続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

27

23:21
Wed
2011

No.0572

食事風景

CRW_5665.jpg

我々一行は毎回、ビュッフェレストランで待ち合わせた。
外国人と食事をする時はビュッフェへ行くと大変面白い。
お国柄なのかその人の性格なのか、盛り付け方や食べ方が皆全く違うからである。

以前、ブラジルで一緒になったイギリス人夫妻は
皿に7分目くらいの量をキレイに盛り付け、
皿に残ったソースはパンで拭いて食べるため
食べ終わった後のお皿は未使用のようにキレイだった。
そして口を拭ったナプキンは小さく丸めて皿の下へ隠すので
食前も食後もテーブルの上は様子が変わらなかった。
ドイツ人は自分なりにコースにして、
まず最初に野菜を食べ、終わったらメインディッシュを取りに行き、
最後にデザートを取ってくる。
イタリア人は食べてみて好きなものはおかわりをしていた。
フランス人は皿に少しだけ、美しく盛り付けて
満足するまでこまめにおかわりをする。
パンは皿の端に乗せて持ってくるが、食べる時にはテーブルの上に直に置いた。
そしてデザートはドイツ人同様、食後に皿を改めて持ってくるのである。
で、私の場合は…
皿の上に乗るだけ乗せて山盛りをつつきまわす。
ソースが混ざっても意に介さない。

ところで、ラオスの食事はとてもおいしい。
主食はもち米なのでパラパラのアジア米と違い、
粘り気のある日本米を食べているような気分になれるし
野菜が驚く程元気で、葉っぱは大きくピンピンしているし
モヤシなんかは1週間放置してもびくともしないくらい丈夫なのだそうだ。
元々フランス領だったためか、フランスパンも絶品だし
魚や肉も、不穏な気を発しているようなものを売っている店はなかった。
どうしても食べられなかったのは赤いバッタの佃煮と
何だかわからない真っ黒な木の枝くらいなものである。
フランス料理のフルコースも1000円で食べられるので、
アジア飯が性に合わないと思っている方はぜひラオス飯をお勧めする。

と、思っていたのだけれど、ある時道端でとある女性が、
まるできぬさやのスジを取るようにおたまじゃくしの内臓を取っていたのを見て
ラオスではおたまじゃくしを食べるのかしかも特大をと仰天してしまったことがある。
それを見ていたドイツ人は穏やかに笑っていたのだが、
その翌日、彼はビュッフェでタケノコと野菜の炒め物を見つけると、
“babar、これが何か知っているかい。なんとバンブーなんだよ。
まだ若いやつだけどね。いやぁ、バンブーを食べるなんてラオスくらいのものだから
ぜひ一度試してごらんよ“と言った。

恐らくオタマジャクシの仰天具合をもう一度見たかったのだろうが、
いやいや日本でもバンブーは食べますよ。春だけですけどね、と私は答えた。
がっかりさせてしまったかと心配したが、今度はドイツ人が仰天し、
なんだってそれはぜひともバンブーを食べに日本へ行かなくちゃ…と独り言を言っていた。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
10

29

edit
bacchus [No.3840 - 09:08 2011]
ヨーロッパではバンブー食べないんだ。
ラオス面白そうですね。
ちょっと遅れましたがお誕生日おめでとうございます。
プレゼントアップしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。