続続・よいこの1日  -

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

24

22:39
Sun
2011

No.0569

決別

CRW_5657.jpg

さて、ムアンゴイに着いた我々は早速宿探しをはじめた。
オーストリア人はホットシャワーのロッジを希望したが
私はというと何でもいいという感じだった。

彼は、他の観光客から聞いたロッジに泊まりたいと
そこへ見に行ってみると、確かに立派で申し分のないような感じだった。
が、敷地内は静まり返っていて人っ子一人いない。
私はもう少し安い所を探すとその敷地を出た。
彼も後からついて来て、自分はbabarと同じ宿に泊まりたいから
取りあえず一緒に行くと言った。

が、何せ暑い中、荷物を背負って歩きまわる事が嫌いな私は
通り一つしかない小さな村でもやはりこの降り立った近辺から離れられず
取りあえず近くのゲストハウスへ行って部屋を見せてもらった。
水シャワーだが清潔で広い部屋、2階は50000kipで1階は40000kipとのこと。
自家発電でもしていなければ18:30~22:00の間しか電気のない村なので
私はこれで上等だと、貯水タンクをなぜ黒く塗らないのだと
宿の人に詰め寄るオーストリア人を尻目にさっさとここに決めてしまった。
オーストリア人はどうしてもホットシャワーが譲れないらしく
先ほどのロッジにもう一度いくからランチを一緒にしようと言いながら去って行った。

後ほど、近くのレストランで彼を見かけたので席に座り、
黄色い本を広げて何をしようか考えていると
オーストリア人はこの黄色い本がなぜかとっても気に入ったらしく
しきりにページをめくっては写真を撮り始めた。
あまりに感激していたので私は彼に、
自分はここが終わればあとは来た道を戻って帰るだけだから
ガイドブックはもう不要なので欲しいならあげますと言うと、
彼は日本語を全く解さないながらも
こんなに写真がたくさん載っていて地図も大きく
オールカラーのガイドブックは欧米にはないと大喜びした。

夕飯は彼の誘いでビュッフェのレストランへ。
長いテーブルにたくさんの観光客が並び、
私もそこの席の一つに座る。
前には韓国人の女性がいて、私をルアンで見かけたと言った。

夕飯を終えて宿に戻ろうと席を立つと誰かが私の名を呼んだ。
声の主は4人掛けテーブルに座っていたおじさん2人組である。
うーんと考えていると、何とルアンで日本人達とご飯を食べている時にいた
ドイツ人とイタリア人のおじさんだと思いだした。
殆ど話もしなかったのによく私の名前を覚えていたものである。
席を勧められたので座り、ビールをごちそうになった。

彼らは2日ほど前からここに来ているとのこと。
明日は洞窟に一緒に行こうと誘われた。
明日の昼にはボートで帰るつもりでいたのだが、せっかくのお誘いなので
陸路でバンコクへ帰るスケジュールを少しタイトにして
ムアンゴイでもう1泊し、洞窟に同行することを決めた。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。