続続・よいこの1日  -

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

06

23:22
Sat
2010

No.0482

ビルマ記 白い象

IMG_3351.jpg

当初の情報通り、白い象は空港から市街地への道を途中で逸れてしばらく走った所にあった。
箱のような小屋に人がいて受付をしている。
ガイド氏がノートに何やら文字(名前か?)を書き、私に200チャット出すように言った。
心付け?としてそれを受付に渡し、両脇で草がぼさぼさに茂っている小道を歩いて行く。

小道は屋根のついた休憩所のような広まった場所まで続いていた。
何枚かのパネルが並んでおり、売店では少女が売り子をしていた。
その向こうはとてもきれいに整備された公園のようになっていて、
そこにもう一つ大きな東屋があり、その下には3つの大きなお尻が並んでいる。

いたいたと駆け寄ると、なんとこの休憩所から向こうへは柵が張ってあって進めない。
白い象は動物園で見るよりも遠い東屋の下で、片足を鎖で繋がれていた。
もちろん、写真撮影も禁止である。

白い象は3頭いた。
そのうち2頭は、白というかベージュっぽい感じの色で
確かに普通の象に比べるとかなりの色白さんである。
が、もう1頭はどこからどうみても普通の象にしか見えない。
ガイド氏に、2頭は確かに白いけれどもあっちの象は普通の象に見えると訴えたところ、
ソデスカとあまり興味なさげに言った。

ガイド氏と一緒にパネルを見ながら象のプロフィールが書かれたパネルを見て回っていると
いつのまにか銃を肩にかけた警備員さんがどこからともなく現れた。
パネルから離れて再び象を見ている私を尻目にガイド氏は警備員さんと何やら話しこんでいる。
カタカナがあまり聞こえなくなったので、私はゆっくりと象を眺めることにした。

確かに距離が結構あって遠いとは思っていたが、
どれだけ眺めても立つ位置を変えても象の顔があまり見えないことに若干、不満を覚えた。
2頭の白い象は密着して並び、後ろ片足を鎖で繋がれている。
もう1頭の普通の象は少し離れた所でやはり後ろ片足を繋がれている。
そして彼らは向こうを向いた状態で繋がれている上に、象が自らの意志で立つ方向を変えることは
できないように上手に繋がれているため、見物客は象が横を向いた時に横顔が見えるくらいで
基本的には象のお尻しか見えないのである。
遠くからではあるが、こんなに真面目に象のお尻を見たことがかつてあっただろうか。

ガイド氏に、この象達は夜もここで眠るのかと尋ねると、ガイド氏は銃を持った警備員殿に聞いてくれた。
朝と夕方に1時間ずつこの敷地内を散歩し、後はずっとこの東屋にいるのだそうだ。
もちろん眠るのもここで、象が散歩をしている間に掃除をするとのこと。
象と象があんなに至近距離で繋がれているのにどうやって眠るのだろうと思った。
柵の向こうの整備された公園のような敷地は象のための道なのだと警備員殿に教えてもらった。

私たちが歩いてくる小道はあんなにぼさぼさなのに2/24時間しか使わない象の散歩道は
舗装されているしまるで公園、この象の位の高さを物語っているようではあるが、
22/24時間は3歩も進めないような状態で繋がれているなんてなんとも気の毒な話である。

帰りに、売店で彼らのブロマイド?とパンフレットを購入した。
パンフレットと言っても三つ折りの簡単なもので、私の感覚でいけば
これは入場時に無料で配られる類のものであって売り物ではない。
が、ここではそれも立派な商品であり、値段は1000チャット(≒1$)。
写真はそれぞれの象の写真がラミネートされているもので3枚セット、
これもやはり値段は1000チャット(≒1$)。
安いじゃんとお思いかもしれないが、タバコが1箱(20本入り)800チャットなので
ビッグマック指数風に考えると400円くらいか?

法外である。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
02

07

edit
まち [No.3423 - 01:25 2010]
こんばんはー。
おぉ~!!さすがbabarさん白い象に出会えたんですね!!
私は、白い象の存在すら知りませんでした。。

象のお尻ばかりのようですが(笑。
でも、旅のメイン!見られてよかったですね~。

三つ折りのパンフで、その値段は。。。
それに象の道やら、向こうを向いた象やら、
さすがビルマ!と思えてしまいます(笑。
02

07

edit
mixbabar [No.3426 - 20:26 2010]
>まち殿
こんばんはー。
一時は諦めようかとも思いましたが
無事に会えてよかったです!
この象に会った瞬間、もう目的果たしたから
この旅はもうこれで満足と思ってしまいました(笑)
…お尻だけですが。。
とは言え、バガンに移動するともっとゆっくり滞在したいと
思うようになったんですけどねー。
ほんと、素敵な国です。
02

08

edit
クロネコ [No.3431 - 13:01 2010]
ガイド氏のノリの悪さから、まさか『白い象の像』とかって
オチではあるまいな?などと心配しましたが、ちゃんと本物で
良かったです。でもその環境は切なくなりますね……。日本だと
白い蛇とか神様の使いみたいな位置付けですけれど、ビルマの
白い象はそういったステータスはあるのでしょうか。
02

08

edit
mixbabar [No.3435 - 22:21 2010]
>クロネコ殿
こんばんはー。
えー白い象の像…もしそうだったら泣くになけませんね(笑)

>>その環境
あそこで大切にされて暮らしているのでしょうが、
何とも言えない気持ちになりました。。。
白い象に会えたのは本当に感激だったんですけどね。

>>白い象
白い象は幸福をもたらすものとしてとても珍重されているようです。
タイでもロイヤルエレファントと言って
とっても神聖な動物らしいですよー。
バンコクにはロイヤルエレファントの博物館があるらしいです。
帰りにバンコク寄ったのに行けませんでしたが…(涙)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。