続続・よいこの1日  -

08« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »10
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

15

19:06
Sun
2008

No.0392

蜘蛛の糸

ボランティア仲間のD殿・H殿・S殿・M殿と5人で山へ登るのである。
山頂までの道のりは暑くてしんどくて大変だった。
中腹で、ちょっと開けた場所に出たもので上を見るとリフトが通っていた。
いいなぁリフト、あれに乗ればよかったねぇと
M殿が後ろで叫んでそうだねそうだねと皆、頷いていたけれども
私は黙って誰も乗っていないリフトを眺める。
リフトに乗って山を登りたいと思わなかったからである。

それから程なくして山頂に着いた。
そこは何もない山だったけれども
涼しい風が吹いていてとても気持ちがいい。
天気も良い。
登る道中ではこの天気、暑くて死にそうとかぼやいていたけれども
山頂ではいいお天気だ晴れてて良かったと雲ひとつない空を5人で見上げた。

さて、十二分に休憩もして下山の時刻、
山道へ向かう道を歩き出そうとしたところ、
仲間の一人、D殿がどうもあまり体調が優れぬということで
一人だけリフトで降りるのだと呼び止められた。
そこでリフト乗り場までD殿を送っていくことにした。

リフト乗り場は無人で、誰も乗っていない椅子だけが
下の方からやってきては折り返すという具合にくるくると回っている。
そのリフトは2人ずつ向かい合って乗る、
4人乗りと思われる大きさだがどうも定員は3人らしい。
私達はわーわーと騒ぎながら、
動き続けて待ってくれないリフトにD殿を急いで乗せた。
1人で乗るには大きすぎるリフトにD殿がぽつんと一人で座っている姿が妙に目についた。

続いて次のリフトがやって来た。
相変わらず誰も乗っていない。
D殿が一人ぼっちになる事を心配して思わずM殿が乗り込んだ。
それにH殿が続いた。
そこで私も向かいに座った。
やれやれリフトが早いから乗るの怖かったねと3人で笑いあう。

リフトが乗り場を離れる直前、S殿が急いで乗り込んできた。
ちょっと寄ってねと言いながらM殿とH殿が座っている方に
ぎゅーとお尻を押し込んだ。
リフトが揺れる。
しかも3対1で非常にバランスが悪い。
M殿とH殿は窮屈そうに顔を歪めながら、
片側に3人は絶対無理とS殿に言った。
え?と笑顔で聞き返すS殿に私は、
定員は3人だ、S殿で4人目になるから定員オーバーだと告げた。
S殿は何それ全然知らなかったと驚いた顔をする。
知らなかったのは別にいいけれどもどう考えたら
2人が座っていっぱいいっぱいのこのリフトに
ムリヤリ尻を押し込む気になるんだと3人はむっとした表情をした。
仕方ないからこっち側に移動してほしいと私はS殿に言ったが
リフトは既に乗り場を離れていて移動するのは危険である。
前のリフトに1人で乗っているD殿はそんな事情を知らずに
振り返り振り返りご機嫌に手を振っている。

霧が出てきた。
3人対1人のアンバランスに傾いたリフトで我々は
これから長い長い下山をするのである。

高所恐怖症だし私、
こんな夢はとても怖い。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
06

16

edit
ぽぽろんろん [No.3037 - 00:27 2008]
こんばんはー。

あー、夢の話ですか。よかったです。定員オーバーはシャレになりませんよ…。

さて、この状況で蜘蛛の糸が降りてきたら誰がそこを上るのでしょう?
高所恐怖症のばばるさんはおそらく上れない。
でも、席でギチギチの残り3人も変に動くと危ない。

>D殿が一人ぼっちになる事を心配して
のはずだったのに、定員オーバーの4人が落ちて結局Dさん独りぼっちになってしまうのか…。

そこまで先読みするとこの状況は嫌ですねぇ。
ホント夢でよかったです。

…ホントに夢だったんですよね?(^^;)
06

16

edit
kinaruf [No.3038 - 06:55 2008]
ばばるさん、
おはようございます。
おお ばばるさんが ボランティア????
と頭の中でイメージがあわなかったり…
山の掃除のボランティアかなんか実はなさっていたのか。
と思いつつ
>夢
納得。
なるほど現代版、蜘蛛の糸なのですね。
3人で一人をのけ者に…。
こう考えると深い夢だったりもします…。(笑)
06

16

edit
mixbabar [No.3041 - 20:53 2008]
>ぽぽろんろん殿
こんばんはー。
夢です(笑)
これからどうなるのか結末のわからない
非常に後味のすっきりしない夢で。

この状況、どう考えても
何かあったらD殿だけ助かる確率が高いですよね(笑)
うーん。。。。夢でよかった、、、、
06

16

edit
mixbabar [No.3042 - 21:14 2008]
>kinaruf殿
こんばんはー。
>>ボランティア
実は大学生の頃、能勢の野外活動センターで
キャンプリーダーをやっていたのです。
誰に言っても意外だと言われますが(笑)

一人を先に乗せてあと4人なんだから
2人と2人で別々のリフトに乗ればいいのに
最後の一人が乗ってくると皆は揃って
「どうしてコイツはD殿と一緒に乗らなかったんだ」
と、最後の一人を心の中で責めてるんです。
私ってば何てヤツだと
目覚めてぞっとしましたよ。。
友人たちが思ってる事も
私の見てる夢なもんで結局は
全部私が考えてることですもんね。。。
06

19

edit
まゆび [No.3043 - 19:07 2008]
ばばるさん、こんばんは♪
読んでたらどんどん引き込まれて
頭の中にリフトに乗る様子まで思い浮かべてしまいました。
そもそも無人のリフトって怖すぎる。{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~
ほんとに夢でよかったですね!!
高所恐怖症とまではいかないですが、
私も高いところは苦手。
暑いときにこの記事を読んだら
涼しくなっていいかも。(笑)
06

19

edit
mixbabar [No.3044 - 20:10 2008]
>まゆび殿
こんばんはー。
係員もいなけりゃ乗ってる客もいない、
椅子だけが延々と回ってるのが
何だかとても気味が悪かったです。。。
夢でよかったと本気で思いましたよー。
昔、カナダの山でリフトに乗った時、
30cm先も真っ白なくらい霧が出て
10分ほど止まったことがあり、
その事をふと思い出しました。
ちなみに私も高所恐怖症なんですよー(笑)
涼んでいただけて何よりです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。