続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

15

21:16
Thu
2008

No.0379

母は強し

一昨日は久しぶりにたっぷりの雨が降った。
雨に溶けるといけないので、こんな日は
仕事が終わるとおかーしゃんにお迎えをお願いする。
そして実は、この日の私にはある"たくらみ"があった。

先にも述べたが私のおかーしゃんはとてもせっかちなので、
用があって電話をかけるといつも決まって
私の話を聞き終わらぬうちに電話を切る癖がある。
たとえ、携帯喪失時の公衆電話や会社からかける電話であっても
途中で「わかったよー」とかなんとか言いながら
一方的に電話を切って私を怒らせる。
何度言っても直らない。
一緒に住むおかーしゃんへの用件は
大概が「雨だから迎えにきておくれ」というものなのだが、出ると第一声は
「雨だから迎えに来てでしょ。わかったよー今から行くからほな。ガチャ。」
私が今どこにいるかくらいは聞いてから電話を切るようにといつも言っているのに、
何度言っても直らない。

そこでひとつ、仕返しをしてやろうと思った。
その仕返しとは、おかーしゃんよりも先に電話を切ること。
おかーしゃんより先に切る切ると心の中で反芻しながら電話をかける。
「あ、babar-。迎えに来てだ・・・」
と、いつもの第一声を言い終わらぬうちに
「うん。そうー。ハーゲンダッツの前にいるからよろしくー。ほな!!ガチャ。」
・・・やってやった。遂におかーしゃんの電話をこっちから切ってやった。
勝ち誇ったように電話をパチンと折りたたんだ。

おかーしゃんは、近くまで来るともうすぐ着くよの電話をかけてくるので
仕返しはもう1回できるはずである。
私は、わくわくしながらおかーしゃんからの次の電話を待った。

案の定、電話はかかってきた。
心を落ち着けて通話ボタンを押す。もしもしー・・・
「あ、babar-。今そっちに行ってるからねー。で、〇▲~×※◇、、、ガチャ。」
・・・切られた?
おかーしゃんの声が遠くなっていくなと思った瞬間、
突然、電話を切られてしまった。
何だか負けた気分である。
かけてきた当の本人が喋っている最中に自ら電話を切るなんて。

そんなわけで私の謀は、見事失敗に終わった。
こんなおかーしゃんにはとてもじゃないけど敵わない。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
05

15

edit
kinaruf [No.2984 - 22:03 2008]
ばばるさん、
こんばんはー
電話をきるタイミングは人によりますね
あんまり考えたことなかった。
電話の切るタイミングは考察に値します。

おかあさんの性格というか人柄がよく出ていますね。
ふと疑問が…
このブログ、おねえさんのpinguさん同様に
おかあさんも見ておられるのでしょうか?

おかあさんにも一言ご意見を聞きたいような…(笑)
05

17

edit
mixbabar [No.2985 - 16:59 2008]
>kinaruf殿
こんにちはー。
電話を切るタイミングって難しいですよね。
親密じゃない人の電話ほど
いつ切ればいいのかわからないです(笑)

うちのおかーしゃんは・・・
田舎のおばちゃんなので
ネットはあまり触らないんですよね。
TV番組表とかTVドラマのサイトとかを
時々見てる形跡がありますが(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。