続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

05

15:48
Sun
2009

No.0453

最終宿

最後の宿は宮之浦、素泊まり1泊3500円である。
ネットで見つけて予約をしようと思ったら電話番号が書いてあった。
そうかネット予約できないのかとかけてみたところ、
ゴツイ口調のおっさんが出てきて何を言っているのかわからない。
訛りが激しいのかと思いつつ、面倒になったので
よくわからなかったけど泊まれることだけ確認した後は
ハイハイと受け流し、解かったフリをして電話を切ったのである。
まあ、国内旅行なので予約さえできれば後は重要なことはなかろうと思ったのだ。

さてこの宿、宿泊日の朝から滝見の合間に
用事があって何度も電話をかけているのに一向に出てこない。
固定電話も携帯電話もずっと出ないのである。
小雨降る宮之浦のバス停で降りて、この電話で出なければ
怒って暴れてやると思いながら力強く携帯のボタンを押してかけると
「ハイハイ」とあのおっさんが出てきた。
宮之浦のバス停に着いたと伝えると、すぐに迎えに行くからそこで待ってなさいとのこと。

傘を差して待っていると、傘に穴が空いているらしく頭に水が落ちてきた。
よく見るとハリも悪く、歩くとばっふぁばっふぁと音がする。
早く来ないかなとジリジリ待つこと8分、おっさん到着。

相変わらず何を言ってるのかよくわからないけど、
どうも宿は山道を上がって行った所にあって
徒歩ではどこにも行けず、例え食事の外出であってもおっさんが送迎するのだそうだ。
先ほどコーヒー店で聞いたお店で食事をとりたかった私は、
食事をしてからおっさんに電話すればよかったとちょっと後悔した。
おっさんは近くのスーパーで惣菜を買って食べたらいいと言ってくれたが
そのスーパーさえもおっさんに連れて行ってもらわねばならないほどに宿は山の上である。

しかしこの宿、開店してまだ2年目とかで部屋や設備は新しくとても清潔だった。
5~6部屋あるけれど宿泊客は私一人。と、おっさん。
山深い静かなこの家で私とおっさん。
が、このおっさんは私が唯一出会った生粋の屋久島人だった。

おっさんは宿に着くと、スーパーさえも出て行くのが億劫になったらしく、
この時間では惣菜もあまり売ってなさそうだから
おっさんのご飯を半分あげると言って煮込みうどんのようなものと
流しの下から「これは息子が買ってきたやつだけどあげる」と言いながら
レトルトのかしわ飯を出してくれた。
宿はおっさんと息子さんの2人でやっていて、息子さんは職業訓練に本島へ行っているのだそう。
そしてこのおっさん、歳はなんと83歳だった。じいさんである。

延々とじいさんの身の上話を聞いた後、お風呂に入り自室に落ち着いたのは12時を過ぎた頃。
布団に入り、目を閉じると向かいの部屋でじいさんがTVを見ながら
「ほっ」とか「はっ」とか、咳か相槌かわからない声を発しているのが聞こえた。
田舎のじーさんの家に泊まりに来たみたいな心持である。

翌朝、早くに目覚めて洗面台と自室と台所をウロウロしていたのに
じいさんは私が起きていることに気づかなかったらしく
ドアの向こうにしてはやたら遠くから「babarさーん」と呼びかけてきた。
「起きてますよ」とドアを開けると、じいさんは私の隣の部屋のドアをノックしながら
「babarさーん」とまだ呼びかけていた。

朝ご飯にトーストを焼いてくれたので有難く頂き、
出発前に連れて行きたい場所があるから3分早く出ると言われ、いそいそと靴を履く。
「あの、お勘定はいつ?」と尋ねると、じいさんはデコをぴしっと叩き、忘れてたと言った。
5000円を出すと、2000円のおつりが返えってきた。
「いやいや1500円です」と言いながら1000円を返すと、じーさんは慌てて500円を出した。
息子さんが早く帰ってきますようにと祈るばかりである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
07

07

edit
まち [No.3341 - 01:14 2009]
いやぁ~ステキな宿ですね(笑。
おっさん、いやじいさん突っ込みどころ満載だし♪
連れていきたい場所で、3分早くって。
3分って何とも微妙な時間だし(笑。
隣の部屋のドアなんて、まるでコントのよう。
でも傘とか描写の巧さや、さすがbabarさん。

じいさんが会った人の中で、唯一の生粋の屋久島人というのにも、びっくりです。

P.S.サファリチックでいいですね♪
07

07

edit
mixbabar [No.3343 - 22:07 2009]
>まち殿
こんばんはー。
パンとか食べてたら結構ギリギリの時間だったんですが
半ばムリヤリ(?)連れて行かれた場所は
山の車道から見える見晴らしのいい景色がある場所でした!
しかも最後に車の中にあの壊れた傘を置き忘れてしまい、
壊れてるしまあいっかと思ってたら
「時速80kmで飛ばして来たよー」と
一旦家に帰ったじーさんが届けてくれたのです。。。
不便だけど安いしじーさんかわいいし
屋久島行ったらここはお勧めです。
朝早くても港まで送ってくれますしねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。