続続・よいこの1日  -

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

05

21:06
Fri
2015

No.0582

見知らぬ知人

自宅の前にある中学校のグラウンドから少女が泣いているのが見えた。
4歳か5歳くらいの髪の毛が背中まである少女で
金髪だったような黒髪だったような気がするがよく覚えていない。
とにかくその少女は薄暗い中で助けを求めて泣き叫んでいるので、
私は家の中に慌てて戻り、夫に助けてあげなければと
掴みかかるほどの勢いで伝えた。
一方、夫は至極冷静で
「そういうの、俺は苦手なんだよな。お前やってあげろよ。」
と、言った。
ああそうねと納得し、私は急いで再び玄関の扉を開けた。

外は霧が立ち込め、真っ白になっていた。
目の前の中学校の塀すら見えなくなっており、空は黒い。
が、相変わらず泣き叫んで助けを求める少女だけが霧の中にはっきり見えた。
私はその少女に向かって早くこっちへ来るようにと呼びかけた。
何かに追われるように泣き叫びながら走って来た少女は、
私の腕を掴んだ瞬間、口角だけがニヤリと上がった。
その顔を見て私はしまったと思ったがその少女は
何か言葉を発しながら(恐らく一緒に行こうと言っているのだと思うが)、
すごい力で私を霧の中へと引っ張りこもうとする。
行けないのだ、いや行かないのだと必死に抵抗し、
2mくらい引きずられた所でようやく腕を振りほどくと
家に戻ってドアを閉めた。

ああ、危なかった怖かったと、
動揺しながら事の子細を夫に話した所、
「ふーん。まあ飯でも行こうじゃないか。」
という返答を得た。
ああそうねと納得しながら娘を抱き、夫の車に乗り込んだ。
娘はご機嫌に窓の外を眺めている。
夫は鼻歌を歌いながら山道を運転している。
私は先ほどの少女に見つからないかとドキドキしている。

山の中の食堂で空席が見つからず右往左往する途中で目が覚めた。

そんな夢を見た。


隣で眠る夫も殆ど同じタイミングで目覚めたようで、
「夢を見た。お前が出てきたよ。」
と、言った。
どんな夢だったのかと尋ねると、
夢の中でお前が俺にこんな事を言ったんだと簡単に夢の話をした。
へえ、それでと続きを促すと夫は、
「うん。それだけ。」
と、再び夢の中へ戻って行った。

夫の寝顔を見て
ああ、そうか。
と、納得した私も夢の続きへ戻ろうと思う。

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
06

15

edit
クロネコ [No.3853 - 20:25 2015]
コワイよ!!


こんな夢見たら私は翌日会社休みます。
うちは両親が結構夢見を気にするタイプで、特に母はたまに正夢というか
お告げのような夢を見ることがあるので。

babar家に何も悪いことがおきませんように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。