続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

25

21:18
Sun
2010

No.0509

事件

私は、1本のペットボトルを前に悩んでいた。
私の水分補給は水とコーヒーのみであり、
近所のドラッグストアで箱買いするミネラルウォーターが命の源なのである。
事の発端は、おかーしゃんが「安かったのよ」とウキウキしながら買って来た、
とある6本入りミネラルウォーターのうちの1本に手を伸ばしたある朝のこと。

会社へ持っていくミネラルウォーターをプラスチックの水筒に入れ替えようと
私は新しいペットボトルに手を伸ばした。
手にした水は炭酸水のようにペットボトルの側面に
びっしりと泡が立っており、何となく膨らんでも見えた。
注ぎ口いっぱいの所まで水が入っているのはいつものことだが
ちょっと注意して開けないと封が開いた瞬間に中の水が飛び出しそうだなと思い、
注意深くキャップに手をかけ、支えている手でペットボトルの側面を押しすぎないように
慎重に、本当に慎重にキャップを回した。

開かない。

これはとても強敵だと思った。
力いっぱい開けると間違いなく中の水は押し出されてこぼれる。
かと言って力を抜いて回してもキャップはびくともしない。
どうすべきか迷った末、コップ1杯分の水を犠牲にして
力いっぱい開けることを決心した。
ペットボトルを流しへ持っていき、思いっきりキャップを捻った。

開かない!

心臓の鼓動が激しくなってきた。
どうしてこんなに固いのか。
まるでキャップと注ぎ口が接着剤かなにかで
くっつけられているかのようである。
どうしようかと考えながら辺りを見回すと、
流しの横にオレンジ色の布巾が置かれているのを発見する。
よし、これだと布巾をキャップにかぶせて再度挑戦。

開かない!!

額にじんわりと汗をかいてきた。
離れるものかと抵抗を続ける強情なペットボトルとキャップにいら立ちを覚えたが
こんな所でキャップ相手に怒りまくっているような時間はない。
だって朝は戦争なのだから。
仕方なく箱から別のペットボトルを出して水筒に入れ、
いつもより3分遅く家を出た。

仕事が終わり、自宅に帰るとおかーしゃんは既に不在であった。
このペットボトルの事を相談したいと思っていたのに、
毎晩実家に帰ってしまうおかーしゃんとはきっと週末まで話す機会はないだろう。
ペットボトルの水は潤沢にあるので、もしすぐに解決できなくても
特に支障はないのだが、固く閉まったキャップに一人で立ち向かうのは
何となく心細い思いがしたのである。

電球は椅子に乗れば換えられるし重いものはおかーしゃんと二人で持てば運べるけど
ペットボトルのキャップだけは椅子に乗っても開けられないだろうし
おかーしゃんと二人で掴むにはあまりに小さすぎる。
こういう時に男手というのは必要であるなと机の上で
誇らしげに電気の光を反射させている、
泡立ったペットボトルを眺めながら考えていた。

我が家は♀2人、♂2匹、不明1匹の大家族なのだけれども、
私はどうやっても開けられないしおかーしゃんは不在。
かのんは頼めば挑戦してくれるだろうけど
何分、もう高齢なので歯が弱っているし、
折れたら最後、二度と生えてこないので危険な事はさせたくない。
うさぎは我が家で唯一のげっ歯類なので一生歯は伸び続けるけれども
齧り木コーンじゃなければ嫌だと言って全然応援してくれない。
ハリはネズミと名は付けどもネズミではなく、もちろんげっ歯類でもない。
それどころかアゴの弱さは人一倍で、ドライフードも水でふやかさなければならない
くらいなので全くお話にならない。
お話にならないだけではなく夜行性の彼は眠いから後にしてくれと
ハリを揺すっては寝袋に駆け込んでガンバレの一言さえくれない始末である。

今日は開くかもという期待の下、手を真っ赤にしながらキャップと戦う1週間を過ごし、
やっと迎えた週末、私はおかーしゃんに水の蓋がどうしても開かないのだと告げた。
おかーしゃんはキャップに手を触れることすらせずに
「あ、そう。」
と言った。そして、
「じゃあ週明けに相談センターに電話しとくから置いといて。そんな事より…」
と、先日見つけたフワフワの毛布を買いに行きたいというような内容の事を話しだした。

そんな事…?と疑問符をつけたが、おかーしゃんはずっと毛布の話をしている。
しかし、話の内容からどうもそのフワフワの毛布は
私のお昼寝用に買ってくれるようなので、
じゃあすぐに出かけましょうと答え、車に飛び乗った。

そうだ。そんな事より毛布の方が大事だもの。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
04

27

edit
pentasu☆ [No.3652 - 13:54 2010]
読みながら、「ふっ」と笑ってしまいました(*^_^*)
結構長い間格闘なさってたんですねv-356
でもお昼寝用の毛布なんて幸せぢゃないですか☆目の前にある苦難より、目の前の幸せです♪
でも、結果が気になります・・。結局あいたのでしょうか。。
04

27

edit
けにお [No.3653 - 22:06 2010]
babarさんの観察力と細かい事への飽くなきコダワリ。僕も爪の垢を煎じて飲まねばなりませんわ。
キェーッとか奇声と共に開けてみたら上手くいくんじゃないかな。
04

28

edit
mixbabar [No.3654 - 21:20 2010]
>pentasu殿
こんばんはー。
長文にお付き合いくださりありがとうございました(笑)
そうそう、あのキャップですが、
実は3~4日程机の上に放置していたのを
ある夜、TV見ながら何気なくひねったら
何と!開いたのです(笑)
04

28

edit
mixbabar [No.3655 - 21:24 2010]
>けにお殿
こんばんはー。
細かい事へある程度のコダワリは
きっとあるかとは思うのですが、
何せB型なもんで(?)、
すぐに適当になります。。

開かずのペットボトルには
無心が効果的だったようでございます。
実は先日、何事もなかったかのように
ツルリと開きましたので…
05

01

edit
Kasshy [No.3656 - 14:51 2010]
うちの母親が以前に中国でペットボトルが開かなくてって言ってたのを想い出しました。

あるんですねえ、そういう開かないの。

気になります。

輪ゴムとか巻いてそれで回してもダメなのかなあ...。

05

02

edit
mixbabar [No.3657 - 21:14 2010]
>Kasshy殿
こんばんはー。
保存の仕方がまずかったのか、
しばらく放置してたら無事に開きました(笑)
Kasshy殿のお母様も苦戦された
経験がおありなのですねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。