続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

26

22:56
Sat
2011

No.0547

帰国しました。

デリーからバンコクまでエアアジア、その後タイ航空で関空へ。
というスケジュールの中で、私の懸念はエアアジアの遅延だった。
と言っても、私が今まで乗ったエアアジアで遅れた事は一度もなく、
むしろ自分が遅れて怒られながら乗せてもらった記憶しかないのだけれど。

当然の事ながら今回もエアアジアは定刻通り飛んでくれた。
問題はタイ航空のバンコクー関空便である。

なんと4時間半も遅れてくださった。

いや、遅れやがった。
いや、遅れた。

関空に着いたのは夜の11時、ここからバスに2時間半乗って我が家へ…
といきたい所だが当然バスは既になく、帰れないことが始まった。

「お帰りの足のないお客様は職員まで…」
というアナウンスが流れた。
よし、さっそく職員殿へ聞いてみよう。

職員殿へ近づくと、スーツ姿の30代半ばと見える殿方が
3人いる女性職員のうちの一人におキレ遊ばしていた。
たった3人で乗客全員の世話をせねばならないというのに
対応がどうのとか説明がどうのという、どちらかというと
我々の足を全部確保できてからゆっくりやってくれ的な用事を
一番乗りにやってきて延々と語り続ける彼は
きっとよっぽどお偉い方で、この飛行機の乗客の中で
最も重要な仕事を抱えるエコノミー客なのだろう。

気を取り直して別の職員殿に自分の行き先を伝えると、
「行ける所まで行って頂いて、タクシーか何かに乗って頂いたら8000円までなら…」
との返答だった。
いやそれは面倒だからイヤだし、行ける所まで行ったとしても8000円じゃ帰れませんよと言い、
8000円で泊れるホテルに泊まらせてもらえまいかと頼んでみた。
彼女は、おっしゃる通りですね調べますねとトランシーバでホテルの空きを聞いてくれた。
手配の途中、彼女が私から5歩程離れたので、
見られると緊張するのかしらとあっちを向いてあげる事にする。

何やら騒がしい上にトランシーバからしきりに私を呼ぶ声がするので
慌てて彼女の近くに行ってみると、
私が目を離した隙になぜか彼女は激怒サラリーマンに捕まっていた。
状況を解さないトランシーバの向こう側の人と状況を解さない激怒サラリーマンの狭間で
彼女は何ともかわいそうな境遇に立たされているので、名前を呼ばれましたがと声をかける。
「先にこっちが話しているんだからアンタはちょっと待ってろよ」
と怒りの矛先が私に向かっている隙に、女性職員は私の宿の手配を進めた。
私の宿の手配をしている途中で後からアナタがやって来たんですよと教えてあげると
ああじゃあお先にどうぞと彼は鼻をふくらませた。
が、どうも待ちきれないらしく話はまだ終わっていないのだと再び怒鳴り始めたので、
「あなたは最初、あっちの職員さんと話していたのだから
話の続きなら同じ職員さんにしてはどうですか」と提案してみた。

彼の表情がみるみる変わった。どうやら私は怒らせたらしい。
次の瞬間、彼が私に発した言葉は

"What a fuckin' MAAAAN!!!"

だった。

「いや私、男と違うし。それともマムって言ったの。いや私、ママ違うし。」
と言うと、ますます怒った激怒サラリーマンは尚も"fuckin'!fuckin'!!"と
「ファッキン(ファーストキッチンの略か?)」だか「百均」だかわからない言葉を繰り返す。
が、私が泊まるホテルの送迎バスがあと10分で出発するので出来る限り急いでと
職員殿が言ったので、彼の相手はそこまでにして私は荷物を取りに行った。

私が5歩走って荷物のターンテーブルまで急いだところで、
ターンテーブルが私に触発されて急いで動いてくれるわけでもなく、
ここで私が急げるとすればターンテーブルを走って荷物を探しに行く事くらいだろうか。

荷物を取り、外へ出る。バスなどどこにもいない。
またあの忙しい職員殿にバスに間に合わなかったなんて言って
仕事を増やすのもかわいそうだしホテルの名前も聞いているのだから
自分でタクシーを拾って行こうかなあなどと考えながら、
その辺に立っていた見覚えのあるおじさんと少し話をする。
バンコクの空港で少し話したおじさんだった。

おじさんと別れた後、近くに工事のおじさんがいたのでバス停の場所を聞いてみた。
親切に教えてくれたので取りあえず行ってみる事にする。
この状況だから多分待っててくれるハズ。

もちろん、バスは待っていた。
ボードを持ったおじさんに早く来てと急かされ、
重い荷物を持っているのに無理とつぶやきながら小走りでバスの傍へ行くと
運転手に満員でもう乗れないと言われる。
ボードのおじさんが何とか乗せてやってくれぇと運転手にお願いすると、
私を含め3人のあぶれた人達と荷物をまとめてムリヤリ乗せ、バスは発車した。
後ろの座席に座っていたおじさんが、「さっきの人、すごかったですなぁ」と
激怒サラリーマンの事と思われる人の噂話をしている。

バスの中から、バス停の方向へ歩く激怒サラリーマンを見かけた。
一番乗りで職員殿の所に行ったのに結局あんな遅くまで話していたのかと思いながら見ていると
速足で歩く彼がバスの方を見た瞬間、目が合ったような気がした。



長々書きましたが、本日帰って参りました。
上記理由により自宅へ戻るのが1日遅れましたが私は無事です。
明日からまた当分、旅日記になりますが
よろしくお付き合いくださいませ。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
03

30

edit
クロネコ [No.3825 - 20:54 2011]
おかえりなさいbabarさん。
もう帰国済みかと思ってたら結構な長逗留だったのですね。もしや日本では報道されない
政変とかテロに巻き込まれているのでは?などと心配したこともありましたが、無事に帰国
されたそうで安心しました。


とは言え旅の終わりにミソがついちゃったんですね。どうもお疲れ様さまでした。
03

30

edit
mixbabar [No.3826 - 22:23 2011]
>クロネコ殿
こんばんはー。
そうなのです今回は時間ができたので
長く滞在してみたのです(笑)
最後の最後で飛行機の遅延なんてことになりましたが
総じて良い旅になったかと思っておりますー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。