続続・よいこの1日  -

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

30

23:59
Sat
2009

No.0451

布引の滝

P1000013.jpg


小雨の振る中、バスを降りた。
「布引の滝国立公園」と看板に書いてあり、広い広い駐車場があり、
向こうの方に滝が見え、左を見ると向こうの方に東屋があり、そのまだ向こうにトイレがあった。
テントを張るなという看板が書いてある。
その他には、何もない。

しまったと思った。
もっと色々、例えば植物とか遊歩道とかあるだろうと思っていたのに
なんと滝以外には何もない。
公園て書いてあるのに。いや確かに公園だけれども。
とにかく滝の傍まで行ってみることにする。

滝の周りは岩場になっており、この岩場から滝を見上げた私は落胆した。
滝までの距離が遠い上に、ここからでは滝の全貌が見えない。
後ろに下がると岩が邪魔になって見えず、近寄っても岩が邪魔になって見えない。
要するに、どうやっても岩が邪魔になって見えないのである。

どうにかもっと近づけないかと辺りを見渡すと、
滝に向かって右側は水が流れており、左側は山の斜面である。
この斜面は1m弱くらいの高さまで石垣っぽくなっていて、
その石垣の上に2箇所ほど踏み後があった。

そうかここを登っていけばいいのかと足をかけると
思いの外斜面が急であったので、
濡れてはいけないものを入れて手に持っていた防水巾着を首にぶら下げ、
傘・・・は雨が降っているのでさしたまま、再び斜面を登りはじめた。

濡れた落ち葉と泥で滑りそうになるのを踏ん張りながら、
なんとか滝のすぐ傍まで近づくことに成功。
国立公園と書いてあるのに、駐車場やトイレはとても立派なのに
どうして滝の周辺だけこうも危険なのか。
この滝を見るために私は2時間もバスに揺られて疲れ、
木の枝に掴まったため手はドロドロ、
挙句の果てに使用方法は絶対間違っているが首から巾着をぶら下げている。
私がこんな醜態を晒してもここは国立公園と言い張る気か。
何だか納得のいかない思いで写真を数枚撮って引き返した。

いつもの事だが急斜面は登りより下りの方が怖い。
相変わらず足元は緩く、滑り落ちそうになったのでとっさにその辺の木の枝を掴むと
緩い地盤に生えている木は根性がなく、枝だけでなく幹もろとも私に付いて来た。
ああ私はあんなに遭難の心配をしていた縄文杉登山からは無事に下山して来られたけれども
こんな高々2mくらいの斜面から転がり落ちてケガを、
運が悪けりゃ頭を打って死んでしまったりするんだなと頭の隅で考え、我に返った。
冗談じゃない。

「布引の滝国立公園で観光客 骨折」
とか
「頭を強打 それでも滝が見たかった」
みたいな、不名誉な見出しを思い描きながら、私は何とか下まで降りた。
この滝の周辺が未整備である理由は、ここから2時間後に判明する。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
06

04

edit
まち [No.3338 - 00:34 2009]
こんばんはー。
うわぁ~babarさんサバイバルしてますね!
私が門よじ登るよりも、凄いし、しかも雨の中(笑。
キケンですって~(*_*;
でも、好きなモノへのbabarさんの、熱い気持ちさすがです♪
滝は立派だけど、国立公園なのに何もないんですね~?!
2時間後気になります!
06

09

edit
mixbabar [No.3339 - 23:04 2009]
>まち殿
こんばんはー。
いやいや私は高々1mくらいの石垣ですから
まち殿の門よじ登り話に比べれば
階段を上るようなもんですよ(笑)

いやはや、、全く更新もブログ巡りもサボってまして
ぼやぼやしてたら間髪いれずに
今年のボルネオ旅行記に突入しそうです(汗)
実は出発まであと1ヶ月なのですー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。