続続・よいこの1日  -

06« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

17

23:24
Wed
2008

No.0404

アシンメトリー

ブルネイへは早朝発のフェリーで向かった。
前日の夜、おいしい夕飯をお腹一杯食べさせてくれた上に
周辺の情報を色々と提供してくれた日本人の殿方2人に
お礼も別れも告げずに一人で宿を飛び出したのは朝の7時半頃だったか。

朝の6時に目が覚めて出て行きたい衝動に駆られた。
一応、服など着て荷物の整理をしてから部屋の外に出る。
窓の外は既に動き出しているが宿の中はまだみんな眠っているらしい。
ベランダに出てみたり玄関の南京錠を睨んでみたりしていると
ふいに電話のベルが鳴った。
件の小部屋から管理人のおばさんが不機嫌そうに出てきて受話器を上げる。
何か早口で喋って電話を切るとようやく私に気がついた。
こんな好機を逃す手はないと
次の瞬間、私は階段を駆け下りていた。
こうして私は船に乗り、次なる場所へと移動をしたのである。

慌しく出発し、半日のみの慌しい滞在をしたブルネイは
とても静かな街で、人がいないわけではないが歩行者はあまりいない。
そして、道路を横切ろうとすると信号の有無を問わず、
間違いなく車は止まり、渡らせてくれる。

ブルネイのカンポンアイール
 ただし、サルとボートは別である。
 水上集落を見ようと
 水上タクシーに乗ってみたところ、
 ほっぺたの肉が風になびくほどの速さで
 見事に疾走してくれた。

 そして、テングザルを見せてあげると
 ボートのおじさんが言ったので、
 水上ガソリンスタンド(?)で
 給油をしてからテングザルを求め、
 再び奥地へと向かった。

ちなみに、水上集落にはガソリンスタンドはもちろんのこと、
学校や警察にモスク、消防署なんかもある。
「じゃあ、スーパーマーケットは?」と、聞いてみると
「あるにはある。でも小さい店だから皆、買い物はボートで陸まで行くのさ」
ひもに吊るされた缶に燃料代を入れながらおじさんはそう説明してくれた。
お金を入れた後の缶が引き上げられていったので上の方に目をやると
ひもを手繰っているおじさんが「ボクの写真を撮ってくれ」と言ってピースサインをした。

さて、私が想像していたテングザルというのはメタボな体型で木にまたがり、
ぼーっと座っている鼻のでかいおっさんだったのに
そこにいたテングザルは木の上を縦横無尽に走っていて、
でっかい鼻が見えたかと思うとあっという間に高い木の枝の上の方に駆け上がってしまう。
歩行者のために一時停止するほど余裕のある人たちが住む町のサルは
観光客の冷やかしなど相手にできぬほど多忙を極めているらしい。

モスクボートから降りた私は
モスクを見ようと広場の中を通ってみると、
ウォーキング中のおじさんと出会った。
私のすぐ前を歩いていたその彼が
突然、後ろ歩きを始めたため、
歩く速さがほぼ同じだった我々は
等間隔を保ったままで向かい合って歩くという
何とも言えないひと時を共有するハメになった。

モスクの方からは何かの歌のようにお祈りの文句(?)がスピーカーを通して流れている。
その文句を聞きながら、私はモスクを目指して、おじさんはトラックに沿って
黙々と歩き続けたのである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
09

21

edit
bacchus [No.3099 - 08:21 2008]
改めてBABAR殿には感心します。
水上ボートに乗り込んでテングザルを一人見に行くなんて。
一歩間違えば犯罪に巻き込まれそうな気がしますが大丈夫なんですか?
ところで何がシメントリーだか凡人にはわかりませんでしたのご教示願います。
09

21

edit
mixbabar [No.3100 - 17:26 2008]
>bacchus殿
こんにちはー。
>>一歩間違えば犯罪に巻き込まれそう
そうですよね。
去年のブラジルでもちっさなボートに
現地人と二人きり、1時間程乗ったのですが
あの時も今回も乗ってしまってから
じわじわと恐怖感に襲われました。
幸い、無事でしたが(笑)

>>アシンメトリー
タイトルの意味について詳しく語るのは、私にとって
自分の胸の内を曝け出すようでとても恥ずかしいので
ピンとこなくてもあまり深く気にしないでください(笑)
09

21

edit
bacchus [No.3101 - 23:36 2008]
シメントリーじゃなくアシンメトリーでした。(恥!)
09

22

edit
まゆび [No.3102 - 19:00 2008]
(*'▽'*)わぁ♪いっぱい記事がアップされてるー♪
ちょっとずつですが読ませていただきますねー♪

それにしてもおばさん出てきてくれて
ラッキーでしたねー♪
私なら多分出る準備にもたもたして
出発できなかったでしょうが。(苦笑)

モスクの写真ですが、空がとても綺麗な色ですねー。
妙に気に入ってしまいました♪
それにしてもウォーキングのおじさん。(笑)
追い越すのも変な感じだし、
困りますよね!!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
09

23

edit
mixbabar [No.3103 - 13:00 2008]
>bacchus殿
どんまいです(笑)
09

23

edit
mixbabar [No.3104 - 13:06 2008]
>まゆび殿
こんにちはー。
ずっとサボっていた反動というか
忘れないうちに書き留めておこうと
最近はずっと記事書いてます(笑)
ヒマな時に少しでも読んでいただければ幸いです。

>>おばさん
そうそう、この時彼女が出てこなければ
別の旅程にしてブルネイ行きは
諦めていたと思います。。
ほんと、ラッキーでした。
しかもギリギリの日程にも関わらず
運良く船に乗れたのも・・・

>>空
この空の色は会社の人たちも大絶賛でした。
私もすごく気に入ってるんですよね。
色々な国で色々な空を見ましたが
場所によって空の色って全く違うんですよね。
日本の夕焼けや朝焼けももちろん、
他の国々に負けない美しさはあると思いますが
こういう色って自分の住んでいる場所では見られないので
旅行っていいもんだと改めて感動しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。