続続・よいこの1日  -

08« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

28

01:04
Sun
2014

No.0579

免罪符

217409_260491630631412_5856215_n.jpg

前回の記事に書いた通り、私は妊婦である。
仕事はまだしている。
マタニティライフ6ヶ月目ともなると
ゆったりした服を着てはいるものの、
やはりお腹は目立ってくる。
ヘソだって出始めた。
「よし。子供を作るぞ。オー!」
と、意気込んで意図的に妊娠したのではなく
ある日気付いたら妊婦になっていた私は
体調や体型の変化に未だについていけておらず、
このお腹の出っ張り具合を実はものすごく気にしている。


外国人の友人達、特に年配の友人は皆、
「妊婦は美しいものだ。今の君はとてもキレイだ。」
と、賞賛の言葉を浴びせてくれる。
こんなにお腹が出てしまってパンツはおろか、
シャツやジャケットのボタンも止まらず洋服は片っ端から
着られなくなった上にヘソまで出かかっているのに。
しかし彼らの言葉に裏はない。
だから言われて気分が悪いわけではない。
むしろ、彼らの言葉は多大に私を励ましている。


気になるのはその他の人達の反応である。
「大分お腹が大きくなったわね」
といった類の言葉は百歩譲って許す。
毎回ご挨拶のようにこの話題から始まるのは
あまり気分のいいものではないが事実なのだから。
が、未だかつて私に触れた事のないただの知り合いから
買い物に行った店の店員に至るまで、
老若男女問わず人の出っ張ったお腹を見つけるなり
触りに来るのがなぜなのかは理解に苦しむ所である。


「妊婦の腹は触ってよし」
とはいつから世間のスタンダードになったのだろう。
触られても気にならない近しい間柄の人間は
殆ど触りもしないし話題にもしない。
毎日の事なので珍しくもなんともないからかもしれない。
かく言う私も、姉の妊娠中に彼女のお腹を触った記憶はない。
しかし外で顔を合わせる人達は、
ズカズカと近くにやってきては腹がでかいとはやし立て、
ベタベタと触って満足気に去って行くのである。


もちろん、まだ見ぬ我が子の成長ぶりが楽しみではないと言っているのではない。
ただ、妊婦にだってパーソナルスペースはあるのだと
私は思うのだがいかがなものだろうか。
08

02

10:32
Sat
2014

No.0578

ヤマダさん

ヤマダさんの退職は衝撃的だった。
ヤマダさんが体調を崩して休んでいる間に
私は名字が変わり、お腹が出始めた。
私が体調を崩して会社を休んでいる間に
ヤマダさんは退職を決意した。
そんな訳で、私がヤマダさんの
退職を知ったのは
彼女の退職日当日だった。


ヤマダさんは真面目な人である。
真面目過ぎるあまり
周りから敬遠されがちな面もある。
しかし私はそんなヤマダさんと
割とうまく付き合っていた方だと思う。


足の悪いヤマダさんは
片足を手術した後も
なかなか体調が戻らず
もう片方の足も手術をする事にし、
この際なので仕事を辞めて
ゆっくり休んで体調を戻すのだと言った。


もちろんそれも理由の
一つではあるだろう。
しかし、有給休暇が0になっても
しばしば会社を休み、
手術のための休暇をもらっている間に
彼女は居場所を失った。
これが1番の理由だった。


復職後、
「手伝いましょうか?」
「いえ、今の所大丈夫ですよ」
というやり取りをする度に
自分が必要欠くべからざる
人間ではないと実感させられた
彼女の気持ちが私はよくわかる。
来なくていい用事はないと
言われるのが私の仕事の大半であるし、
私も現状は窓際族に甘んじているのだから。


(忙しいけれど)あなたに
してもらう事は何もない。
と、言われる度に
私はいつからこんなに役立たずに
なってしまったのかと自問する。


長く続けた生活を
去らねばならないヤマダさんと
新しく始めたばかりで
去るに去れない私が
陥っている所は同じ。
今の私には良い解決策が思いつかないので
ヤマダさんがしばしの休息の後、
再び誰かの役に立つ喜びを
感じられる場所を見つけられるよう
願ってやまない。
私も然り。
06

28

01:04
Sat
2014

No.0577

草抜き考

10456211_895250710488831_8471381384863870250_n.jpg

なかなか進まなかった庭の草抜き。
ようやく重い腰を上げて少しずつ抜いているのだが、
ようやく庭の2/3ほど終わったと思ったら
雨が降り、その雨が新しい雑草を育て始めた。

大きな草を抜くのは簡単である。
目に付く上に根元から思いきり抜ける。
しかしその根元には大概、グロテスクな幼虫が埋まっている。
小さな草を抜くのは容易ではない。
かがみこんで目を凝らし、丁寧に抜かねばならない。
しかし根元にはたいてい何もおらず、いてもダンゴムシくらいである。

そんなに気になるなら抜けばいいだけなのだが問題は、
庭の草が気に入らないのはどうやら私だけらしく、
庭の土も降る雨も次々に生えてくる草には寛容で
無神経に育て続けることである。
草にしてみても私の事など意に介さず
無邪気に色んな所から伸びてくる。
そう考えると、気に入らないと言って不機嫌な私が
何だかとっても心の狭い人間に思えてきた。

昔、ある人に
「君はいつも白か黒にしたがるけれどグレーもいいものだよ」
と言われた事がある。
あの人が今の私を見ると、きっと同じことを言うだろう。
悪気のない小さな草まで気にするなと。
苦労して抜いた所でキリがないし根元には何もいないのだからと。

それでも私は草抜きをやめられない。
小さな草は害のない素振りをしながらそのうち大きくなって、
気付いた時には根元にグロテスクな幼虫を住まわせ始める気がしてならないのだ。

疑義のあるものはクリーンにしたい。
目に付いたら抜かずにいられない。
庭の草抜きは私の人生とよく似ている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。