続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

03

22:40
Tue
2008

No.0388

ありきたり

ユリを見た後、「登山道」と書かれた看板が目に入る。
ここはひとつ、登ってみるか。
そんな気軽な気持ちで登り始めた東尾の山。
登り口から2~3分ほどで民家があった。
そんなに古くはなく、人の気配はかすかに残っているものの恐らく無人。
そこからまた2~3分ほどで障子は破れ、引き戸は傾き、
中もぐしゃぐしゃになっている朽ちかけ寸前の廃屋があった。
離れのトイレ(多分)だけはまだかろうじて無事。
登山道の入り口付近と言えども結構な山の上であるこの地の
しかも徒歩道のみのこんな場所に住む人もあったのだなと思う。
道中、いくつもの小さなヲーターフォールがあった。
林の向こうにも少し見えている滝は、この大きな音からしてなかなか立派そうである。
こんな所にも滝があるなんてと、偶然の出会いに喜びを覚える。
と、ここまでは良かった。

細い細い道・・・私の常識としては、こういうのを世間一般では斜面というのだと思うが
とにかくそんな登山道を歩き、一応階段ぽくしてある部分を上がり、
ぐにっとぬかるみにはまった時にはもう帰りたくなった。

去年はヲーターフォールを目指して毎週のように車を飛ばした。
主要な滝はほぼ訪れてしまったので、
今年は滝を目指して何時間も歩くことを覚えた。
お陰で私は歩く事に抵抗のない人間となったわけであるが
それは目的があってのことである。
今回の登山道はいつになく険しい上に目的が何もない。
上には何があるのかも知らない。
そう言えばあてもなく山道を歩くのは初めてであることに気づく。

右足と左足を交互に出すという作業を意味もなく続けることが
何だかとてもつまらなく思えてきた。
景色を楽しもうにも周りは杉の木ばかりだし、
仮におもしろいものがあったとしても余所見しようものなら転落しそうな細い道。
意味のない山歩きがイヤになり、
引き返そうかと考えたのは既に1時間を経過しようとしていた頃である。
登山道は2.5kmだから恐らく頂上はすぐそこだろう。
なのにここで引き返してはそれこそまったく意味のない足の交互作業だ。

そして、帰りたい帰りたいとそればかり考えつつも、
どうしても足が止まらないのは前に1本しか道がないからである。
道がない、或いはどちらへ行けばいいかわからないのであれば諦めもする。
が、頂上への判然とした道がたった1本伸びているのを前にして
きびすを返して来た道を戻ることなんてできるわけがない。

そうだ、私が今山に登っているのは頂上があるからだ。
と、そんな単純な目的にやっと気づいた。

木で作られた階段はあるもののあまりに急であるため、
私のようにひ弱な登山者のために最後はロープが垂らされていた。
実は私、こういうこともあろうかと軍手をいつも持っている。
これまで使う機会はなかったこの軍手が、
ここへ来て初めてその存在に意味を成す事となった。

私は頂上へ到達した。
頂上付近には祀り事でもしていたのか「踊石」というでっかい岩があり、
別の村へと続く峠があり、昔は家があったのだろう石の土台があった。
標高1000mちょいの山の上まで続くこの道はただ伸びているわけではなく、
祀り事をするための場所へ行くためであるとか
別の村へと向かうためであるとか
人を家へ帰すためであるとか
そんな目的のある道だったわけなのである。

そして私がこの道を辿っているのは頂上へ向かうという目的があり、
私が軍手を持っているのは険しい道でロープをしっかり掴んだり
その辺の木に掴ってもトゲが刺さらないようにするという目的がある。

何の目的もなく、無意味なものなど
私の周りには何もなかった。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
06

04

edit
kinaruf [No.3023 - 06:54 2008]
おはようございます。
考えさせられる、いい文章ですね。
なかなか哲学的でもあります。
宗教的でもあるかも。
それが日常の中でとらえられていて
教訓的なうさんくささが消えてます。
ばばるさんのお人柄もあり(笑)

最後のくだりがグットです。
>何の目的もなく、無意味なものなど
>私の周りには何もなかった。
目的や持っているものにいつの間にか
気付かないで登っているところがありますね。
06

04

edit
mixbabar [No.3025 - 22:50 2008]
>kinaruf殿
こんばんはー。
とりとめのない私の考え事の上に
長くなってしまったなと思っていたのですが
ありがとうございます(笑)
昔のエライ人は色々と壮大なスケールで
考えられていたようですが
無知で能天気な私にはどうもピンときません。
が、自分の容量内で言うとこういうところでしょうか(笑)

>>目的や持っているものにいつの間にか
気付かないで登っているところがありますね。
そうなんですよね。
仕事や勉強をしてても同じ事を思います。
漠然とこなすのはしんどいし、難しいです。
でも、やってることの意味や目的を
ちょっと考えてみてそれがわかると
絡まった糸がピンと張るようにスッとします。
俄然、しんどさがなくなってやる気が湧いてきたりするんです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。