひとも岩の上でツツジを見なさいなと言ってくれた。

何時間も迷って歩いていたため、夕方が近づいていた。
初めて来た山はお昼の明るさがあるうちに下りなければと、
車を放置した場所までの1時間程を早足で戻っていく。
もう、トカゲが尻尾をおいてカサリと物音を立てても驚かなくなっていた。

今日は滝が見えた。きれいなツツジも遠巻きながら見えた。
そうか。人に聞けばよかったんだ。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
05

05

edit
kinaruf [No.2943 - 07:22 2008]
おはようございます。
>そうか。人に聞けばよかったんだ。
この終わり方がいいです。
が疑問が残るような…。
そもそも人に会うことができること事態が稀ではないか?(笑)
でもこのボケ具合がいい感じですね。

ツツジ、この写真、見たとたんに、咲いてるのを見つけましたよ。
お日様が当たるところに出てくる。
岩場とか、崖とかに咲いてます。

ブログきれいになりましたね。
なんかすがすがしくなった感じ。

05

05

edit
mixbabar [No.2944 - 09:25 2008]
>kinaruf殿
おはようございまーす。
>>そもそも人に会うことができること事態が稀ではないか?(笑)
確かに(笑)
今回は「四国のみち」だったので
たくさんの人々が来てたので良かったですが
普段の場合は民家を訪ねて聞かねば
おそらく誰かに会う可能性は低そうです・・・

ツツジ、薄ーいピンクなのですが
山々の中でもこの岩壁だけに密集して咲いていたので
とても目を引きました。
ツツジって色々種類があるんですね。。。

テンプレの背景は白がいいですね。
長々書くことが多いので
白背景に黒文字が一番読みやすい気がします。
ただ、私のパソコンではこのテンプレ、
1cmほどの横スクロールが出てしまうので
お直し必要かもしれません(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。