続続・よいこの1日  -

06« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

06

21:15
Sat
2010

No.0495

ビルマ記 806

IMG_3312.jpg

日中はあんなに忙しそうだったパノラマホテルのカウンターも
さすがに夜は落ち着いているらしく、電話も全く鳴っていなかった。

フロントでキーを受け取ってエレベータに乗り込む。
部屋番号は・・・908、9階か。
マイケル氏と泊った1泊目は911だったので、ツインとシングルが同じ階にあると
ホテルの従業員は部屋を覚えるの大変だろうにと思った。

さて、9階に着いた私はまっすぐ908の部屋へ向かい、鍵を鍵穴に突っ込んで捻った。
何となく違和感があったのでそのまま左右にガチャガチャすると、
部屋の中からハイハイ今行くからちょっと待ってよと殿方の声。
掃除の人が来ているのかと思ったが、
すぐに夜の10時に部屋の掃除もなかろうと思い直す。
一体誰が出てくるのかと心臓が高鳴ったが、
既にガチャガチャしてしまったし
ドアの向こうの殿方も待ってよと言ってるし
逃げてもいいけどこの部屋私の部屋だし
逃げたら寝る所なくなるし…
などと頭の中で一人混乱していると、ドアが開いた。
もう逃げる時間はない。

中から出てきたのは欧米人のおっさんが2人。
一人は短髪、一人は長髪である。
後ろにいた長髪のおっさんはえええーと驚いた顔をし、
ドアを開けた短髪のおっさんは私をそういう職業の人と勘違いしたのか
「おお、かわいい女の子がやって来たぞ、さあ入って入って」
と、私をドアの内側へ誘うように手招きした。

自分の部屋に変なおっさんが既に2人もいて手招きをしているという状況が
最初はよく飲み込めなかったが、ハッと気がついてもう一度自分の鍵を見た。
908、ひっくり返すと806。
要するに私は部屋を間違えたのだ。
硬直している私に短髪のおっさんもこれは何か違うと思ったらしく、
ちょっと見せてと私の鍵を取りあげた。
908、ひっくり返すと806。
おっさんは、この部屋で泊まりなよと言いながら私の頬をチョイチョイと撫で、鍵を返してくれた。

私は、間違いましたすいません
それではこれにてと
きびすを返し、
エレベータへと全速力で走った。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
03

08

edit
ケニー [No.3506 - 19:54 2010]
こわーーーーーーーーーーーーーーーーいい!!!

ってかその叔父さん達
怪しすぎません?????
うっわ数字ほんとヤヤコシですね!!
無事でなによりです
03

08

edit
mixbabar [No.3507 - 20:54 2010]
>ケニー殿
こんばんはー。
間違えた私が悪いんですが
びっくりしました(笑)

>>数字
そう言えば日本のホテルは9とか6は
アンダーラインを引いて
どっちが下かわかりやすくしてくれてるんですよね。
日本のサービス業はどこまで親切なんだと感動しました(笑)
03

08

edit
Kasshy [No.3508 - 22:50 2010]
うわー、ほんと快晴の真っ青な空にピカピカ黄金のパゴダ。
なんか心洗われるわー。

それにしても908じゃなく806ですか...
推理小説みたい。
って908ってポルシェじゃないですか。
03

08

edit
まち [No.3509 - 22:53 2010]
こんばんはー。
babarさん、やってしまいましたね(笑。
しかし、そのおじさん2人でツイン。
怪しすぎですよね~。
でも、ホントご無事でなによりです。

画像のパヤー、真中あたりに布みたいに見え、
また何か干してる??と思ってしまいましたが、
あの高さだし、さすがに違いますよね?(笑。
03

09

edit
mixbabar [No.3514 - 19:38 2010]
Kasshy殿
こんばんはー。
金色のパゴダはいくつかありましたが
どこも眩しくて目が開かないです(笑)
帽子を目深にかぶって俯き加減で歩き、
写真撮るときだけいっせーので上を向く、
という感じでした。。

908ってポルシェなのですか…
03

09

edit
mixbabar [No.3515 - 19:47 2010]
>まち殿
こんばんはー。
ええ、やってしまいました(笑)
お恥ずかしい限りで記事に書かずに
心に秘めとこうと思ったのですが書いてしまいました。。

>>真中あたりに布みたいに見え、
お目が高いです。さすがまち殿(笑)
私もよくわからないのですが多分干してるのではないかと…
あの布の辺りに小窓があるでしょう。
実はあそこから写真を撮ってる方向へワイヤーが伸びてます。
下では金箔を売っていて、誰かが金箔を買うと
小さな木箱がワイヤーを伝ってその金箔を運び、
着いたあの小窓の辺りで金箔を撒きます。
つまり自分の買った金箔がパゴダを輝かせるということです。
よってあの小窓の辺りには金箔をばら撒く人が立つ事もあると
想定されますので何か洗濯物を干してあったとしても
不思議ではないですよね。だってビルマですから(笑)
03

09

edit
クロネコ [No.3517 - 21:39 2010]
…………ほんと、よく無事で帰してもらえましたね……。
『ダッテカノジョノホウカラヘヤニキタンダカラ!』とか言って最悪の展開になっていても
不思議はないような。
それとも『女に用はない』二人組だったのでしょうか。

いずれにせよ大事に至らなくてよかったです。
03

09

edit
mixbabar [No.3518 - 22:16 2010]
>クロネコ殿
こんばんはー。

>>『ダッテカノジョノホウカラヘヤニキタンダカラ!』
!!
うーん言われてみればそういう可能性もないわけじゃないですよね。。
と、考えると怖っっ!!
この旅行で目に付いたのが、
東南アジアの若い女性を連れている年配の白人男性でした。
10代に見えるようなタイ人っぽい少女が
60代とか70代に見える欧米人の殿方と腕を組んで
ヤンゴンの街を歩いている様は
何だか異様ですね。。

ご心配、ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。