続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

20

21:24
Sat
2010

No.0489

ビルマ記 24.JAN.2010

IMG_3455.jpg

宿についたのはいわゆる夜と言われる頃に限りなく近いような時間帯の夕方だった。
バガンでガイドをしてくれる中年の殿方がホテルのチェックインをしている間に
ウェルカムドリンクをマイケル氏と二人で一気飲み。

荷物を置いて、近所の散策がてら夕食を取るため外へ出た。
氏は元気にTシャツ一枚だったがバガンはヤンゴンよりも涼しく、
歩いている時はいいがじっとしていると夜は半そででは寒いくらいである。
ホテルの前を通るメインロード沿いには観光客向けのレストランがずっと並んでいて、
我々は玄関に置かれているメニューを見ながらとりあえず一通り見て回ることにした。

ここ、バガンは空港に着いたら町への入場料として10$を支払わねばならない。
しかし観光客向けの店や食堂が充実しており、おまけにヤンゴンよりも少しだけモノが安いのが魅力だ。
そして何より空気が軽い。
ヤンゴンは車がたくさん通っていて、ビルや背の高いアパートが立ち並ぶ都会である。
タイのバンコクやマレーシアのKLなどは近代化が進んで本当に大都会という感じだが、
ヤンゴンはどちらかというとスリランカのコロンボとかに近い雰囲気がある。
立派なビルや舗装された道路は一部あるものの、穴のあいたアスファルトに石をはめ込んで補修していたり
車道はアスファルトだが歩道は土だったり草むらだったりするのである。
そして車の黒い排気ガスのお陰で数時間歩いただけでもお風呂に入ると水が真っ黒になったりする。
しかしバガンは、ヤンゴンのような喧騒も息苦しさもない。
久しぶりに深呼吸をしながら氏とレストラン街を歩いた。

本当の所どうなのかはわからないが、バガンで私が訪れた場所には
ファンとうちわ以外の空調設備は存在しなかった。
レストランはすべて外であっても屋根だけ、調理場とトイレだけがそれぞれ建物というか小屋になっている。
外国客向けの本屋さんでさえ、かろうじて屋根はあるものの基本、外なのである。
ちなみに上の写真は多分、ガソリンスタンド。
バガンでは車はあまり走っていないがバイクが多いので、恐らくバイクや原付向けだろう。

荷物運びの牛や観光客運びの馬やバイクや自転車に追い越されながら1時間半程は歩いただろうか。
もともと街灯などない道である。
屋外レストランのきらびやかな照明がなくなると途端に暗くなった道を、
現地の人が使う万屋(スーパーマーケットもないので)や
民家の明かりで歩いていた我々だったが、開いている店もだんだん少なくなり
暗闇度がますます増してきたので、
この辺りで引き返してさっきのレストラン街へ戻り、ご飯を食べようということになった。

来た道を引き返すことほど辛い事はない。
どうしてこんな遠くまで歩いてしまったのかと自分自身を責めながら、
またよくぞここまで普通に歩いてこられたなと自分自身に感心しながら、
来た道をひたすら戻った。
あのまま歩き続けたらホテルの前に戻れたことも知らずに。
しかもその方が引き返すよりももっとずっと近かったことも知らずに。

とあるレストランに入ったのは9時過ぎだった。
“いらっしゃいませ“と“ありがとう”くらいの日本語がわかるおじさんウエイターが
3分に1回くらいの頻度でテーブルに寄って来ては用事がないかと探している。
おじさんは呼べば3秒でやって来るが、料理が運ばれてきたのは注文してから40分の後であった。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
02

21

edit
マリ [No.3462 - 17:40 2010]
こんにちは。ボルネオのビリット村のジャングルキャンプを探していて辿り着きました。ジャングルキャンプに興味があり、いろいろなロッジにメールをしているのですが、返事は無し…うーん、そんなものなのでしょうか?ビリット村に行かれたようですが、どこのキャンプに泊まられたのか、教えていただけますか?

