続続・よいこの1日  -

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

25

21:07
Sun
2008

No.0385

ミステリー

大神子海岸


山を超えると海がある、ここは大神子海岸。
昔は海水浴場だったらしいが現在は地形の変化により
ドザエモンが耐えない非常に危険な海。
ただ、バーベキューの施設や公園、テニスコートなどの設備があり
いつもたくさんの人が訪れている場所である。
で、写ってないけどこの隣には小神子海岸がある。
大神子海岸とは対照的に大変静かな海岸となっている。

看板
 この大神子海岸の展望台から
 遊歩道のコースを発見、
 ちょっと歩いてみることにした。
 海だと言いつつ、
 結局今回も山の中である。

 お四国の道から入り、
 もちろん最初は阿波の道。
 讃岐→伊予→土佐の順路とする。


お四国の道は10mおきくらいに地蔵が立っている。
88体あるのかねなどと思ったりもするが数える根気はない。
しかもクモの巣が常にふわふわと浮いており、
払いのけるのに必死でお地蔵さんどころではない。
ここへ来るまでの車道では山歩きの方々がたくさんいたが
どうしてこんなに整備された徒歩者のみの道を通らずに
車と同じ道路を歩いているのか甚だギモンである。

遊歩道は殆ど階段でできている。
運動不足の体にムチ打って歩いていると一人の少年とすれ違った。
こんな所で何やってるんだしかも一人で。
しかし、かく言う私も一人なのでこういう人もたまにはいるのだなと
なぜかアセアセしている少年に小さく会釈して通り過ぎた。

所々、ベンチなども置かれている親切な遊歩道だが
座る者は雨か虫くらいなものらしく、非常に汚い。
石でできたタヌキや竹輪?巻物?のようなものやクジラ、カメなどの
変なオブジェがあったり四国の名所の写真がパネルになって
点々と設置されているのを一つ一つ眺めながら
遊歩道は海に向かって下へ下へと降りていく。

そう言えば、大神子海岸と小神子海岸の間には
忘れられた海岸がもう一つあると聞いたことがある。
道はなく、海から船で行く以外は山側からは辿り着けない場所とのこと。
この遊歩道からその海岸が見えるのではないかと思いついた。

相変わらずクモの巣にかかりながら、
「一人のぞうさんくもの巣に かかって遊んでおりました・・・」
なんて歌なんかも歌いながら階段を降り続けた。
クモの巣にかかっても愉快でもなんでもなく、
むしろ不快な私は、もう一人おいでとは呼ぶ気になれずただひたすら歩いた。

木の枝からぶら下がっている青虫の襲撃を半泣きで交わし、
でっかい蚊を払い、実はTシャツで歩いていたので長袖のシャツを羽織り、
讃岐の道に差し掛かったところで今度は作業服のおっさんらしき人に遭遇。
と、いうかおっさんは日当たりのいいベンチの上であっちを向いて眠っていた。
彼の奥に名所パネルが1枚あるのにお陰で見られない。
見られないとなるとどうも見たくなるものだが彼はぴくりとも動かない。
起きたら実は鬼でした。みたいなことになってもイヤなので
ここはそのまま素通りすることにする。
にちようびのこんな1本道の遊歩道で作業服のおっさん?
まあ、何を着ていようとカラスの勝手ではあるけれども
どうもこの遊歩道にいる人はみんな変。

階段を降りきった伊予の道はじめじめとしていて植物も他の道とはちょっと違う。
タケコプターのようなシダが鬱蒼と茂っていて水の音も聞こえる。
沢に沿って歩いていると向こうの方に海が見えた。

海1



うーん・・・・

海2



 うぅーん・・・

海3



んーんん・・・

どうも見えない。
遊歩道をそれて小神子方面への脇道に入ってみたら見えそうな感じもしたが
そこら一帯が湿地帯になっていてぐにゃぐにゃしたので途中で怖くなって引き返したのである。
海の方を気にしながら土佐の道へ向かって登りの階段に差し掛かると、
足が20本くらいある白い虫がアリに運ばれていた。
怖すぎる。足がいっぱいなのはムカデとネコバスだけで十分だ。

土佐の道から
最後の土佐の道からは
讃岐の道?の一片が見えた。
こうやって見てみると
遊歩道は噂の海岸に結構接近している。
伊予の道をもう少し下へ伸ばせば
海岸へ下りられそうなのに
道を作らないのは故意なのか。
いわくつきなこの土地だけに
何となく不信感が残る。

もう一つ、讃岐の道にいた
あのおっさんはちゃんと起きて
帰っただろうか。
暗くなってあの道を歩くのは
さぞ怖かろうに。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
05

26

edit
kinaruf [No.3006 - 00:53 2008]
こんばんは。
めずらしく夜のコメントとなりました。
不思議な四国のミステリー、
おもしろく読ませてもらいました。
>どうもこの遊歩道にいる人はみんな変。
不思議な人たちと出会うということはあるものなのですね。
そう云えば、来週は四国に出張することになっていることを
ふと思い出しました。
 高知に行くのに電車か船か飛行機か、自動車にしようか、
まだ決めていない…。
05

26

edit
mixbabar [No.3007 - 21:25 2008]
>kinaruf殿
こんばんはー。
ほんとだkinaruf殿がこんな夜にコメントを!(笑)

この遊歩道、誰もいないしいても変な人だし
異空間さながらでした(笑)
結構新しい遊歩道なのにすでに寂れて
企画倒れの感無きにしも非ずです。。。
1時間くらい階段を昇り降りするので
結構な運動だと思うのですが・・・

kinaruf殿、四国へ出張ですか!!
それはぜひともフェリーで徳島を経由し、
その後バスで高知がオススメです。
なぜかというと、babar生息地だからです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。