続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08

24

20:56
Sun
2008

No.0398

見知らぬ知人

髪の長い女性が水の中から私の足を引っ張って引き込もうとしている。
そんなホラーな夢を見て目が覚めた。
怖いなんてものじゃない。
だって私は泳げないのだから。
いや、そういう問題じゃなくて普通に怖かった。

目が覚めたのは恐らく夜中である。
怖くて目が開かなかったのでよくわからないが
暗かったし静かだったのでとにかく夜中だろうということしかわからない。
とっても暑くて汗びっしょりなのに体の左半分に布団がかかっていた。
この布団を脱ぎたいし扇風機を回したいし体が痛いので寝返りとか打ってみたい。
でも、夢の中の女性がそこにいるような気がして怖くて動けなかった。

固く目を瞑り、硬直して汗をダラダラとかきながら
私は夢の女性に対する罪悪感に苛まれていた。
何の罪悪感かと言うと、私があの女性を殺してしまった、
若しくは見殺しにしたという罪悪感である。
私が悪かったからもう許してと何度も心の中で思っているのである。

しかしふと冷静に考えてみると、私は人殺しなんかしたことはないはずである。
ましてや見ず知らずのあの女性を私が殺すわけがないのだ。
馬鹿馬鹿しいことを考えてないで明日も早いしこんな真っ暗の中は怖いし
もうひと寝入りしようと眠ることに集中しようとした。
が、そう焦ると逆に目が覚めてしまい、その上、妙に暑くて眠るどころではない。
そしてまたあの変な罪悪感が襲ってきた。

もしかしたら私はあの人を水の中に沈めたかもしれない、
いや、あの人が溺れているのを傍観して見殺しにしたような気もする。
何もなかったことにして今まで平然と過ごしてきたけれども
実は私は大変な罪を犯した人間だったのである。
しかし彼女を殺した時の肝心な記憶は霧がかかったようにはっきりとしない。
いつの頃だったのか、どこでどういう風にしてやってしまったのかと
必死で考えるのだがどうしても思い出せないのだ。
が、彼女が死んでしまったのは私のせいであることは確かなのである。

水中の女性は私を許すはずはないだろう。
私は怖い怖いと思いながらいつしか再び眠りにつき、
次に目が覚めたのは朝だった。
人殺しをしたという罪の意識はもう消えていた。

18日の夜中に見た夢の話だが、こんなに怖い夢は初めてである。
もしかしたら夜中に起きたのも夢かもしれない。
自分では目が覚めていたつもりなのだが。

で、この水中の女性なのだが実はこれまでにも何度か
夢やなんかに出現したことのある女性である。
以前、「」というエントリーで書いた女性も同じ人物だと思われる。

この女性を最初に見たのは大昔、幼稚園くらいかもっと小さい頃か。
自宅で姉pinguと遊んでいると、pinguの後ろに一瞬、
髪の長い女の人が立っているのを見た気がした。
すぐさまpinguにその旨を告げたがその時は、
やれ背後霊だやれ守護霊だとわーわー騒いだだけだった。

その次が大学生の頃。
冬の寒い日に酔っ払って帰宅し、暖房も電気もつけっぱなして寝ていると
誰かに揺り起こされて目が覚めた。
と、ベッドの縁に手をかけて長い黒髪の女性がこっちを見ていた。
私は前日に泊まりに来ていた友人が今夜もいるのだと勘違いして、
そんなところで見てないで暑いから暖房消してよと頼んだが
その女性は何も言わずにずっとこちらを見ているのである。
高さ180cmもあるロフトベッドの上は暖房のせいでとんでもなく暑く、
汗だくだし無言で見ている友人にだんだん腹が立ってきたので着ていたスウェットを脱ぎ、
消してって言ってるじゃないのいつまで見てるんだと叫びながら
彼女にその脱いだスウェットを投げつけた。
が、スウェットは彼女には当たらず下に落ちた。
私は自分で消すからもういいと怒りながらロフトベッドのはしごを降りて
暖房のスイッチを消した。
振り返ると誰もいなかった。
翌朝になってよくよく考えてみると・・・
180cmの高さのロフトベッドの縁に腕をかけて?
と、すると彼女は腕の力だけでぶら下がっていたのか。
あり得ない話である。

で、散々考えてみたのだが結局のところ、
彼女が誰なのかは未だにわからない。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
08

25

edit
クロネコ [No.3078 - 01:53 2008]
いや、ちょっと本気で怖いんですけど。
過去記事も読みにいってきましたが、知らないはずの人が内容を変えて何度も
夢に出てくるってだけでもあまりいい気がしません。やっぱり何かしら意味が
あるのではと思ってしまいます。
うちは母が時々夢で予言めいたものを見ることがあるので、印象の悪い夢を見た
時には実生活でも大事をとるように言われますよ。
08

25

edit
kinaruf [No.3080 - 19:42 2008]
こんばんはー
すっかり、ごぶさたしてる間に、怪談作家にならられたのですか…。

まじで怖いはなしです。
きょうはトイレにひとりでいけません(汗)
08

25

edit
mixbabar [No.3082 - 21:55 2008]
>クロネコ殿
こんばんはー。
怖かったですか(汗)
何か、あの時はすっごく怖かったんですが
書いてるとあまり怖いように思えないなーと
ちょっと考え込んでしまったんですが。。

この女性、目の前にいる瞬間はいつも怖くなくて
目が覚めたり後からよく考えると怖いかも・・・と
いうのばかりだったのに、今回は
もう目の前に出た瞬間からとても怖かったので驚きでした。
しかし。。。本当にわからないんですよね。誰なのか。
あまりよくない兆候じゃなければいいのですが・・・
08

25

edit
mixbabar [No.3083 - 22:03 2008]
>kinaruf殿
こんばんはー。
怪談作家(笑)
暑い夜だと涼しくていいかもしれませんが(笑)

>>きょうはトイレにひとりでいけません(汗)
白鳥のやつお貸ししましょうか?
それともお供しましょうか??
うーん・・・きっとどっちも嫌だといわれそうですね、、

私、変なものを時々見たり聞いたりするんですが
その時って不思議と怖くないというか
変だということに気づかないんですよね。
そして私、幽霊とか信じてません。
彼女の正体は気になりますが
そういう相談を生業としている人って
どうも胡散臭くて聞きにいけないので未だに謎のままです、、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。