ビルマも興味あります。なかなか女子ひとりだとまだハードルが高い国ですが… 写真に魅せられました。良いですね。
02

21

edit
mixbabar [No.3463 - 18:19 2010]
>マリ殿
こんにちは。ようこそお越しくださいました。
ビリット村へ行かれるのですね。
リーズナブルなツアーをお探しでしたら
アンクルタンでしたっけ?は返事くれますよー。
人気の宿らしく私は予約できませんでしたが…
私が参加したツアーはとても小さな会社のものなので
日本から手配しておくのは難しいと思います。
ただ、午前中に現地で予約したらその日の正午には出発できます。
満員になることも少なそうです。
手配はKKやサンダカンのゲストハウスでできます。
KKからだとバス付きで、私が行った所と同じ場所かどうかは
定かではありませんがtraveler's lightというゲストハウスに
ポスターがありました。値段も日本で手配するより安いです。
私はサンダカンのHARBOUR SQUARE(B&B)という宿で手配しました。
ツアー名ですが、会社の社長さんにもらった名刺に載ってないので
わかりませんが、"naturelodge Kinabatangan"と勘違いしたくらいなので
多分"Kinabatangan naturelodge"とかそんな感じでしょう(笑)

私は旅慣れた者ではありませんがボルネオは2回行っているので
多分、何かしらお役に立てる情報はあると思います。
何か気になる事があれば何でも聞いてくださいね。

ビルマはとてもいい国でした!
女子一人でも全然大丈夫だと思います。治安も今は悪くないですよ。
機会があればぜひ、お勧めします。
寺や仏教にあまり興味がなくても楽しめますから(笑)
では今後ともどうぞよろしくお願いします。
02

21

edit
マリ [No.3464 - 20:08 2010]
お返事どうもありがとうございます!

ボルネオは動植物メインなので、クアラルンプールからそのままサンダカンへ行く予定です。
旅行は事前にキッチリ手配したいタイプなので、
いろいろメールをしてみたりしているのですが、
うーん、なかなか思うように行きません…

サンダカンの街に寄らず、空港から直でオラウータンセンターへ
行き、そこからジャングルキャンプに2か所くらい行けたら、
と思っています。うーん、でもキャンプの予約はサンダカンのゲストハウスでするほうが良いかもしれないですね…

アンクルタンは最初候補にしていましたが、
もっと良いツアーがあるかもしれない!と思い、
今は色々探している最中です。
動物は川沿いで遭遇率が高いそうなので、
リバークルーズが含まれているキャンプを探しているのですが…

ビルマ、とても興味がわきました。
タイとセットで…なんて、今から想像しています笑

また何かあれば質問させていただくかと思いますが、
どうぞよろしくお願いします。





02

21

edit
mixbabar [No.3465 - 21:05 2010]
>マリ殿
ナルホド。
オランウータンリハビリセンターをスタートにするのであれば
やはり事前に手配して送迎を頼まねばですねぇ。
と、すると場所からしてもアンクルタンが便利そうな気はします。
私が泊りたかった"naturelodge Kinabatangan"も
ネットで宿泊予約ができるみたいでした。
ただ、ここも私が参加したツアーも施設の汚さは格別です、、
アンクルタンも大変そうですけどね(笑)
あ、少しお値段張りますが、KJCという施設は良さそうです。
大阪のA-Zトラベルという会社が取り扱っていて、
ボルネオ担当者の方はとても親切でした。
私はここも満員で入れなかったのですが、資料をいっぱい送ってくれました。

>>動物は川沿いで遭遇率が高いそうなので
これは私も同感です。
私はタビンも行きましたがブタオザルくらいしかまともに見られませんでした。
しかもテングザルは陸地のジャングルキャンプでは
お目にかかれないことも考えるとリバークルーズがベストでしょうねー。

私もできるだけ日本で手配しておきたいタイプなので
情報集めの大変さはとってもよくわかりますー(笑)
でも、楽しい旅になるようがんばってくださいね!
02

22

edit
まち [No.3467 - 00:49 2010]
バガン寒かったですよねー!
インレーは寒いと予備知識はあったけど、バガンはノーマークだったし、
びっくりな寒さで震えましたもの。

>ホテルの前を通るメインロード沿いには観光客向けのレストランが・・
おっ。ということは、あの道沿いのホテルに泊まられたんですねっ(笑。
私は、そこからかなり遠く、babarさん「暗闇度が増してきた」くらいの場所に泊まってたかも?!
あの辺り、歩くと結構ありますけど、歩き続けると
もとの道に戻りましたよね。
私たちも夜さまよいながら、結局1周しましたもの(笑。
02

22

edit
mixbabar [No.3472 - 19:45 2010]
>まち殿
こんばんはー。
私は土のメインロードとアスファルトのメインロードが交わる
角っこのホテル、ヤーキンターに泊ってました!
なるほどまち殿は暗闇度が増してきたくらいの場所…
というとゲストハウスがちらほら
立ち並んでいたあの辺りでしょうか(笑)

>>私たちも夜さまよいながら、結局1周しましたもの(笑。
やはり1周したのですか。
うーん惜しい!私たちもあと少しだったのになぁ。。。
暗闇と空腹に負けました。
あの中を1周歩くってまち殿ってほんとスゴイ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。