続続・よいこの1日  -

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

14

23:59
Tue
2008

No.0421

神秘の地

さて、昨日行った山犬嶽は前々から気になっていた念願の地。
そしてもう一つ、この山犬嶽と共に看板に掲げられているものがあり、
どちらかと言うと私にはこっちの方が気になる存在だった。
その名も「三体の月」。

「山犬嶽」は、"嶽"というからには山だろうと推測できる。
が、「三体の月」とは一体何だ。
案内板は山犬嶽と同じ方角の山の方を指しているから
大方、三日月が3つ並んだような形の岩か何かだろうと思っていた。
で、山犬嶽を訪れるこの機会に「三体の月」とやらの正体も暴いてやろうと決意したのだ。

山犬嶽のある上勝町という村へ行く時に私がよく利用する休憩所には
道路沿いの壁面に上勝町の見所を示したイラストがでっかく描かれている。
大体の方向をこのイラストで確認したりすることもあり、今回もこの絵を眺めて休んだ。
山犬嶽は高い山の絵で、三体の月は神社の上に三日月が3つ並んだ絵で描かれている。
この絵のあちこちには人間が走り回っていやはや楽しそうであり、
町内に散らばる名所のイメージは適当ながらこれらのイラストで大概は伝わってくるのだが、
なぜか「三体の月」だけまったくもって意味不明である。

IMG_8558.jpg
山犬嶽に到着すると、こんな看板があった。
「山犬嶽>」の先には、
他人様の家がある登り口へと続く
急な坂道がある。
一方、「三体の月 秋葉神社>」は
それと反対方向を向いている。

しかし同じ柱に掛った案内板なのだから恐らくすぐ傍にあるのだろう。
そしてきっと「秋葉神社」の中にこの「三体の月」があるのだろう。
やっぱり、「三体の月」は岩か何かなのだろう。
とりあえず山犬嶽の方が時間がかかりそうなので「三体の月」は後に回すことにする。

9時過ぎから登り始め、行きも帰りも苔の所でやたら長居をしてしまい、
登山口まで降りてきた時には13時前になっていた。
さあ次はいよいよ「三体の月」だと意気込んで看板の指し示す方を見やると、

IMG_8557.jpg
 ・・・棚田?
 まさしく棚田。
 おかしい。そんなはずはない。
 山犬嶽の登り口で見た案内地図では
 確かにこの先に道が伸びていて
 神社の絵とその傍に
 バナナをひっくり返したような形の絵が
 はっきりと書かれていたのに。
 この棚田を突っ切ってもいいのだろうか。
 でも棚田の向こうは森ですよ。

しかしよく見ると、棚田の3段目が道になっている。
多分ここを通っていくと思われるのだが、生憎かさかさの茶色い稲の束が通せんぼしている。
またごうにも足の長さが足りず、ここを通るには踏まねばならない。
かと言って、収穫後と言えども人様の田んぼの中をずかずか歩くのも何である。
田んぼの向こうに道があるかどうかも定かではないし。

色々と思案するうちに、稲が置いてあるくらいだからここは道ではないのではないかと思い出した。
田んぼの向こうにも道はなくて、「三体の月」はこっちではないのではないか。
田んぼの向こうに道があるかどうか、一応確かめてみようと
坂道を少し上がり、高い所から目を凝らしてみたが見えるのはネットだけである。
しかし案内板の>は確かに棚田の方を指している。
よくわからないので今回は諦めることにした。

ふと立ち止まる。
そう言えば、この棚田も三日月型をしているな。
田んぼの面では3体目が幅広になりすぎだけれども
段の側面だったら3体ともちゃんと三日月型だな。
しかし一村民の棚田を指してあんなにも看板を掲げるものだろうか。
そんな事をしたらもっとでっかい棚田を管理する村民が
「俺のとこは5体の月だ」、「いいや、俺のとこは6体だ」とケンカを始めることだろう。
しかも、秋葉神社がどこにもないし。

結局、すぐそこまで行ったにも関わらず「三体の月」は謎のままだった。
次回に期待。
次こそ必ず、この目で「三体の月」の正体を見るのだと固く心に誓う。

IMG_8420.jpg
インターネットは便利なツールである。
自らの目で謎を暴くと誓ったにも関わらず、
自宅に戻るとすぐにPCの電源を入れた。

どうやら秋葉神社はあの棚田の奥、
少し上がったところにあり
「三体の月」というのは
その神社から三体の月が見えたという
古い伝承なのだそうだ。
かさかさの稲に遮られたところは
やはり通り道だった。

休憩所前のイラストが
この部分だけ意味不明なわけも
これで全てわかった。

申し訳ないがやっぱり誓いは撤回。
見えません。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
10

15

edit
まち [No.3136 - 21:19 2008]
こんばんは!
なんだ、なんだ三体の月って??と、ワクワクしながら
読ませてもらいました~。
でも棚田の三体じゃなくて、よかった~と読み終わって私もひと安心(笑。

あっラオスにしました。
ゾウさんにも会ってきます。すみませぬ(笑。
10

15

edit
mixbabar [No.3137 - 22:05 2008]
>まち殿
こんばんはー。
月といえば今日は満月ですね。
天気もいいし大きなお月様が見えてます。
三体の月ではありませんが・・・

ラオスにされたのですね。
しかもゾウにも会ってくるとは羨ましい!!!
ぜひとも素敵な写真をブログでアップしてくださいね。
楽しみにしています。
10

16

edit
シン@偽哲学者 [No.3138 - 18:55 2008]
お久しぶりです。
田舎出身ですのでこういう風景はホッとします。
最近まったく山には行ってないので、
久々に行きたくなりました^^
10

17

edit
mixbabar [No.3139 - 20:19 2008]
>シン殿
こんばんはー。
お久しぶりです。
バイト、相変わらずがんばっておられるのでしょうか。
たまにはのんびり山でも行きましょう(笑)
10

19

edit
kinaruf [No.3140 - 03:23 2008]
こんばんは。
夜なべ仕事の合間に訪ねました。
ばばるさんのブログ、いいですね。なごみます。
野山に長いあいだ行ってません。
行きたくなってきました。
>またごうにも足の長さが足りず、
このくだりがいい感じ。
10

19

edit
mixbabar [No.3141 - 14:38 2008]
>kinaruf殿
こんにちはー。
昼夜逆転とのことで、お疲れ様です。。。
お体壊さないよう、気をつけてくださいね。

>>またごうにも足の長さが足りず、
細部まで読んでくださってありがとうございます!
うーん私の足が短いのも
たまにはいい仕事をするもんですね(笑)

kinaruf殿も、お仕事がひと段落して
野山で休息できる日が早くくるよう
願っております。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。