続続・よいこの1日  -

10« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »12
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

01

22:19
Mon
2010

No.0478

ビルマ記 for gumi ―プロローグ―

ビルマへは以前から行きたいと思っていた。
ヤンゴンという都市に、白い象がいると聞いたからである。
そんなある時、あまり親しくないながらも10年来の友人マイケル氏が
ビルマへ一人旅をするのだと言ってきたもんで
これは好機とばかりに手を挙げた。
それがこの旅の始まり。

そうと決まれば下調べが必要だ。
何せ氏は、周りの人があまり行かないような僻地に行きたいのが本音だろうが
旅の趣旨はと尋ねたところ、ひたすら寺を巡る旅だとのたまった。
無論、象には興味なし。
私がいくら暑く…ええ、暑く語った所でまったく興味を示さない。
しかも私、2009年夏休みの10日間ボルネオだけでなく、
実は11月にも友人に会うためマレーシア(こちらはマレー半島)へ渡航しており
胸を張って会社を休めるのはリフレッシュ休暇の3日間だけなので
氏が1週間で予定を組んでいる所を5日間だけの飛び入り参加となったのだ。
同じ場所を出発し、同じ空港を使うにも関わらず現地集合という意味のわからないこの旅で、
白い象は氏がヤンゴンへ到着する夜までの半日の間に探さねばならない。
私は必死で情報を集めたが、「ここにいる。」という確固たる情報は遂に見つからず出発の日を迎えた。

会社の後、おかーしゃんと2人の甥っ子達に見送られながら関空行きのバスに乗る。
2歳になる上の甥っ子は無類のバス好きなので、私だけがバスに乗ることに最後まで異議を唱えていた。
会社の人が餞別だと言ってくれたSOYJOYを握らせてから私は車から降り、
「(袋を)開けてください!」と叫ぶ甥っ子を尻目にバスへと向かったのである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
02

02

edit
クロネコ [No.3417 - 22:23 2010]
あけましておめでとうございます(今年初めてのご挨拶なので)。

ときどきこちらをのぞいては、長いことお休みされているので『どんな遠くまで
出掛けていらっしゃるのかなあ……』と考えておりました。まさかビルマとは!
愛する象さんとの新しい出会いはあったのでしょうか。旅行記楽しみにしてます。
02

02

edit
mixbabar [No.3418 - 23:33 2010]
>クロネコ殿
明けましておめでとうございます!

本当にご無沙汰してしまって…(汗)
でも変わらずにいらしてくださってありがとうございます!
いやはや毎度の象ネタばかりで申し訳ないですが
どうぞよろしくお付き合いくださいねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。