続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

30

22:02
Sun
2008

No.0426

行け行けドンドンの心意気

「babarさんは週末になるとbabar県内を隈なく駆け抜けている」
という情報の認知度が社内で急速な高まりを見せ、
「と、いう事はbabarくん。車の運転はさぞ上手くなった事だろうね。」
などと言われるがそれは思い違いというものである。
土煙をあげて林道を走り捲くっているわけでもなし、
いざという時には車を乗り捨てて林道を何時間も歩いているのだから。
ただの山道を走る私に車の運転技術などは不要である。

先月、珍しく東京出張があったので、
休暇を1日もらい生まれて初めて東京・横浜観光をしてきた。
東京ではおかーしゃんのいとこの家にお泊りなので
おかーしゃんのいとこの奥さん(つまり他人)であるY殿に
出張先の本社まで迎えに来てもらった。
Y殿は大変小柄で華奢な貴婦人なのに車はでかい。
いや、Y殿がちっさいから車が大きく見えるのかもしれない。
とにかくこのY殿のスゴイ所は、このでっかい車をチョイチョイと操り、
車でぎゅうぎゅうの道路を縫い、
細い路地でも狭い駐車場でも思いのままに動かすのである。

先日、珍しく県外からの来客があったので、
土日を使い生まれて初めてのbabar県観光へと連れ出した。
客人は関東出身の都会人ながら気質は野生児そのものな殿方である。
道中、私も見たことのないヲーターフォールの看板があったので
「よしいっちょ行ってみるか」と向かったところ、大変な林道だったので怖い怖いと騒いでやった。
すると客人が代わってあげると言ってくれたので運転席を明け渡したところ、
客人もやはり怖かったらしく私が運転する半分くらいのスピードでしか走れなかった。
もっとも、旅人である彼は久しぶりの運転だったにも関わらず
他人の車でしかも凸凹道という過酷な状況によくぞ耐えてくれたと思う。
結局、先が読めないため目的地への到達は諦めて再度私の運転にて引き返すことと相成った。

Y殿のようにでっかい車で車道を縫って走ったり
車幅すれすれの細い路地を飛ばしたり
車と車の間にピッタリmm単位で幅を取ってすっぽり車庫入れしたり
なんて高度な運転はとてもじゃないけど私には無理である。
しかし私には、ジムニー殿に道を譲る謙虚さと
道を引き返すか否かを手遅れになる前に判断する決断力と
ガードレールのない崖っぷち道路を対向車と渡り合いながら突き進む勇気は持っている。
それさえあれば私の山行きは今のところ、安泰なのである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
12

02

edit
まち [No.3171 - 00:05 2008]
こんばんはー。
確かに、以前も2時間半とか運転して・・・等あり、
かなり遠征してるわっ!すごーいと思ってました。
babarさん、「素敵な野性児です!」もちろん、いい意味で(笑。

凸凹道なんて、結構凄い所走ってますねー。
ちゃんとした判断力、決断力をお持ちのbabarさんなら
大丈夫とか思いますが、気をつけてくださいね。
そして無事に帰ってきて、ブログ更新楽しみにしてまーす。

12

03

edit
mixbabar [No.3172 - 21:52 2008]
>まち殿
こんばんはー。
運動神経はマイナスだし反射神経もマイナスだし。。
運転なんてとんでもないくせに
無謀な探検を続けているので
山で遭難どうこうよりも交通事故を心配されます、、、
多分、東京で運転したら大渋滞起こすこと間違いなしでしょう(汗)
事故や怪我にも気をつけなければですが
何よりかにより人様に迷惑をかけぬよう、
気をつけたいと思います・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。