続続・よいこの1日  -

10« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »12
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

08

23:28
Tue
2011

No.0544

テロ勃発

CRW_4972.jpg

バラナシのテロが起こったのは丁度このヘナをしている時である。
混乱の様子が写されているニュース映像を見ながら、
C殿は私の宿は現場のすぐ近くだから今日は帰らずにここに泊まって行けばいいと言った。
3畳ほどの部屋にお母様と妹殿とC殿とお父様と並んで寝る…?
いやいやとんでもない。私は帰る。何としても帰る。
無理を言って済まないが私は一人ででも帰ると言い、
私の決意の固さを汲んだC殿はしぶしぶ宿まで送り届けてくれた。

お母様と妹殿が乾いて固まったヘナを爪でひっかいて剥がしてくれ、
お土産にとなぜか手編みのカーディガンを頂いた。
帰りの階段でお父様に会った。
C殿と二言三言何やら話してそのままお父様は歩き去った。

テロ現場から離れた場所にあるC殿の自宅付近では特に変化は見られなかったが
私の宿のあるメインガートに近づくと、
店は全て閉まり、大勢のお巡りさんが銃をかついで歩きまわっていた。
ゴウドリヤと言う交差点の辺りでリキシャを降り、そこからは歩いて宿へ向かう。

街灯もなく真っ暗な路地には、こんな時でもやっぱりインド人はいる。
普段よりは確実に少ないがところどころ家の前に立って近所の人同士で話しているのである。
歩くのが速いC殿に数m遅れて追いかけていた私は、
屯するインド人達の目には一人で歩いていると映ったらしく
どうしたんだ大丈夫かどこへ行くんだとすれ違う人皆が声をかけてきた。

ようやく宿に到着し、広いベッドでゆっくりと眠りについたのであるが
このテロで近所に住む2歳かそこらの女の子が一人亡くなったそうである。
翌日からは頭に血の滲んだ包帯を巻いた観光客の歩く姿も見られるようになった。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
02

11

edit
まち [No.3813 - 00:19 2011]
バナラシでそんなひどいテロが、あったのですね。。
観光客も被害にあったなんて。
babarさんは、何事もなくよかったですね。
怖い。。

↓ヘナ凄く綺麗♪
でも、5時間とかは大変そうですね(笑。
03

26

edit
mixbabar [No.3820 - 22:43 2011]
>まち殿
こんばんはー。
そうそう、そうなのですよ。。
幼い子供が命を失ってしまい、
町の人は皆悲しみに暮れていたのを思い出します。

ヘナ、大変だったんですが今回もやりました!
しかも今回は両手両足やってもらったんですよー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。