続続・よいこの1日  -

04« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

30

23:17
Wed
2011

No.0551

ラオスの第一歩

CRW_5251.jpg

15日以内の滞在であれば日本人はビザが不要である。
そんなことは知っているのだが、私はインドへのフライトの関係で
どうしても17日間、滞在をしたいと思っていた。
ラオスを15日に抑えて残りの2日をバンコクで過ごすくらいなら
多少のお金がかかってもラオスに留まるというのが私の考えである。

が、親切なのか手続きが面倒という怠慢なのか、
夜行バスの係員にビザの申請書をくれと言ったところ、
写真がいるんだぞとかお金がいるんだぞと言って阻もうとする。
写真もお金も持っていると伝えると、15日で帰ればタダなのに
たった2日のためにそんなにお金を出すつもりかと説得された。
無論私はニコリともせずに、だって17日間いるんだから
お金かかっても仕方がないでしょうと言い、書類を受け取った。

他の日本人達がスムーズに入国しているのに
私はヨーロッパ人の長蛇の列に並んでビザの手続きをし、
イミグレーションを抜けると、ミニバスが今まさに出発せんとしていた。
私と待ってくれていたOL殿は、もはや乗る余地もないようなミニバスに
ムリヤリ詰め込んでもらい、立ったままヴィエンチャンへと向かったのである。
そしてこの混乱を極めたバスの中に私は上着とストールを置き忘れる。

さて、ヴィエンチャンに降り立った日本人は5人。
私とOL殿の2人に加え、仕事の休暇で来ていた殿方(一番年長なので年長殿とする)、
仕事をやめ、初一人旅でアジアを2カ月程周る予定だが何も決めずにやってきたノープラン殿、
そして弁護士資格を取ったものの嫌気がさして弁護士にならずに旅に出た弁護士殿の3人である。
もう2人、女子大生がいたが彼女達はそのまま降りずにバンビエンへ行ったそうだ。
この女子大生とは後日、ルアンパバンで再会することになる。

何ともちぐはぐな5人で騒がしく宿を探し、一息ついたところで両替へ行ことにした。
タイバーツと米ドルが問題なく使えるらしいが、2週間あまりの滞在なので現地通貨は必要である。
両替屋では、電子ボードではなく紙に書いた手書きのレートが窓口に貼られていた。
窓口のおばさんに意気揚々と1万円札を出したところ、
おばさんは受け取ったお札を入念に確認し始めた。
偽札チェックだろうか、かなり徹底的に見ている割には
透かして見たりはしない辺りにツメの甘さが感じられる。
と、おばさんが私の方に向き直り、手書きのレート表を出してこう言った。

「これはどこの国のお金ですか。」

ここはヴィエンチャン、ラオスの首都。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
03

30

edit
まち [No.3828 - 23:31 2011]
えっーえっーえっーーー(笑。
babarさんの表現力で、余計に笑わせて頂きましたっ。

私は、ヴィエンチャンは1泊だけだったので、あまり記憶ないけど、
どこで両替したんだったか。。思い出せません。。
でも、全然首都ぽくない地でしたよね(笑。

楽しそうな旅の続き気になります。
楽しみにしてまーす♪
04

01

edit
mixbabar [No.3831 - 22:17 2011]
>まち殿
こんばんはー。
両替屋さんがお金の事わからないなんて
一体どんな国なんだと先行き不安になりましたよ(笑)
でもルアンパバンは両替をごまかされかけたのでヒヤっとしました。

ヴィエンチャン、着いた瞬間はいい所だ!と思ったんですが
他の場所へと移動を重ねるにつれ
私も記憶があいまいに…(笑)
初日の感動はバンコクから逃れられたというのが
一番大きな理由だったのでしょう。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。