続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

25

23:12
Thu
2008

No.0411

マッドテラピー

マッドボルケーノ

ダナンバレーに比べ、あまり認知度も高くなく
利用者も比較的少ないと聞いていた通り、
「タビンに行く」と言っても大概は「どこ?」と言われた。
飛行機で一緒になった、ダナンバレーに野生動物を見に行くという人々にさえ
「なにそれ知らないわ」と言われた。

そんなタビンを選んだ理由の一つにマッド・ボルケーノが見たいというのがある。
我々日本人メンバーは、Mr.Mの特別な計らいにより
初日と最終日の2度、ここを訪れることができた。

マッド・ボルケーノを目指して森の中をしばらく進んでいくのだが
毎晩の雨により足元が緩く、長靴を履いて泥道を歩く。
できるだけ地面の固そうなところを選んで歩いているつもりだったが
運悪く深い泥の中に足を突っ込んでしまい、抜けなくなった。
足が動かないので上半身をぐらぐらさせながら「たすけてー」とMr.Mを呼ぶと、
振り返ったMr.Mは、「・・・・・dancing?」と、言った。

さて、マッド・ボルケーノの傍には櫓(?)が立っており、マッド・ボルケーノを見下ろすことができる。
そして事前に希望を出しておけばこの櫓に泊まって動物を待つこともできるらしい。
Mr.M曰く、マッド・ボルケーノは地底でマグマが活動して泥が湧き出しているとのこと。
ただ、これは本物ではなくて泥を運んできて作った人工のものらしい。

マッドボルケーノ



 櫓を降りてマッドボルケーノに登ると、
 シカやイノシシやゾウの足跡、
 ヤスデの白骨(?)死体などがあった。
 そして、頂上の湿った一部分に
 水溜りや泥溜りがあり、
 ボコッボコッと音を立てながら泥が湧いている。
 
 泥に手を入れてみると
 とても柔らかく、底は深そうだった。
 Mr,Mに舐めてみなと言われたので
 手についた泥を少しだけ舐めてみると
 しょっぱかった。


この泥は塩分やミネラルが豊富で、動物達はそれを求めてこの泥を食べに来るそうだ。
ゾウも食べるのかと尋ねると、もちろんだとMr.Mは言ったので、
念のためもう一度舐めておいた。

マッドボルケーノ
泥の噴火には、丸くドーム型に盛り上がるものと
弾けるように泥が飛び散るものがあり、
ドーム型の写真を撮ってMr.Mに見せると
「よくやった。じゃあ次はアレを撮ってなさい。」
と、噴射型を指差した。

よしきたとカメラを連写モードにして
噴射型の噴火をジリジリと待っていると
Mr.Mはその隙に、他のメンバーの顔に
泥を塗りたくっていた。

慣用句ではなく本気で全員の顔に泥を塗った
Mr.Mは最後に自分の顔にも泥を塗り、
「ロッジに帰って顔を洗えば20歳は若返るぞ」
と、満足気に言った。

泥まみれの顔をした一行は元来た道を戻る。
夜も更けて、一年中いるというホタルを一つ二つと数えながら、
「飛行機のせいで私が遅刻している間、何してたの」と尋ねると、
Mr.Mは、「彼女達はサルを見た、雄が1匹と雌が3匹いたぞ」と答えた。
「いいなあサルか。本当に本当に見たのかい」と興奮しながら聞くと、
「見たよ、ねぇT殿。雄が1匹と雌が3匹だったよねぇ。」と、獣医大生のT殿に話を振った。
T殿が「えっなに?」と、顔をあげたのでMr.Mがもう一度、
「雄が1匹と雌が3匹のサル、見たよねぇ」とゆっくり言うと、
「あぁ。雄が1匹」と言いながらMr.Mを指し、
「雌が3匹」」と言いながら我々日本人一行を指した後で
「・・・ていう話でしょ?」と、私の方を向いた。
「そうそ・・・いや、僕達も確かに雄1匹と雌3匹だけど・・・でも。。。」
Mr.Mは、思った以上に高かった言葉の壁を前に頭を抱え込んでいた。

Mr.Mには大変申し訳ないことではあるが、我々日本人一行の英語力年齢は
マッドテラピーの力を借りずとも実年齢よりも20歳以上若い。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
10

01

edit
まゆび [No.3116 - 17:59 2008]
なんか、すっごく気持ちよさそうな泥!!
後でシャワーを浴びれるのならドロドロになって
遊びたいですねー。(笑)
この泥は冷たいの?それとも暖かいの?
写真を見るとすごく冷たそうなイメージなんですけど。
10

02

edit
mixbabar [No.3117 - 21:22 2008]
>まゆび殿
こんばんはー。
泥は柔らかくてとっても気持ちがよかったです。
ツアー会社の写真とか見ると
みんな泥だらけになって遊んでたんですが
みんなカメラとか双眼鏡とか持っていた事もあって
我々は顔に塗っただけですが。。。
この泥は冷たくも暖かくもないんです。
泥の中に手を浸けてみたんですが、
ひんやり(?)してる気もするし
ぬるーい感じもします。
体温と同じかそれより少し冷たいくらいだと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。