続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

26

22:14
Sun
2009

No.0445

赤ザックのこと

登山口に着いたのは15時半前だった。
別に計算していたわけではなく、最初はもっと早く着くだろうから
あまり早い時間に着いて相乗り仲間や乗せてくれる車が見つかれば
赤ザックを待たずに下山しようと思っていたのである。
しかし思いの外トロッコ道は長く、途中で歩くのに飽きてしまいペースが落ちた。
それでもこのトロッコ道はレールの間に敷かれた板の上を歩くので歩きにくい道ではなかった。
しかし登山口間近になると普通の線路になり、何というかこれが曲者で
枕木の上を身軽に歩いていきたいのはやまやまなのであるが、
この枕木の間隔と自分の歩幅が合わない。
小股でちこちこと歩いてはイライラするを繰り返してようやく登山口へ着いた。

とりあえずバス停の時刻表を見ると、相変わらずストライキのビラが貼られていたので
そのビラをめくってバスの時間を確認するとバスの到着は1時間後。
じゃあタクシー・・・と思っても今から呼んだところでバスと同じくらいの時刻に来るだろう。
何より携帯電話の充電が切れている。
石の上に座って考え込んでいると、赤ザックがお待たせと言いながらやって来た。

赤ザックのお客さんは東京からやって来たという若い殿方で、
有難い事に私の同乗を快諾してくれたので、私はいそいそと後部座席に乗り込んだ。
屋久島ガイドは移住者が非常に多く、案の定赤ザックの出身は東北だった。
「babarさんはどちらから」と聞かれたのでbabar県であると答えると
昔、旅の途中でbabar県に立ち寄った時、村人に大変親切にしてもらった記憶があり
babar県に対してとても良い印象を持っていると彼は言った。

babar県を愛して止まない私とbabar県に良い印象を持つ赤ザックは
トロッコ道と白谷雲水峡への道が合流する"楠川分かれ"という場所で出会った。
彼に対する私の印象は、人の事をジロジロ見て失敬であるなというものだ。
そして私に対する彼の印象はと言えば、話しかけてはいけないような、
非常に近寄りがたい雰囲気を持っていたのだそうだ。
確かに、2年ほど前まではよく怖いとか近寄りがたいとか言われたものだが
ここ最近はめっきり言われなくなっていたので、
何か自分の身辺で異変がなかったかと考え込んでいると
「いや、実際に話してみると全然違うからびっくりしたのだけどね」と付け加えた。

ところで昨日山小屋にいた人(口クラッカーのことだろう)は知り合いなのかと赤ザックが聞いた。
全く知らない人だが、前日に白谷山荘で同室だったことを話すと、
自分達とは全く話さないのになぜあんなおっさんと仲良くしているのかと思ったのだと言った。
赤ザックと"あんなおっさん"は同年代くらいだと思うけどと心の中で思った。

ここで、私は赤ザックのお客様が殆ど喋っていないことに気づき、
乗せてもらっている身であまりベラベラ自分の事を喋り捲るのもよくないと思ったので、
おにいさんも今回、一人でいらっしてますけども方々へ旅行されてるのですかと話を振った。
東京出身の殿方が何か喋ろうと息を吸い込んだ瞬間、
「そうだねぇ」と口を開いたのは赤ザックだった。
私は"おにいさん"と言ったのだ、赤ザックはむしろ"おじさん"じゃないのかと心の中で思った。

道草(殿方のツアー内容の一部?)を食いながらも
1時間ほどで私の宿に到着、赤ザックは私の荷物をちゃんと車から降ろしてくれた。
沢登りして誰も知らない滝に連れて行ってあげるから次回は自分を雇ってくれと
しっかり営業活動をしながら東京の殿方を乗せて去って行く東北ナンバーの車を見送りながら、
ありがとう必ず次回は赤ザックを雇って滝へ連れて行ってもらいますよと手を振る。
しかし私は、彼がどこに所属する何というガイドなのか未だに知らない。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
04

28

edit
まち [No.3314 - 02:09 2009]
こんばんはー。
赤ザックさん、笑わせてくれますね~!
いやそれに、babarさんの腕にかかるからか(-∀-)。
面白さ倍増ですもの♪

でも、赤ザックさんの「お待たせ。」という一言何だか、いいですね。
05

02

edit
mixbabar [No.3317 - 22:46 2009]
>まち殿
こんばんはー。
たった4泊5日の旅行なのに
だらだら書き続けて早1ヶ月経ちました。。。
辛抱強くお付き合いくださって
ありがとうございます。。

何だかんだ言っても
赤ザックは色々親切にしてくれました。
いつか彼のガイドで滝を探してみたいと思います!
05

07

edit
まち [No.3324 - 00:27 2009]
いえいえ。私なんて10数日の旅を、かれこれ5か月。
しかも、やっと折り返し地点。
ふざけんなー!って感じです(笑。
それに次の旅に出ちゃったからボルネオ編、途中で終わってるし。。。
自分で知らんぷり、気付かないふりしております。。
05

11

edit
mixbabar [No.3326 - 20:59 2009]
>まち殿
こんばんはー。
あれ!旅って10数日なのですか!!
と、考えるとすっごい濃密な毎日を旅先で過ごされてるんですね(笑)
1日の中の数時間で記事が一つできあがるなんて
素晴らしいです。
「ここ行ってあれ食べてそれ見て・・・
あー楽しかったキレイな景色で行って良かったー」
で終わる旅行もそれはそれで楽しいでしょうが
まち殿の旅行記みたいな事件続発の冒険って
同じ行路をとっても経験できずにスルーする
人だってたくさんいるでしょうから
ある意味、とても幸運なことだと思います(笑)

>>ボルネオ編
あ、私は今年もボルネオに行きますので
是非とも復活してくださいょ(笑)
今年こそはボルネオピグミーエレファントを探すのだ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。