続続・よいこの1日  -

06« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

12

22:15
Fri
2010

No.0497

レ・ミゼラブル

CRW_3907.jpg

これまでに何度も繰り返し書いてきたが、私は靴が好きである。
そしてチビである私にヒールは欠かせない。
私の休日は滝探しに山登りに象を探す旅にと、
おおよそヒールなんかとは縁のなさそうな生活ではあるが、
それでも私は自らをハイヒール派であると主張する。

しかし、この歳になると高いヒールで街を闊歩するという行為は非常に辛いものがある。
靴なんか痛くてナンボと高をくくっていた学生時代が懐かしい。

それはさておき実は先週の日曜日、大学時代のボランティア仲間が結婚するということで
はるばる大阪くんだりまで出かけて行き、日帰りで2次会に参加して来た。
久々におめかしをする機会を得た私は、ピンクの靴を履いて行くことにした。

こうなることは重々承知の上なのだが、とにかく足が痛い。
そもそもハイヒールというのは、パーティ会場で絨毯の上を歩くための履物なのだから
当然と言えば当然である。しかし痛い。
そんなに辛いなら歩かなければいいだけの話なのだが、こんなにも痛い思いをしながら、
どうして百貨店のホワイトデー特設会場に私がいるのかというと
会社のツボネに渡す賄賂、つまりおいしいスウィーツを購入するためである。
がんばれ私。ここでツボネに土産を買っておけば、
向こう半年は勤務時間中にお腹が空いても
「おかーさんお腹が空いた…」とツボネにねだればおやつを与えてくれるはずだ。
フレーフレーと自分にエールを送りながら私は買い物を続けた。

歩けば歩くほど痛いこの靴、足の裏はカカト部分とつま先から1/3部分くらいしか靴の底面に接触せず、
土踏まず周辺がどうも浮いているような感じがする。
要するに履いてるのに履けてない気がする。
また、甲を支える靴の上部分が浅いので大変歩きにくい。
何年か前に流行っていた"指見せ"の名残だろうか。
人の足の形を無視した形と歩くことを想定していないかのような作りをしている靴を履いて
固い床の上を歩くという行為はまさに苦行である。

買ったスウィーツは帰りのバスが着く発着場にあるコインロッカーに預けておいて、
再度、苦難の道を踏みしめて次はパーティに出席する他の友人達と落ち合う場所へと歩いた。
どこかでお茶でもしようという話になり、我々はエスカレータに乗る。
先頭に立つ私に友人の一人が、相変わらずヒールを履いていて偉いねと言った。
私の住む地方でエライとは、「偉い」という意味と「辛い」とか「しんどい」という意味でも使われる。
エライ思いをしてこんな靴を履いている私は自分でも確かに偉いと思った。

さて、2次会の会場は新郎新婦がお気に入りだという沖縄料理の居酒屋。
席は特に決まっておらず、我々が腰を落ち着けたのは靴を脱いで座る座敷の席である。
パーティの終盤、ビンゴゲームが始まったので何かいいものが当たればいいなと
淡い期待を抱きながら読みあげられる数字に耳を傾けていた。

景品も残り少なくなってきたところで私のカードにやっと1列の穴が並んだ。
司会の殿方に、靴を履いて前へ出てきてくれと言われたので、
ようやく私のイタイ靴が陽の目を見る時が来たのだなと自分の靴を探すと、
なんと靴箱の中、それもものすごく奥の方に揃えて入れられているではないか。
そして代わりに私の前にあったのは、トイレに立つ人のために備え置かれているおっさんスリッパである。

無論、私はこのおっさんスリッパで皆の前に立った。
座敷席に座っている他の出席者もおっさんスリッパで出てきていたが、
居酒屋と言えどもパーティなので、皆相応に華やいだ格好をしている。
靴のために服を地味に抑えていた私は、靴を脱ぐ事態なんて想像だにしていなかった。
私は自分がとても気の毒に思えてきた。

拷問のような痛みに耐えながらここまで歩いてきた私の思いは最後まで報われることはなく、
私は自分が有事の時にはきっと座敷のない店を選ぼうと固く自分に誓ったのである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
03

13

edit
クロネコ [No.3528 - 14:03 2010]
>靴なんか痛くてナンボ
babarさんカッコイイィーーーー!!
長時間歩いても疲れないことを最優先の靴選びしている私には到底言えないセリフです。
高いピンヒールで膝を曲げずに颯爽と歩ける人を見るとすごいなあと感動します。
でも足は第2の心臓とも言いますから、脱いだ時には労わってあげて下さいね。

あ、その後お見合いの話はありませんか?
03

13

edit
mixbabar [No.3529 - 20:24 2010]
>クロネコ殿
こんばんはー。
カッコイイ…とはありがとうございます(笑)
健康ブームの今、痛む足を堪えて歩く人は
だいぶん少なくなっているのではと思ってます。。
私も最近は特別な時以外は痛いとわかってる靴は
履かなくなりました。。

>>足は第2の心臓
そうですよね。
会社で履く靴は幅広の靴にして
あまり締め付けないよう心がけてます。
ヴィクトリアベッカムは足のイタイ靴を履きすぎて
歩けなくなったと聞いたことがあります。
ほんと、気をつけなければ。。

見合い話はたまにあるんですが
やっぱりなぜかおかーしゃんがアレはだめコレもだめと
断り続けて実際に会う機会はまだこないのです(苦笑)
03

16

edit
まち [No.3534 - 01:14 2010]
babarさん、このヒール凄く素敵ですね!!!
一目ぼれしそう~。
2次会では、素敵なヒールあまり日の目を浴びなかったかもしれませんが、
このブログで日の目を浴びて?!ます☆
しかも、かなりの高さもあり、幅も狭いし、見るからに
イタくなりそう。
オシャレって自分の体を痛めつける?ことも必要ですね(笑。
最近、女子力さがりつつあると実感してた所なので、
babarさんを、見習わねば~。
03

16

edit
mixbabar [No.3537 - 19:30 2010]
>まち殿
いやぁどうもありがとうございます!
イタそうでしょこの靴(笑)
一目ぼれして買ったものの
色とかデザイン的に履く機会がなかったので
ここぞとばかりに気合い入れて履いて行ったら
またしても出番なしでした(涙)

>>最近、女子力さがりつつある
あぁ、、私もです。
最近は何買うにも
「これは山に便利カモ」とか
「これは楽そうで旅にいいカモ」とか
そんな買い物ばかりなので
たまには何もなくてもちゃんとした格好して
外に出なければと思います。。。
まち殿、がんばりましょうね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。