続続・よいこの1日  -

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

04

20:50
Sun
2010

No.0503

週末アジア

週末に時々私が訪れるのは“びっくり日曜市“である。
“びっくり日曜市“はその名の通り、毎週日曜日に催されており、
朝っぱらから血眼のおっさんおばさん達がひしめきあっている。

“びっくり日曜市“には何でもある。
軽トラの荷台に山盛りに積み上げられた白菜だけの八百屋さん、
パンパンに膨らんだビニール袋が並ぶメダカ屋さん、その隣は水草屋さん。
寿司屋さんもあるし花屋さんもうどん屋さんもパン屋さんもある。
もちろん、ガラクタ屋さんだってある。
疲れたらお団子屋さんで団子を買ってベンチに座り、
喉が乾けば広場の屋根付き休憩ベンチを利用した青空喫茶店もある。
ここへ来れば靴下から生きたスッポンまで何でも買えるのだ。

コーヒーミル以外に刃のついたものは手にせず、
ヤカンのお湯を沸かす以外に火を使う事のない私は一見すると、
びっくり日曜市には何の用もなさそうに見えるが、用は大アリだ。
私の目当ては骨董品屋さんである。

骨董品屋さんとガラクタ屋さんは、同じようであって同じではない。
びっくり日曜市の骨董品屋さんの店主は胡散臭いじーさんが多く、
ガラクタ屋さんは胡散臭いおばさんであることが多い。
びっくり日曜市の骨董品屋さんのお客さんは胡散臭いじーさんとおっさんが多く、
ガラクタ屋さんにはお客さんがいないことが多い。

胡散臭い店主と胡散臭い客と胡散臭い商品から見ると、
胡散臭いのは逆に私なのではないだろうかと思うこともある。
しかし、長い年月をかけてセピア色になった数々の骨董品と店主と客に
どれだけ冷たい視線を投げかけられても、私が気付かぬ素振りで眠そうな顔をしながらも物色するのは、
他でもない、象の置き物を探すためである。

雑貨屋さんのかわいい象さんも嫌いではない。
しかし私は木彫りのリアルな象の彫刻が欲しいのだ。
そこで私は度々、びっくり日曜市やリサイクルショップへ足を運ぶ。
そんな私の象収集にはなぜかおかーしゃんも協力的で、
質屋の集まりなどに招かれると象を探しては連れて帰って来てくれることもある。
そしておかーしゃんは、骨董屋さんで良い象を見つけるためには
こまめに通うことが大事なのだと常日頃から私に説いている。

彫刻の象はたいてい、牙が差し込み型になっているため紛失されていることが多い。
また、保存状態の悪さ故に色が褪せていることも多い。
ホコリなどは気にせずともよいが、牙と色褪せをクリアする象はなかなかいないのである。
仮にやっと良い象が見つかったとしても、次は老獪な店主相手に値段交渉という大仕事が待っている。
これがリサイクルショップなんかだと、ちょっとお願いしてみたら案外簡単に
びっくり価格で手に入ることもあるのだが、“びっくり日曜市“の店主ではそうはいかない。
色が褪せているだの牙がないだのとケチをつけても頑として首を縦には振らないのである。
もちろん、東南アジアのお土産屋さんでは有効な“店を出るフリ“作戦もあまり通用しない。

本日の“びっくり日曜市“は、象不在であった。
日曜日の早朝に早起きしてやって来ても、大概は肩を落として手ぶらで帰るのだが、
翌週になると「今日こそはいい象が来ているかもしれない」という気がしてきて
やっぱり眠い目をこすりながら“びっくり日曜市“へと足を向けるのである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
04

04

edit
まち [No.3611 - 23:57 2010]
こんばんはー。
babarさん、骨董にご興味が??と思いましたら、
なるほど~象さんでしたか♪(笑。
でも、ミャンマーのマーケット並みに?!何でも揃う日曜市ですね~。

>“店を出るフリ“作戦もあまり通用しない。
やはり日本では、通用しませんかっ。
ひっかかってくれても良さげなのに(-∀-)。

babarさんの、その象さんにたいする情熱好きです(笑。
04

05

edit
ケニー [No.3612 - 11:10 2010]
私もそんな青空マーケット的なもの大好きです!!!
わんからしている商品の中から、これだ!って物見つけた時の嬉しさは半端じゃないですよね(笑)
私は、いい買い物とは人が商品を選ぶのではなく、商品が人を選ぶものと信じています。
きっとその象さんも、今か今かとMixBABARさんに会える日を待っているはずですよ。
04

05

edit
mixbabar [No.3615 - 19:40 2010]
>まち殿
こんばんはー。
そうなのですやはり(笑)、象さん目当てなのです。。
あの木彫りの象さんって定価で売ってる所、
見た事ないんですけど1本の木を彫って作ってあるし
きっとぽいぽい買えるような値段ではないんだろなーと
思いながらいつも物色してるんですけどねぇー。

店を出るフリ作戦、なぜに日本では通用しないのか。。
まだまだ修行が足りませんね。
うーん精進します!
ますます象に情熱を燃やします!(笑)
04

05

edit
mixbabar [No.3616 - 19:42 2010]
>ケニー殿
こんばんはー。
>>商品が人を選ぶ
うーん名言ですねぇぇ(笑)
じゃ、私の象さん達も私を選んでくれたと解釈していいのでしょうか。
だとしたらこの上ない喜びです…
04

05

edit
Kasshy [No.3617 - 22:45 2010]
骨董品屋とガラクタ屋と雑貨屋
似て非なる?
差し詰めわたくしは胡散臭そうなおばちゃんがいるガラクタ屋できっとおばちゃんにいたぶられて、おだてられ、いい気にさせられて、ガラクタを買うハメになりそーです。
昔からおばちゃんにだけは受けがいいので。(笑)
04

06

edit
mixbabar [No.3620 - 22:26 2010]
>kasshy殿
こんばんはー。
おばちゃん受けがいいのですか。
その能力は人生において
結構お得に作用するのでは…?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。