続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

30

23:18
Thu
2011

No.0565

欧米人

CRW_5601.jpg

日本人旅行者なら誰でも持っているあの黄色い本曰く、
ノーンキャウは欧米人に人気とのこと。
なるほど、確かにアジア系旅行者は1人しか見なかった。
そして宿もあまり多くなく町の入り口周辺はどこも満室、
大きな橋で川を渡って町の奥へと入って行くが
ゲストハウスがなかなか見つからずに少し焦り始めていた。

通りがかりの欧米人女性に訊ねるも、
自分は橋を渡った所にあるホテルに泊まっているから
ゲストハウスはよくわからないとの返答。
仕方なくショボショボと再び歩き始めた。

ようやく宿も決まり、シャワーを浴びて散策しようと宿を出ると
欧米人とアジア系の女性2人組に出会った。
この欧米人女性の方が私を見るなり、「ちょっとアナタ!!」と話しかけてきた。
パークライでトイレの場所を聞き、ルアンでも会ったあの女性だった。
彼女は町の入り口にある宿に泊まっているらしい。
今後のルートなどの話をしばらくしていると
彼女は私の役に立ちそうな情報が載っているガイドブックを持っているが
宿に置いて来たので次に会ったらゆっくりお茶でもしながら話そうと言った。
こんな小さな町なのでまた必ず会うだろうからとそのまま別れたものの
結局、これを最後に彼女とはもう2度と会うことはなかった。

この女性に教えてもらった眺めのいいレストランで
しばらくジュースを飲みながら読書をし、
散歩がてら夕飯を食べるレストランを探して歩いた。
メインロード沿いにはレストランがたくさんある。
それぞれの店が表に出しているメニューを眺めつつ何を食べようか考えていた。

宿の近くのレストランでメニューを眺めていると、
中に座っていた欧米人のおじさんが
「心配しなくてもここはおいしいからお入りなさい」
と迎えに来た。
取りあえず座ったものの相変わらずメニューを見ながら悩んでいると
またまたおじさんがやって来て、
自分はいつもここに食べに来ているからお勧めを教えてあげると言った。
それを聞いた隣の席の男性が、「えー。それ僕にも教えて。」と言った。

おじさんは、スプリングロール(春巻)とチキンが大変美味しいと薦め、
丁度自分の席にやって来たスプリングロールを味見させてくれた。
フライドライスみたいなものを食べたかったのだが、
絶品だと言われ味見までした挙句に
おじさんリコメンドをかすりもしないようなものを注文するのもどうかと思い、
今晩の夕飯はスプリングロールとサラダにした。
もちろん、とてもおいしく頂いた。

実を言うと私は欧米人が怖い。
背が高く堂々としていて
仲間内で話す時以外ニコリともしない彼らを
何となく怖い人と認識していた。
そんな私がここからの数日間を
欧米人と共に行動し、過ごす旅をするのである。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。