続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

09

22:29
Tue
2008

No.0428

滝ゆけば

先日、県外からの客人をおもてなし中に初めての滝を見つけたものの
途中で諦めたと書いたが、実は先々週、そこへ行ってきた。
車に鞭打って凸凹道を走るのは嫌なので最初の舗装道路が途切れた所に車を放置して。

1時間弱くらい歩いたところで前回引き返した場所に着く。
岩壁がそそり立つ間の道を抜け、5分程で滝への行き方を書いた看板があった。
かなり惜しいところまで来ていたらしい。
実はかのんを連れてきていたのだが、どうも一旦沢を横切らねばならないらしいので
看板にかのんをくくりつけ、待っていてもらうことにした。

私はかのんの親なので、もちろんかのんと同様に足が短い。
どうにも看板が示す場所からは沢へ降りられないので手前の堰堤の上を横切ることにした。
踏み跡を辿って斜面を登り、30cmくらいの幅の道?をガラガラと石を落としながら歩き、
大きな堰堤を2つほど超えるとその滝はあった。
が、しかし。

現れたヲーターフォールは大変立派なもので感動したのは確かだが、
はっきり言って死ぬほど怖かった。
看板がなければ絶対あの斜面の段階で諦めていたと思う。
矢印でもってあたかも普通の道かのように指し示している道が
こんなに崖っぷちギリギリの獣道だったなんて思いも寄らない事態である。
この周辺(家なんてないけど)の住人はこういう道を生活路として使っているのだろうか。
おかーしゃんに行き先も方面も告げずに出てきたことを、
使用可能かどうかは別として携帯電話を車の中に置いてきたことを心底後悔した。

ビビる私を動かす原動力は、ここまで1時間の道のりを歩いた事と
あの客人にどうしても結果報告をしたいという事と
何より、看板が立っていたという事である。

看板は覚えている限り4箇所にあった。
まずは国道から山道に入る起点となる所、
次に凸凹道の途中で道が分かれていた所、
そして勾配が緩み、若干平坦になった所、
最後に滝の手前、かのんをくくりつけた所である。
これだけ解かりやすく示しているのだから、多くの人が訪れる滝に違いない。
老若男女、みーんなここを普通に滝への通り道として使っているのだから危険はない。
と、思ったのだがいかがだろうか。

私の滝行きでは、無名の滝を探して山へ入り、崖っぷちの獣道にぶつかって
諦めて引き返すという事が時々ある。
おかーしゃんにさえ行き先を告げず、誰ともすれ違わず、誰も来ない滝を見に行くのに
あまり無理をしては危険であると最近やっと気づいたからである。
しかしこの看板は、皆がここを訪れ皆が同じ道を行くという安心感を私に与え、
何もなければ断念してしまうであろう獣道へと私を誘う何より危険な代物である。
トイレの詰まりを直す魔法のステッキでさえ「振り回さないでください」なんて、
大方の人はそんな間違った使い方をしないような細かい指示を懇切丁寧に書いてくれているのに
この看板は注意喚起どころか向かう人の危機感を削いでいるではないか。
何よりここへ来るまでの1時間の道中はおろか、この滝周辺でも誰とも会わなかった。
看板があるからと言ってたくさんの人が来るという考えはあまりにも愚かであることを知る。

と、色んな事をぐるぐる考えていたのだが結果的には何事もなかった。
待たせてあるかのんがシカやサルにいじめられていないかと心配なので
何枚か写真を撮り、少し眺めただけでいそいそと獣道を戻ってみると
来た事もない山の中で放置されたかのんは、
自分はもしかしたら捨て犬かもしれないという恐怖と戦いつつ、
ぶるぶると震えながら私の帰りを待っていた。

今回、一番怖い思いをしたのは恐らく私ではなく、
ちょっと散歩に行くだけだと思って軽い気持ちでついてきたかのんである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
12

19

edit
まち [No.3177 - 00:31 2008]
こんばんはー。
看板も親切のようで、迷惑なものにもなるんですね。
でも、ご無事で何よりです。
しかーし、かのんさん!
誰もいない山中で捨てられたかと心配したであろう、
不安でいっぱいだったというのに、
なぜに想像すると、その不安さが可愛く
笑えてしまうのでしょうか(笑。
すみません。。
12

21

edit
mixbabar [No.3178 - 23:53 2008]
>まち殿
こんばんはー。
看板、要注意です(笑)
かのんはいつもついてきてしまってから
やめときゃよかったと後悔してるみたいです(笑)
帰り道はぐったり横たわって
「二度と行かない」みたいな目で見てますが
翌週になるとやっぱり行く行くと吠えてます(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。