続続・よいこの1日  -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

05

01:58
Thu
2015

No.0580

ミニマリズム

服を捨てる
脱皮

この記事を書いてからもう8年が過ぎたらしい。
今、私は再び持ち物の処分を始めた。
つまり、あれだけ決心して色んなものを処分したにも関わらず、
やっぱりものに囲まれた生活に戻っているのだ。
やはり人間というもの、そう簡単には変わらないらしい。
いや、私の場合、変わりたくない部分だけ変わってしまった気もする。
あの頃の私は今よりも思い切りがよかった。
今はあれこれ迷いながら少しずつ処分しているため、
処分を決意してから1カ月経った現在もまだなお、終了の目処がたっていない。
が、とにかく私は前回と違う方法で・・・なんてまだるっこしい言い方はやめよう。
オークションという方法で思い出に値段をつける作業を再び始めた。

10か月前、新しい住居に意気揚々と自分のものを持ちこんだ。
大きいものから小さいものまで何から何まで全て。
併せて10畳弱のスペースによくぞこれだけ入っていたなと
自分で感心するくらいに大量のものを。
そして今、私は再び閉塞している。

捨てなければならないものを捨てず、
捨てなくてもいいものを捨てて後悔する。
手に入れなければならないものを手に入れず、
手に入れなくてもよかったものを手に入れて処分に困る。
自分に必要なものは何かがわからないうちは
こういう事を繰り返して人は幸せじゃないなと思うのかもしれない。

必要か不要かわからず、とりあえず保留しているものに囲まれて閉塞した自分と
必要か不要かわからず、とりあえず保留されながら留まっているものはどちらも不幸せだ。
私が執着し囲い込んでいる全てのものが私の手元から解放されることで
新たな持ち主に大事にしてもらって幸せになってもらいたい。
と、いう決意が揺るがぬうちに、此度はこれまでの一切合財を手放す所存である。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。